流産の8割は妊娠初期。知っておきたい流産の種類と原因 | ベルタカフェ

流産の8割は妊娠初期。知っておきたい流産の種類と原因

流産の8割は妊娠初期。知っておきたい流産の種類と原因

おなかに宿った新しい命に夢と希望が膨らむ反面、対面の日を迎えるまではさまざまな不安がつきまとう妊娠期間。なかでも「流産」は、もっとも心配な出来事のひとつではないでしょうか。

 

妊婦さんの15%前後が流産に至るとの統計もあり、そのうちの80%は妊娠12週未満の早い時期に起こっています。

 

そこで今回は、妊娠初期に起こりやすい流産の種類や原因についてみていきましょう。

 

 

妊娠初期に起こりやすい流産の種類

妊娠初期に起こりやすい流産の種類

流産とは、赤ちゃんがお母さんのおなかの外では生きられないとされる22週より前に妊娠が終わってしまうこと。大きく分けて、自然に起こる「自然流産」と、中絶手術で妊娠を終わらせる「人工流産」の2種類があり、さらに自然流産は状態によって以下のように分けられます。

 

稽留(けいりゅう)流産

赤ちゃんの心拍は止まっているが、出血や腹痛など母体に自覚症状がないもの。

 

進行流産

出血を伴い、赤ちゃんや胎嚢などが排出され始めているもの。状況によって、完全流産と不全流産に分けられる。

 

  • 完全流産:子宮内のモノがすべて自然に排出された状態
  • 不全流産:内容物が出始めているが、一部が子宮内に残留している状態

 

化学的流産

尿検査で妊娠反応が出たものの、超音波で確認できる前に流産してしまったもの。

 

感染流産

細菌などの感染によって引き起こされるもの。

 

習慣流産

自然流産を3回以上繰り返している場合。

 

 

子宮内に赤ちゃんや胎盤の組織が残っているときは、止血や感染症予防のために手術で取り除く必要があります。

 

 

流産の原因は?

流産の原因は?

妊娠初期の流産の場合、赤ちゃん側に原因がありまるのがほとんど。染色体に異常があって細胞分裂が上手くできないなど受精卵に問題のあることが多く、妊娠が継続できないことは受精の時点で決まっているのです。まれに、子宮に異常がある、胎盤を作る黄体ホルモンの分泌が十分でない、子宮内膜がホルモンに反応しないなど、子宮が赤ちゃんを育てるのに適さない環境の場合もありますが、いずれにしてもお母さん側の不注意によるものではありません

 

「重たい荷物を持ったのがいけなかったのかな?」「あのときムリをしなければ……」などとつい自分を責めてしまいがちですが、あまり気に病まないようにしてくださいね。

 

また、一度流産したからといってその後の妊娠で流産しやすくなるということもありません。そのときの受精卵が、たまたま染色体異常などを起こしていただけのことがほとんどです。ただ、習慣流産のように何度も繰り返してしまう、夫婦どちらかの遺伝子に異常がある可能性が高い、子宮に何らかの原因があるといった不安を抱えていえる場合は、一度検査してもらうと安心です。

 

 

妊娠初期の流産、兆候はあるの?

流産の原因は?

自然流産はお母さんが全く気付かないほど無症状なときもありますが、体に変化を感じることが多いです。

 

  • ・つわりが軽くなる、なくなる
  • ・不正出血がある
  • ・おなかや胸の張り
  • ・生理痛のような痛み
  • ・基礎体温が下がる
  • ・子宮口や膣あたりに異物感がある

 

なかには順調な妊娠期間中でも現れる症状もありますが、心配なときは主治医に相談しましょう。

 

 

最後に

最後に

喜びもつかの間、受けるショックは計り知れないものがあると思います。でも、自然流産のほとんどはお母さんが何とかして食い止められるものではありません。決して自分を責めないでくださいね。

 

また、流産による悲しみや次の妊娠への焦りからメンタルやホルモンのバランスが崩れることもあるので、まずは気持ちを落ち着かせ、ゆっくり体と心をケアしてあげましょう。

 

 

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】

妊娠したい人必見。基礎体温を安定させるためにできる改善法5つ

待望の赤ちゃんを迎えるために。妊娠前に済ませておきたい検査や治療

 

 

▷妊娠にそなえ葉酸サプリで栄養補給

 

 

99%痩せる!話題の酵素ダイエット

「ダイエット」最新記事

注目の記事

Facebook

ベルタカフェライター

このエントリーをはてなブックマークに追加
ベルタ酵素