背中の贅肉とさようなら!バストアップも叶う“美背中”メイクの極意 | ベルタカフェ

背中の贅肉とさようなら!バストアップも叶う“美背中”メイクの極意

背中の贅肉とさようなら!バストアップも叶う“美背中”メイクの極意

Tシャツの背中側が、ブラジャーを境に3段になっていませんか?

 

背中はその人の年齢や美しさを感じさせるポイントの一つ。普段の姿勢やエクササイズを取り入れて、ブラジャーからはみ出た脇や背中のお肉を撃退するエクササイズや下着の選び方、生活の仕方をご紹介します。

 

 

背中の肉がブラジャーからはみ出るワケ

背中のお肉が気になる原因は、大きく分けて次の3つ。原因によって改善方法は異なります。読みながら「自分はどれかな?」とチェックしてみてください。

 

1.老化によるたるみ

老化によるたるみ

運動不足や加齢によって筋肉が衰えると、背中のお肉をキュッと持ち上げることができずに垂れ下がります。筋肉は、使うことで発達し続けます。メンテナンスを欠かさずに行うことで、引き締まったボディラインをキープすることができますよ。

 

ストレッチや筋トレ、運動をしている人とそうでない人とでは、背中のシルエットに大きな差が出ます。

 

2.体脂肪の増加

体脂肪の増加

加齢とともに、代謝は低下します。つまり、若い頃と同じ食事量では、太りやすいということ。知らず知らずのうちに脂肪を溜め込み、気づいたらブラジャーからはみ出るほどの脂肪がついてしまった、というケースも多いもの。

 

3.姿勢の悪さ

姿勢の悪さ

姿勢が悪いと、血行が滞ったり、一部の筋肉ばかりを酷使したりして代謝が低下。脂肪がつきやすくなります。また、背中全体が伸びませんから、筋肉が緩み、垂れ下がってしまいます。姿勢が悪いだけ見た目の印象が悪く、太りやすくなってしまいます。

 

たるみや体脂肪の増加は、運動やストレッチを取り入れて改善しましょう。姿勢の悪さは、心がけ次第で今すぐ改善できますよ。ブラジャーの選び方や付け方だって重要。早速、背中美人を叶えるメンテナンス法を見ていきましょう。

 

 

背中美人を叶える“毎日の過ごし方”3つ

美背中をつくる「姿勢」

美背中をつくる「姿勢」

良い姿勢は、背中を美しく見せるだけでなく、体液循環をスムーズにして代謝を高めます。5ステップで背中がまっすぐに伸びた美姿勢をつくりましょう。

<美姿勢ストレッチ>

  1. まっすぐに前を向き、アゴを引く
  2. 下腹をキュッと持ち上げるように力を入れ、背中をまっすぐに伸ばす
  3. 両腕を大きく持ち上げ、バンザイの状態にする
  4. 大きく円を描くように両腕を左右に下ろして脱力する
  5. 肩甲骨を寄せるようなイメージで、両肩を少し後ろに引き、胸を張る

 

美背中をつくる「運動」

美背中をつくる「運動」

余分な体脂肪によって背中のお肉がたるんだり、はみ出したりしている場合は、有酸素運動を取り入れて贅肉を撃退しましょう。

 

おすすめは、肩を大きく動かして背中の筋肉を使うことができる「水泳」。特にクロールや平泳ぎは、両腕を動かしながら上半身を持ち上げるため、上半身の体脂肪を燃焼させるのに適しています。

 

また、背中の脂肪を筋肉に変える筋トレもおすすめ。フェイスタオルを使うと、次のように手軽に背中の筋肉を鍛えることができますよ。

<タオルで簡単!背中筋トレ>

  1. 両手でフェイスタオルの両端を持つ
  2. 両手でタオルを握ったまま、両腕を真上に伸ばし、後ろ側に倒す
    ※ タオルが頭の後ろを通り、腰にたどり着くように大きく回す
  3. 1〜2を10〜20回繰り返す

 

美背中をつくる「下着」

美背中をつくる「下着」

ブラジャーの選び方やつけ方も、背中のシルエットを決める大きな要因。ショップの店員さんにサイズを測ってもらい、自分のバストに合ったものを選びましょう。

 

キツすぎると体液循環が悪くなり、代謝が下がります。逆に緩すぎると、たるみの原因に。カップの大きさやストラップの長さは、体格やバストの形によって異なります。実際につけて調節してもらうと良いでしょう。

 

また、ブラジャーをつけるときは、次のように背中のお肉を前にもってきて、贅肉をバストにしてしまいましょう。

 

<正しいブラジャーのつけ方>

  1. 前かがみになってブラジャーのホックをとめる
  2. 中心からカップの中に向かって手を入れ、背中に回し、後ろから前に肉を寄せる(左右両方おこなう)
  3. 寄せた肉を全てカップに入れるように引き寄せる

 

 

食事のポイント

食事のポイント

加齢によるたるみを防ぐには、食事面にも気を配ることが大切。なかでも、筋肉の材料であるたんぱく質や、腸内環境を整える食物繊維、代謝を高めるビタミン・ミネラルを積極的に摂取することをおすすめします。

 

たんぱく質は、肉や魚、卵、乳製品などの動物性のものと、植物性の大豆製品をバランス良く摂取しましょう。食物繊維やビタミン・ミネラルは、野菜や果物にたっぷり含まれています。筋肉だけでなく、肌のターンオーバーも促進できるので、美肌づくりにも役立ちます。

 

 

美背中が叶えば美バストも叶う!

姿勢を良くして美しいシルエットを支える筋肉を整える背中の贅肉対策は、バストのたるみを防ぎ、上向きにする効果も期待できます。日々の姿勢や食事・運動習慣を意識して、垂れ下がらない引き締まったボディラインを実現してくださいね。

 

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】

胸が小さい原因はコレかも!バストアップしたいなら絶対にしてはいけないこと5つ

おっぱい番長 朝井麗華さん直伝「育乳ブラ」3選!美胸を育てるブラジャーの選び方

 

 

女子力UP↑極上プエラリアサプリ

 

 

女子力UP↑極上プエラリアサプリ

「バストアップ」最新記事

注目の記事

Facebook

ベルタカフェライター

このエントリーをはてなブックマークに追加
ベルタ酵素