バストトップ美人はデイリーケアで決まる!目指すべき乳首とケア方法 | ベルタカフェ

バストトップ美人はデイリーケアで決まる!目指すべき乳首とケア方法

バストトップ美人はデイリーケアで決まる!目指すべき乳首とケア方法

バストトップのケア、していますか?

 

手のカサカサはハンドクリームでケアしても、バストトップは何もせず放っておいてしまうという人が多いと思います。

 

毎日のケアで乳首をより美しくし、女としての自信をアップさせましょう。

 

 

目指すべき乳首とは?

目指すべき乳首とは?

「私の乳首、大丈夫かな?」と心配になっても、どんな乳首が良いのか、生まれつきなのかケアが悪いのか、なかなか判断できませんよね。その人の好みも大きく関係しますが、大きく色、潤い、ムダ毛の3箇所を重視すると良いでしょう。

 

【色】

肌の白い人や黒い人がいるように、乳首の色も人それぞれ。黒ずみではなく、生まれつき濃い色の人もいます。

 

ピンク色でないからといって、ケア不足とは限りません。ただし、ケアをせずに放っておくと、古い角質が溜まったり、色素沈着が起こったりして黒ずみを招きます。自分の体質にあった色で、より健康的で美しい状態に整えましょう。

 

【潤い】

ガサガサでいたるとこの皮がはがれているようでは、美しいとは言えません。顔や手と同様、潤いのある状態をキープしましょう。肌の潤いは、若々しさを醸し出してくれます。

 

【ムダ毛】

ケアをおろそかにしてしまいがちなのが、ムダ毛の処理。放っておくと、乳首のまわりに産毛がたくさん生えたり、太い毛が生えてきたりすることがあります。脇や手足はキレイなのに乳首だけは……となると、ちょっと恥ずかしいですよね。

 

 

乳首を美しく保つ3つのケア

乳首を美しく保つ3つのケア

色や潤い、ムダ毛のケアはどのようにすれば良いのか。それぞれのケア方法を見ていきましょう。

 

カサつきを防ぐケア

乾燥によるカサつきを防ぐには、保湿クリームやパックがおすすめ。直接乳首に塗り込むことで、血行をよくしてくれる保湿クリームなども販売されています。保湿クリーム等で潤いをプラスすると同時に血行をよくすることで、代謝が高まり、かさつきを起こしにくくする効果が期待できます。

 

 

黒ずみを防ぐケア

乳首の黒ずみを防ぐには、新陳代謝を高めて細胞の再生を促すことが大切。毎日のお風呂では泡をよく立てて優しく洗い、古い角質を落としましょう。バランスのよい食生活で細胞の再生に必要な栄養素をしっかり摂取することも重要。血行をよくすることで栄養素がスムーズに運ばれるようになるため、バスト周りのマッサージもおすすめします。

 

黒ずみが気になる場合は、美白成分入りのクリームでケアを行いましょう。

 

 

ムダ毛のケア

ムダ毛の処理には、細心の注意が必要です。乳首は皮膚が薄く、デリケートな部分。毛抜きでムダ毛を抜くと、肌を傷つけてしまう可能性があります。また、カミソリなどで肌が傷つくと、肌荒れや色素沈着(黒ずみ)に発展することも。

 

肌への負担を考えると抜くよりも剃るケアの方がおすすめですが、刃の扱いには注意しましょう。

 

 

皮膚炎かな、と思ったら……

皮膚炎かな、と思ったら……

乳首の痛みやかゆみ、かさつき、じゅくじゅくなど、炎症のような異変を感じたら、すぐに専門医に相談しましょう。

 

アレルギー体質や、女性ホルモンバランスの変化、ストレスなどが原因で炎症を起こすことがあります。健康な状態でなければ美しさを磨くことはできませんから、「大丈夫だろう」と勝手に判断せず、専門家に診てもらうことをおすすめします。

 

乳首のトラブルについて詳しく知りたい場合は、こちらをご覧ください。

 

乳首の痛み・かゆみ・皮膚炎はなぜ起こる?皮膚科医に聞いた「乳首の肌トラブル」の原因と対処法

 

 

最後に

バストトップの美しさは、毎日のケア次第。潤いと透明感を高めることができます。十分な栄養素の土台の上に、日々の保湿やムダ毛のケアを取り入れて、自慢のバストトップを叶えましょう。

 

 

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】

小さい胸も簡単バストアップ!美バストのカギを握る「バージスライン」を育てる方法3つ

ダイエット・美肌・育毛に効く!「水シャワー」で代謝を上げるコツと注意点

 
 

女性の薄毛や抜け毛はこの育毛剤!

 

 

女子力UP↑極上プエラリアサプリ

「バストアップ」最新記事

注目の記事

Facebook

ベルタカフェライター

このエントリーをはてなブックマークに追加
妊娠したいと思ったら