「夏バテ=痩せる」とは限らない!夏のダイエットの注意点と成功のコツ | ベルタカフェ

「夏バテ=痩せる」とは限らない!夏のダイエットの注意点と成功のコツ

「夏バテ=痩せる」とは限らない!夏のダイエットの注意点と成功のコツ

「夏はバテるから、自然と痩せていくものじゃないの……?」

 

夏は、過ごし方次第で「夏太り」を招く場合があります。代謝を高める過ごし方に切り替えて、夏のダイエットを成功させましょう。

 

 

夏太りの原因5つ

夏は過ごし方次第で、夏太りを招く場合があります。次のような状態に陥っている場合は、生活習慣を切り替えて“痩せ体質”に整えていきましょう。

 

「汗をかく=痩せる」とは限らない

「汗をかく=痩せる」とは限らない

夏は汗をたくさんかくため体力を消耗し、痩せやすいと思われがち。しかし、体温調節のためにかく汗は、運動でかく汗のように直接体脂肪の燃焼につながるわけではありません。むしろ、水分が不足することで代謝を下げることも。

 

脂肪を燃焼させることが目的の場合は、サウナで汗をかくより運動を選びましょう。

 

栄養失調による低代謝

暑さで食欲が減退していつも通りの量を食べられなかったり、あっさりとした食べ物で済ませてしまったりしていませんか? 一品料理で済ませたり、食べる量が極端に減ったりすると、体内の栄養状態が悪くなって代謝の低下を招きます。健康的に痩せるためには、バランスの良い栄養摂取が欠かせません。

 

運動不足に陥りやすい

運動不足に陥りやすい

夏は暑さで外に出かけるのが億劫になってしまいがち。秋や冬であれば歩いて出かける距離でも、断念したり、車やバスを使ったりする人も多いのではないでしょうか。運動量が減れば、その分消費カロリーも減ります。運動量が減ることで、体脂肪の燃焼も起こりにくくなってしまいます。

 

水分バランスが乱れやすい

夏は、脱水を起こしやすいだけでなく、水分バランスの乱れによるむくみも起こしやすくなります。

水分補給をおろそかにすると体液循環が滞り、体内のはたらきが減退します。逆に水分が過剰になればむくみに発展。夏は必要量の水分を摂取する工夫が必要です。

 

冷えやすい

冷えやすい

夏はアイスや冷たいドリンク、冷たい食事を過剰に摂ってしまいがち。外は暑くても、体内は冷えている状態です。冷えは代謝の低下につながります。口に入れるものは、なるべく温かいものや常温に近いものにしましょう。

 

 

夏ダイエットを成功させるコツ

夏ダイエットを成功させるコツ

夏太りを招く状態を避けるため、次のような工夫を取り入れましょう。代謝を高め、痩せやすい体質に整えることができます。

 

食事面

汗をかくと、代謝を高めるビタミン・ミネラルが一緒に排出されてしまいます。また、疲労回復には細胞の材料であるたんぱく質が欠かせません。夏は水分だけでなく、ビタミン・ミネラルやたんぱく質の補給を徹底しましょう。

 

水分補給の際に塩分を一緒に摂取したり、食事に肉や魚、卵、乳製品、大豆製品などのたんぱく源や、ビタミン・ミネラルが豊富な野菜・果物を積極的に取り入れましょう。

 

運動面

夏は、疲労や脱水症状を防ぐために、外でおこなう負荷の高い運動は避けたいもの。ジムなどの室内でおこなう有酸素運動や筋トレ、ストレッチなどがおすすめです。暑すぎない環境で、水泳やジョギング、ヨガ、ストレッチなどを楽しみましょう。

 

定期的に休憩をはさみ、水分補給を欠かさないようにしてくださいね。

 

外出時の過ごし方

外出時には、水分や塩分を持ち歩くことが大切。15〜20分程度を目安に、こまめに水分補給をし、汗とともに失われるミネラルを補給します。手軽にミネラル補給ができる熱中症対策用のキャンディーがおすすめです。体内の水分量を整えることで、むくみを防ぎやすく、代謝を高めやすくなりますよ。

 

 

最後に

夏でも、工夫次第で痩せやすい体質を実現できます。運動をする場合は、炎天下で長時間おこなうことは避けましょう。過度の疲労や熱中症などの危険があります。水分補給や休憩を忘れずに、過ごしやすい環境を整えてくださいね。

 

日々の食生活や水分補給で代謝を高め、ダイエットを成功へと導きましょう。

 

 

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】

夏のそうめんはダイエットに向いてる?夏の主役“そうめん”徹底解剖

ダイエット中でも安心!ヘルシージャンクフードレシピ2選

 
 

99%痩せる!話題の酵素ダイエット

 

 

99%痩せる!話題の酵素ダイエット

「ダイエット」最新記事

注目の記事

Facebook

ベルタカフェライター

このエントリーをはてなブックマークに追加
ベルタ酵素