そうめんはダイエットに向いてる?夏の主役“そうめん”徹底解剖 | ベルタカフェ

そうめんはダイエットに向いてる?夏の主役“そうめん”徹底解剖

そうめんはダイエットに向いてる?夏の主役“そうめん”徹底解剖

ひんやり冷たくツルっとしたのど越しが気持ちいい“そうめん”は、食欲が失せがちな暑い夏でも口にしやすい食材。

 

歌手の倖田來未さんが3か月の“そうめんダイエット”で10キロの減量に成功したことから、一躍ダイエット食としても注目されるようになりました。

 

一方で、あっさりした味に似合わず高カロリーという話や、ダイエット効果は蕎麦のほうが高いという説もチラホラ。

 

一体どれが本当なの!? ダイエットに効果的なのはそうめんと蕎麦のどっち? そんな疑問を徹底追及。この夏役立つ、そうめんダイエット情報です。

 

 

そうめんがダイエットに向いている理由3

そうめんの原材料は小麦粉。食塩や水を加えて練り合わせ、よりをかけながら延ばしたものを乾燥させて作ります。この“延ばす”作業で油が使われるため、意外と高カロリーになってしまいます。

 

とはいえ、茹でたそうめんのカロリーは100グラム約127kcalで、茶碗一杯のごはん約250kcalに比べればローカロリー。ただ、そうめんの1人前は通常270グラムなので343kcalほどとなり、茶碗一杯のごはんより高くなってしまいます。しかも、するすると食べやすいことからつい食べ過ぎてしまうことも……

 

では、なぜ「ダイエットに効果的」といわれるのでしょうか? 

 

1.食事のトータル的なカロリーを抑えられる

理由1:食事のトータル的なカロリーを抑えられる

白いごはんが食卓に並ぶとき、そこには必ずおかずがありますよね。でも、そうめんを主食にするときは「薬味程度でおかずはない」という人も多いのではないでしょうか。

 

食事全体のカロリーが「ごはん+おかず」より低くなることで、結果的にダイエット効果を得られるのです。

 

2.アレンジしやすく飽きがこないので、長続きする

アレンジしやすく飽きがこないので、長続きする

めんつゆだけでも美味しいそうめんですが、薬味やつけ汁を変えることでさまざまな味を楽しむことができます。

また、温かい汁ものにも炒め物にも合うのでアレンジしやすく、飽きることなく食べ続けることができます。

 

ダイエットの最初の敵は「三日坊主」。あっさりした味だからこそ、アイデア次第でレパートリーが増やせれば長続きしそうですね。

 

3.たんぱく質が豊富

たんぱく質が豊富

脂肪を燃やす筋肉の働きを高め、メリハリのあるボディラインを保ちながら綺麗に痩せられる手助けをしてくれるタンパク質。

 

そうめんは、白米の2倍以上のタンパク質が含まれています。また、食物繊維やビタミン、ミネラルも若干含まれています。

 

 

そうめんダイエットで気を付けたいこと

飽きることなくローカロリーの食事を摂れるそうめんですが、ごはんと置き換えてダイエットする場合には気を付けなければならないこともあります。

 

体を冷やさないように温かくして食べる

体を冷やさないように温かくして食べる

暑い日にはついキンキンに冷やして食べたくなりますが、体を内側から冷やしてしまい、代謝を落としてしまいます。ダイエットのために食べるなら、温麺や炒め物にするなど、体温を高めやすい温かい調理方法で味わいましょう。

 

ネギやしょうが、にんにくなど、カラダを内側から温めてくれる薬味と一緒に食べるのもおすすめです。

 

栄養が偏りやすいので、ほかの食材でバランスをとる

栄養が偏りやすいので、ほかの食材でバランスをとる

微量の食物繊維やビタミンが含まれているとはいえ、そうめんだけを食べ続けていては栄養が偏って栄養失調になってしまいます。必要な栄養素をバランスよく摂取できるよう付け合わせを意識しましょう。

 

なお、そうめんは食後の血糖値の上がりやすさを示すGI値が高いため、野菜などGI値の低い食品と一緒に食べるとダイエット効果を高めることができます。

 

天ぷらなどの油ものと一緒に食べない

天ぷらなどの油ものと一緒に食べない

そうめん自体に油分が含まれているため、天ぷらなど油を多く含んだ食品と合わせると油の摂りすぎになってしまいます。食事全体のカロリーもかなり高くなってしまうので、できるだけ油の少ないおかずと組み合わせるようにしましょう。

 

よく噛んでゆっくり食べる

よく噛んでゆっくり食べる

そうめんはのど越しが良くスルスルと食べてしまいがちですが、それでは満腹中枢が刺激されにくく、食べ過ぎを招いてしまいます。

 

脳に指令が送られるのは、食事をはじめて15~20分ほど経ってから。“よく噛む”ことは大切です。ゆっくりと時間をかけて、必要以上に食べ過ぎないよう気をつけましょう。

 

 

蕎麦orそうめん、ダイエット比較

蕎麦orそうめん、ダイエット比較

食べ方や組み合わせでダイエットに効果があると思われるそうめん。では、同じ麺類の「蕎麦」とどちらがダイエットに向いているのでしょうか?

 

蕎麦のカロリーは100グラム当たり約114kcalと、そうめんよりほんの少し低いくらい。ただ、タンパク質、ビタミン、食物繊維がすべてそうめんより豊富に含まれています。食物繊維に至っては、なんとキャベツ約200グラム相当。

そのため、そうめんよりは高い栄養素を摂取できます。また、GI値が低いため、食後の急な血糖値の上昇も抑えられるのです。

 

成分や腹持ちの良さでは蕎麦のほうがダイエットに向いているかもしれませんが、アレンジのレパートリーはそうめんのほうが豊富。気分転換やその日の気分で食べわけるのもいいかもしれませんね。

 

 

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】

海外セレブも夢中!話題のビーガン料理で、体の内側からキレイになれるダイエット

痩せたいけど食べたい!食べる順番を変えるだけで簡単ダイエット【ファーストダイエット】

 
 

99%痩せる!話題の酵素ダイエット

 
 

99%痩せる!話題の酵素ダイエット

「ダイエット」最新記事

注目の記事

Facebook

ベルタカフェライター

このエントリーをはてなブックマークに追加
妊娠したいと思ったら