夏バテは食べ物で防ぐ!代謝を高めて美肌&美ボディを叶えよう | ベルタカフェ

夏バテは食べ物で防ぐ!代謝を高めて美肌&美ボディを叶えよう

夏バテは食べ物で防ぐ!代謝を高めて美肌&美ボディを叶えよう

暑い日々が続いていますが、夏バテしていませんか?

 

体内のはたらきが弱まれば、代謝がダウン。太りやすい体質や、肌トラブルを招きます。特に気をつけたいのは、食生活。代謝を高める食事で、美肌と美ボディを実現しましょう。

 

今回は、食生活の面から、夏バテの原因や対策を紹介します。

 

 

夏太りや肌トラブルを招くNG食生活

夏太りや肌トラブルを招くNG食生活

食生活の悪化は低代謝を招き、夏バテによる夏太りや肌トラブルの原因に。こんな食生活、していませんか?

 

たくさん汗をかく・水分補給をする機会が少ない

発汗すると、水分とともに水溶性のビタミンやミネラルを失います。脱水やビタミン・ミネラル不足は、体内のはたらきを減退させて代謝を下げる大きな要因。放っておくと、夏太りしやすい体質や、低代謝による肌トラブルを招きます。

 

たくさん汗をかく場合は定期的に水分を補給する必要がありますし、水分だけでなく、ビタミン・ミネラルを摂取することも忘れてはいけません。

 

単品食べ・糖質の過剰摂取

暑さで食事の準備が億劫になったり、食欲が出なかったりすると、食事をさっぱりとしたそうめんやそば“だけ”で済ませてしまいがち。ごはんやパン、パスタ、麺類などの炭水化物“だけ”を摂取する「単品食べ」は、注意が必要。

 

新しい細胞の材料であるたんぱく質(肉や魚、卵、乳製品、大豆製品などに豊富)や、代謝を高めるビタミン・ミネラル(野菜や果物に豊富)、腸内環境を整える食物繊維(野菜や果物に豊富)が不足することで、低代謝を招きます。

 

冷たいものの過剰摂取

アイスや冷たい清涼飲料水、生野菜、冷製スープなど、冷たい食べ物や飲み物ばかりを摂取していると、体内が冷えてしまいます。冷えは血行不良を招き、低代謝や夏バテに発展することも。食事にはお味噌汁や温かいおかずを取り入れて、内臓を冷やしすぎないようにしましょう。

 

 

夏バテを防ぎ、代謝を高めるには?

積極的に摂取すべきは、疲労回復を促し、代謝を高めるクエン酸やビタミンB群。また、汗とともに失われる水分やビタミン・ミネラルの補給も重要です。次のような食品を積極的に摂取し、体内を活性化させましょう。

 

疲労を回復させる肉や大豆

疲労を回復させる肉や大豆

疲労回復には、ビタミンB群やクエン酸と、新しい細胞の材料であるたんぱく質を摂取することが大切。豚肉やレバー、イワシやマグロなどの魚、大豆製品、梅干し、レモン、酢などを積極的に摂取しましょう。

 

代謝を高める野菜

代謝を高める野菜

腸内環境を整えて栄養の吸収を良くするには、食物繊維の豊富な野菜、海藻類、きのこ類をたっぷり摂ることが大切。わかめやなめこのお味噌汁や、しいたけ入りの煮物や肉野菜炒め、生野菜サラダなどがおすすめです。

 

代謝アップをサポートする薬味や香辛料

代謝アップをサポートする薬味や香辛料

薬味や香辛料には、ビタミン・ミネラルが代謝を高めるのをサポートしたり、食欲を増進させたりする効果が期待できます。料理に長ネギや生姜、ミョウガなどの薬味を添えたり、料理に玉ねぎや唐辛子、豆板醤などを入れたりするのがおすすめです。

 

 

食欲がないときは果物を

食欲がないときは果物を

果物は水分やビタミン・ミネラルの宝庫。消化が良く、疲れた身体に優しいため、夏の栄養補給に最適です。

 

キウイやスイカ、メロン、ぶどう、バナナ、なし、マンゴーなどの旬の果物がおすすめ。ビタミン・ミネラルは種類によってはたらきが異なりますから、1種類に偏らず、さまざまな果物を食べるようにしましょう。

 

 

最後に

夏の猛暑から身を守り、代謝の良いエネルギッシュな状態に整えるには、食生活を工夫することが大切。水分と栄養素の補給を徹底し、体内のはたらきを活性化させましょう。おいしく食べて美しい身体を実現してくださいね。

 

 

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】

夏のそうめんはダイエットに向いてる?夏の主役“そうめん”徹底解剖

ママモデル宮平亜矢子さん直伝|ダイエット中でも楽しめる「ヘルシー・タパス」レシピ3選

 
 

99%痩せる!話題の酵素ダイエット

 

 

99%痩せる!話題の酵素ダイエット

「ダイエット」最新記事

注目の記事

Facebook

ベルタカフェライター

このエントリーをはてなブックマークに追加
ベルタ育毛剤