出産前に知っておきたい、産後の体型を戻す骨盤ケア|お腹&ウエスト対策 | ベルタカフェ

出産前に知っておきたい、産後の体型を戻す骨盤ケア|お腹&ウエスト対策

出産前に知っておきたい、産後の体型を戻す骨盤ケア|お腹&ウエスト対策

多くのママが悩む出産後の体型くずれ。特に、垂れ下がったお腹まわりは「一生このままだったらどうしよう」と不安に感じるほどだそう。でも、大切な赤ちゃんを10か月間しっかり守ってくれたお腹、すぐに元に戻らなかったり、皮が伸び切ってしまうのも当然です。

 

今回は、産後気になるお腹&ウエストまわりのシェイプアップに効果的な対策をご紹介します。ポイントは骨盤ケア。

 

出産後は赤ちゃんのお世話でめいっぱいになりがち。ぜひ出産前に熟読しておくことをおすすめします。

 

 

なぜ産後すぐ体型が戻らないの?

出産前に大きく膨らんだお腹は、出産してもすぐに戻るわけではありません。もうお腹に赤ちゃんがいるわけじゃないのになぜ凹まないの? と不思議に思うかもしれませんね。

 

 

出産直後にお腹が凹まない理由は、子宮のサイズが大きいままだから。子宮は唯一必要に応じてサイズを変える臓器で、赤ちゃんを10か月間育てながらどんどん大きくなっていきます。臨月ともなると、通常期と比べて2000倍以上の大きさになると言われています。

 

そして、戻るのにかかる期間はおよそ1か月。

 

ただし、子宮は産後1か月間を過ごせば元に戻るものの、妊娠中についたお腹の脂肪や伸びた皮膚、出産時に開いた骨盤などは努力なしには戻らないんです!

 

 

産後すぐは危険!?出産後は穏やかに過ごす時間を

産後すぐは危険!?出産後は穏やかに過ごす時間を

出産後も脂肪や骨盤はそのままと聞いて、「すぐにお腹まわりをシェイプアップしないと!」と思った方。注意です! というのも、産後1ヶ月の間は「産褥期」と呼ばれ出産後の体を休める時期。本来は赤ちゃんの世話に専念し、体をじっくり回復させるべき期間なので、シェイプアップのためと急いで刺激を与えてしまうと危険なんです。

 

産後1ヶ月からはじめる骨盤ケア

体型を改善するのは産後1か月~半年以内が最適。そして、この時期におすすめなのが骨盤ケア。

 

骨盤が開いたままだと、内臓が下がった状態となり血流を悪化させてしまいます。そして代謝の悪化、便秘・冷え・むくみが生じる、贅肉がつきやすいなど数々の不調をきたしてしまうのです。

 

子育ては体力勝負です。骨盤ケアは将来の不調を防ぐために必要不可欠です。

 

 

正しい骨盤ケア 3つの方法

それでは骨盤ケアの3つの方法についてご説明します。

 

1.リフォームインナーを使う

リフォームインナーを使う

リフォームインナーとは骨盤を正しい位置に戻してくれる下着のこと。ウエストニッパー、リフォームガードル、骨盤ベルトといった名称で販売されているので、ご自身のサイズに合ったものを選びましょう。

 

2.整骨院、整体院を利用する

整骨院、整体院を利用する

産後の女性を対象にした骨盤ケアを行っている整骨院や整体院を利用することも1つの方法です。なお、整骨院(接骨院)と整体院には明確な違いがありますので理解しておきましょう。

 

・整骨院(接骨院)

施術者が国家資格である柔道整復師という資格を持っている。健康保険が適用される場合もある。

・整体院

施術者が民間資格である整体師という資格を持っている。健康保険は適用されない

 

「普通のマッサージ屋さんでも良いのでは?」と感じるかもしれませんが、産後の体は間違ったやり方でケアすると余計に骨盤の開きを大きくしてしまうことも。必ず、産後の体を見てもらえるような整骨院や整体院を訪れましょう。

 

3.エクササイズで骨盤ケア

エクササイズで骨盤ケア

自宅でできる簡単なエクササイズも骨盤ケアとして効果的です。次の2つのエクササイズは即効性や劇的な効果はありませんが、毎日続けることで骨盤を正しい位置に戻してくれます。

 

<立ってできる骨盤矯正エクササイズ>

  1. 肩幅に足を開いて腰に手を当てて立つ
  2. 腰で円を描くように大きく回す 2~3回
  3. 今度は逆回しで同様に大きく回す 2~3回

立ってできるので、料理のちょっとした合間にできそうですね。

 

<仰向けに寝てできる骨盤矯正エクササイズ>

  • 仰向けに寝て膝を90度に曲げる
  • 膝を曲げたままで、左右交互に膝を倒す
  • これをゆっくりと2~3分間続ける

寝ながらできるのでテレビを観ているときや寝る前にもできますね。

 

 

骨盤ケアを台無しにしてしまう行動

リフォームインナーや整骨院、骨盤矯正エクササイズを頑張ったら、そのあとの過ごし方が大切です。せっかくの努力を無駄にしないために、次のNG行動は避けましょう。

 

抱っこ、授乳時の姿勢

抱っこ、授乳時の姿勢

産後すぐは2〜3時間おきに赤ちゃんにおっぱいをあげますが、このときの姿勢に要注意。背中を丸める、お腹をたるませる、おねえさん座りやペタンコ座りなどで授乳すると1日の長い時間を悪い姿勢で過ごすことになり、骨盤をさらに歪ませる原因になります。

 

無理な食事制限やエクササイズ

無理な食事制限やエクササイズ

産後すぐにエクササイズをはじめる、食事量を極端に減らすといった方法は骨盤ケアの前に、体を悪くしてしまいます。出産を乗り越えた体をいたわることを一番に考えてくださいね。

 

 

まとめ

今回は産後の体型を戻す方法として、特にお腹やウエストまわりのシェイプアップにつながる骨盤ケアをご紹介しました。出産後の芸能人があっという間に復帰して、美しいプロポーションを披露しているのをよく見かけますね。彼女たちは体型維持も仕事の1つですが、少しずつでも見習っていきたいですね。

 

ただし、産後はご自身の体調と赤ちゃんのお世話が最優先です。焦らず地道な努力を重ねていきましょう。

 

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】

助産師 浅井貴子さんに聞いた!妊娠線予防マッサージで、出産後もキレイなおなか

出産祝いのお返しどうする?内祝いのマナーと知っておきたい配慮

 

 

妊娠線クリームで、産後のケア準備も忘れずに

 

 

妊娠したいと思ったら

「妊娠・出産」最新記事

注目の記事

Facebook

ベルタカフェライター

このエントリーをはてなブックマークに追加
妊娠したいと思ったら