出生届の必要な書類、届出先、提出期限は?知っておくと役立つ知識まとめ | ベルタカフェ

出生届の必要な書類、届出先、提出期限は?知っておくと役立つ知識まとめ

出生届の提出期限は?休日に手続きできる?里帰り出産はどこの役所?

出生届の提出期限は?休日に手続きできる?里帰り出産はどこの役所?

赤ちゃん出産後に忘れてはいけない出生届(しゅっしょうとどけ)。提出は産後14日以内と期限が設けられているので必ず提出しましょう。

 

ただ、出産直後はママの体が疲れきっていたり赤ちゃんのお世話に追われていたりと、とにかく忙しくバタバタしているもの。手続きがスムーズに進むよう出産前からリサーチしておくのがおすすめです。

 

今回は出生届に関する基礎知識、そして出生届を書く際に迷いがちな項目をピックアップしてご紹介します。出生届と共に手続きしておきたい申請物も解説しますのでぜひ参考にしてくださいね。

 

 

出生届とは

出生届とは、生まれた赤ちゃんの戸籍を登録するために提出する書類のこと。法律(戸籍法)で定められているため提出義務があります。

 

それでは、届け出先や申請に必要なもの、誰が提出するかなど細かく見ていきましょう。

 

 

出生届を提出する手続きについて

届け出先、申請に必要なもの

届け出先、申請に必要なもの

出生届の届け出先は市区町村役場(市役所、区役所、町役場など)です。役所では、基本的には戸籍課に提出します。

 

提出先は原則、ママかパパの住民票がある地域か本籍地の市区町村役場となりますが、里帰り出産の場合は滞在している土地の役所へ提出しても構いません。

 

出生届の届け出用紙は、役所、病院でもらうことができます。出生届の半分は出生証明書となっており、こちらは医師や助産師が記入します。出生届そのものを病院で用意してくれる場合もあるので、事前に確認しておくと良いでしょう。

 

なお、申請に必要なものは以下のとおりです。

 

  • ・出生届と出生証明書
  • ・届出人の印鑑
  • ・母子健康手帳
  • ・身分証明書
  • ・国民健康保険被保険者証
  • ・外国人登録証(子の養育者が外国籍の場合)

 

提出期限、提出できる時間

提出期限、提出できる時間

出生届の提出期限は、出産した日の当日を1日目と数えて産後14日以内です。

 

  • 注1)14日目が役所の休日だった場合、期限は翌日となる
  • 注2)国外で出産した人の場合は3ヶ月以内

 

14日以内というと余裕があるように感じられますが、そのうち5日~1週間程度はまだ入院中です。提出がギリギリになって焦らないよう早めの予定・準備を心がけましょう。

 

また出生届を提出できる時間は、原則24時間365日可能です。土日、夜間、早朝など役所が閉館していても警備員や守衛へ預けることで提出ができます。

 

ただし、警備員や守衛は原則として預かるのみとなるため、記載事項に不備がある場合などは役所が受付している時間帯に再び足を運ぶ必要が出てきます。後ほど解説しますが、出生届と同時に手続きするとスムーズな申請が他にもありますので、可能であれば役所が稼働している時間帯にいっしょに届け出するのがおすすめです。

 

 

届出人と実際に届け出る人

届出人と実際に届け出る人

届出人は一般的に父か母となります。ここでいう「届出人」とは、役所に足を運んで提出する人ではなく、“申請書類上の届け出人に記載する人”のことです。
父母のどちらも難しい場合は同居人、出産に立ち会った医師や助産師、それ以外の法定代理人などが選択肢にあります。

 

また、実際に役所へ出向き提出を行う意味の届け出をおこなう人は、一般的には父親となります。母親は入院中で体も大変なことが理由です。父母ともに提出が難しい場合は、前述と同様に同居人、出産に立ち会った医師や助産師、友人などに依頼することも可能です。

 

ただし、提出の際万が一訂正が求められた場合などは父母のどちらかの訂正が必要になることも。できる限りパパかママが提出するのが良いでしょう。

 

 

その他(Q&A)

名前が決められなかった場合

名前が決められなかった場合

期限内に名前が決められない場合は、名前欄を空欄のまま提出することができます。

 

空欄のまま提出した場合は、名前が決まり次第「追完届(ついかんとどけ)」という書類を提出する必要があります。追完届とは一度作成した戸籍に名前を追加する手続きです。

 

この手続きをおこなうと、戸籍上には出生届提出後に名前を追加したことがわかる表記となります。将来子供が戸籍を見たときに「出生届提出の際に名前が決まっていなかった」ことが一目瞭然となってしまいます。

 

赤ちゃんの名前は出生届提出の際、必ず決めておくようにしましょう。

 

 

出生届と同時におこなうと良い手続き

>出生届と同時におこなうと良い手続き

赤ちゃんが生まれると出生届以外にもたくさんの手続きがあります。まとめて済ませるとスムーズですね。いずれも役所で手続きをおこないます。

 

児童手当の申請

子の年齢や人数に応じて月に10,000円~15,000円支給される制度で、申請をしなければ受給することができません。またさかのぼって申請することもできないため、早めに申請しましょう。手続き期限は出生後15日以内です。

 

赤ちゃんの健康保険加入手続き

国民健康保険に加入している場合は、赤ちゃんの加入手続きが必要です。

 

※健康保険・共済組合の場合は父母どちらかの勤務先で手続きを行います。その際、役所で発行してもらえる「出生届受理証明書」が必要になることがあります。事前に職場へ確認しておきましょう。

 

乳幼児医療費助成の申請

赤ちゃんの医療費が助成される制度で、助成される金額や所得制限などは市町村によって異なります。申請の際に確認しておきましょう。赤ちゃんの健康保険加入後から手続きできます。

 

 

出生届と同時に手続きするとスムーズなものは以上です。ただし、赤ちゃんに関する手続きは他にも多数ありますので忘れないよう準備しておきましょう。

 

 

まとめ

今回は赤ちゃん出産後に提出する出生届について詳しくご説明しました。入退院や里帰り出産などでバタバタするだけでなく、生まれたばかりの赤ちゃんのお世話で大変な毎日を過ごす時期です。

 

早めに準備できるものは準備しておき、万全の体制で出産を迎えられると良いですね。

 

 

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】

【出産費用】知らなきゃ損!?出産・育児でもらえるお金まとめ

出産前に知っておきたい!あると便利な赤ちゃんとママのためのグッズ10選

 
 

妊娠中のママとパパのためのサプリ

 

 

妊娠したいと思ったら

「妊娠・出産」最新記事

注目の記事

Facebook

ベルタカフェライター

このエントリーをはてなブックマークに追加
ベルタ葉酸サプリ ベルタマザークリーム