妊娠したいママのために。高齢不妊の原因と出産に向けた対策法 | ベルタカフェ

妊娠したいママのために。高齢不妊の原因と出産に向けた対策法

妊娠したいママのために。高齢不妊の原因と出産に向けた対策法

赤ちゃんを待ち望む気持ちに年齢は関係ありませんよね。でも、体は年を重ねるごとに少しずつ変化していくため、“高齢出産”とされる35歳を過ぎたあたりから妊娠しづらくなるといわれています。

 

「新しい家族を迎えたい」「上の子に兄弟をつくってあげたい」など妊娠を望んでいても、年齢による不妊に悩む人は少なくないようす。そこで、年を重ねることがなぜ不妊につながるのか、妊娠しやすくなるにはどうすればいいのかなど、高齢不妊の現状を踏まえながらみていきましょう。

 

 

高齢になると妊娠しづらくなる理由

高齢になると妊娠しづらくなる理由

卵子のもととなる“卵胞”はお母さんのおなかの中にいるときにつくられ、初潮を迎えた後に、ホルモンの影響で卵子へと成熟し排卵されます。月1回の周期でこのサイクルが繰り返され、受精して着床すると妊娠に至りますが、年齢が上がるにつれて妊娠しづらくなるのは、以下のような理由が考えられます。

 

卵胞の数が減る

卵胞はお母さんのおなかの中にいるときにつくられ、200万個ほどをもって生まれてきますが、その後増えることはありません。そのため、排卵を繰り返すたびに数は減ってしまいます。排卵される卵子の数は一度に1つですが、卵巣の中では毎回1000個ほどの卵胞が成熟しきらずに消滅するため、20代では10万個ほど、40代では5000個ほどにまで減ってしまうといわれています。

 

 

卵子が年をとる

前述のとおり、卵胞は生まれたときから卵巣の中にあるため、自身の年齢と同じだけ年を重ねていくことになります。そのため生命力が弱まって、受精卵や胚になりにくくなったり、染色体異常を起こしやすくなったりして、受精や着床しにくくなる可能性が高くなります。

 

 

ホルモンバランスの乱れ

妊娠に関係するホルモンはいくつかあり、卵胞が卵子に成熟するための刺激を与えるほかにも、排卵を促したり、子宮内を着床しやすい環境に整えたりと、さまざまな働きをします。しかし、30歳を境に分泌量は低下してホルモンバランスが乱れやすくなるため、妊娠するためのサイクルにも影響してしまいます。

 

臓器の衰え

元気な赤ちゃんを産むためには、子宮や卵巣など妊娠するために必要な臓器も健康でなければなりません。ところが、初潮から休む間もなく働き続けていることで疲弊し、年を重ねるごとに十分な働きができにくくなってしまいます。また、子宮内膜症子宮筋腫などがある場合も、妊娠しづらくなります。

 

 

高齢不妊の実情

一般的にいわれている自然妊娠の確率は25歳で80%近くなのに対し、35歳で50%前後、45歳では5%程度(※)にまで下がるといわれています。また、不妊治療の成功率も、年齢が上がるにつれて下がっていきます。

 

卵子や子宮の状態から加齢とともに妊娠しづらくなるといっても、可能性は0ではありません。40歳を過ぎて自然に妊娠する人もいれば、体外受精などの不妊治療で赤ちゃんを迎えた方もたくさんいます。つまり、妊娠は単に年齢だけで左右されるのではなく、卵子の質や子宮の状態も大切だということ。]

 

加齢による老化を食い止めることはできませんが、日常の心がけで老化スピードを送らせれば、妊娠の可能性を上げることができます。

 

※1年間避妊せずに性生活を送った場合の妊娠確率

 

 

高齢でも妊娠するためにできること

高齢でも妊娠するためにできること

血流をよくする

栄養や酸素、ホルモンなどはすべて血液を通して各臓器へ届けられるため、血流が悪くなると子宮や卵巣の働きが衰えてしまいます。体を冷やさない、適度な運動を取り入れる、ストレスを溜めないなど、血流が悪くならないように気をつけましょう。

 

 

バランスのとれた食生活を心がける

血液が十分巡っても、必要な栄養素が足りなければやはり子宮や卵巣の働きを弱めてしまいます。「妊娠に効果的」な食材を耳にするとそればかりに偏ってしまう人もいますが、どんな食材でもバランスよく摂取しなければ効果を得ることはできません。栄養バランスのとれた食事を三食きちんと食べるようにしましょう。とくに吸収されにくい栄養素は、摂取しているつもりでも摂れていないことがあるので、食べ合わせなどにも気を配る必要があります。

 

なお、インスタント食品やレトルト食品、ファストフードなど添加物の多い食品は避けましょう。

 

 

質の高い睡眠をとる

睡眠は子宮や卵巣の健康を保つためにも大切な行為。子宮や卵巣の老化を防ぐ効果がある “メラトニン”というホルモンは、朝、太陽の光を浴びることで眠るころの時間帯に分泌されて質のいい睡眠を促します。規則正しい睡眠時間が大切です。

 

 

痩せすぎない

体脂肪率と卵巣機能には関連性があり、痩せすぎると体が生命の危険を感じて月経不順卵巣機能不全を引き起こすことがあります。BMI(身長の二乗に対する体重の比)18.5~25の適正体重を維持できるようにしましょう。

 

 

最後に

加齢にともなう変化は抗えませんが、ちょっとした心がけひとつで状態をよくすることは可能です。ただ、妊娠に囚われすぎてしまうと、そのこと自体がストレスとなって不妊を招いてしまいます。ゆったりとした気持ちで向き合えるようにしましょう。

 

不安や悩みはご主人や信頼できる先生に相談するなどして、みんなで赤ちゃんを迎える準備をすすめましょう。

 

 

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】

>> 35歳からでも子どもは産める?高齢出産の基礎知識とリスク&対策

>> 子供ができないのは「卵子の老化」が原因?妊娠の確率を上げる方法

 

 

妊娠したいママとパパのためのサプリ

 

 

妊娠したいと思ったら

「不妊・妊活」最新記事

注目の記事

Facebook

ベルタカフェライター

このエントリーをはてなブックマークに追加
ベルタ葉酸サプリ ベルタマザークリーム