【レシピ】甘いものが苦手な彼に!ダイエット効果の高い「高カカオチョコレート」でヘルシーバレンタインを贈ろう | ベルタカフェ

【レシピ】甘いものが苦手な彼に!ダイエット効果の高い「高カカオチョコレート」でヘルシーバレンタインを贈ろう

【レシピ】 甘いものが苦手な彼に!ダイエット効果の高い「高カカオチョコレート」でヘルシーバレンタインを贈ろう

もうすぐバレンタイン・デー。甘いものが苦手だったり、「バレンタインって、太るんだよね〜」とちょっと迷惑そうな男性でも、甘く切ない気持ちをチョコに託して贈りたいですよね。

 

そんな場合は、上品な甘さでダイエット効果も期待できる「高カカオチョコレート」がおすすめ。ヘルシー思考の女性への友チョコにも喜ばれますね。

 

今回は、高カカオチョコレートのダイエット効果とおすすめレシピをご紹介します。

 

 

高カカオチョコレートのダイエット効果

「カカオ80%」のように、カカオの含有量が表記されているチョコレートを見たことはありますか?

 

一般的に、カカオ70%以上のチョコレートが「高カカオチョコレート」と呼ばれます。高カカオチョコレートは、カカオを加工した「カカオマス」の含有量が多い分、砂糖やバターなどほかの成分が少なめ。甘さ控えめで、スーパーフードの1つとして数えられるカカオの美容・健康効果が得やすく、次のようなダイエット効果も期待できますよ。

 

 

デトックス&代謝アップ効果

カカオに含まれる抗酸化成分「カカオポリフェノール」には、血管の老化を防ぐはたらきがあり、

 

  • ・血管壁をしなやかにする
  • ・血圧を下げる
  • ・HDLコレステロール(善玉コレステロール)を増やす

といった効果が期待できます。

 

血管が若々しく健康的だと、血液循環がスムーズに。老廃物を排出するはたらきや、新陳代謝が高まります。便秘の予防・改善や、代謝アップによる消費カロリー量の増加が期待できます。

 

また、カカオに含まれる不溶性食物繊維「リグニン」も、腸管内の残留物の排出をサポートする成分。便秘解消効果を高めてくれます。

 

 

ストレス解消&完食予防効果

チョコレートの上品な甘さは食べた人の心をほっこり温めますよね。疲れたときにひとかけらのチョコレートに癒される人も多いのでは?

 

カカオに含まれる「テオブロミン」には精神を安定させる効果があると言われており、ストレス解消やリフレッシュにおすすめです。また、カカオポリフェノールにはストレスホルモンを抑制するはたらきがあります。精神の安定は食事の満足度を高めやすく、食べ過ぎ防止や完食予防にも役立ちます。

 

 

アンチエイジング効果も!

カカオポリフェノールは血管を若々しく整えるため、全身の細胞に酸素や栄養素をスムーズに供給することが可能。頭皮や肌の栄養状態も良くなり、薄毛予防美肌効果も期待できます。

 

 

高カカオで作る、手作りチョコレシピ2つ

では、バレンタインに向け、カカオのほろ苦さを楽しめる、ヘルシー・チョコレートレシピチョコレートレシピを2つご紹介します。

 

使うチョコレートを高カカオチョコレートにする。それだけで、よりヘルシーで、美容・健康効果の高いスイーツに早変わり。家で簡単に手作りできちゃいますよ。

 

簡単・ヘルシー「ディップドライフルーツ」

ディップドライフルーツ

所要時間:約1時間

「生クリーム系の甘さが重くて苦手」という男性には、フルーツのしっとりした甘さに高カカオチョコレートのほろ苦さをプラスした「ディップドライフルーツ」がおすすめ。フルーツに含まれる豊富なビタミン類には代謝を高める効果が期待できます。仕事で疲れた彼の疲労を癒すのにもぴったりですよ。

 

<材料>

  • ・板チョコレート(カカオ含有量70%)1枚・・・50g

  • ・お好みのドライフルーツ・・・10〜12個(ドライイチジク、オレンジピール、ドライマンゴー、ドライアップルを各3つずつなど)
    ※ドライフルーツは大きめのものを選ぶと、ディップソースがかかりやすく、見た目もかわいいですよ

 

<道具>

  • ・ドライフルーツを全て並べることができる大きさのトレー(バットやまな板などでOK)

  • ・クッキングシート

  • ・湯煎用の鍋

  • ・ボウル

  • ・ヘラ(耐熱のもの)

  • ・まな板、包丁

 

<作り方>

  1. トレーにクッキングシートをしく

  2. 高カカオチョコレートを細かく刻んでボウルに入れる

  3. 鍋に水を入れて温める(50℃程度)

  4. チョコレートが入ったボウルを鍋に浸け、ヘラで混ぜながらチョコレートを溶かす

  5. チョコレートが溶けたら、ドライフルーツの半分くらいまでチョコレートにひたし、トレーにしいたクッキングシートの上に間隔をあけて並べる

  6. トレーを冷蔵庫に入れ、チョコレートが固まったら出来上がり

 

チョコレートでドライフルーツ全体をコーティングするのではなく、半分くらいまでのディップにすると、チョコレートとフルーツのおしゃれな色合いを楽しめますよ。

 

 

ほろ苦チョコがとろける!「チョコファッジ」

チョコファッジ

所要時間:約3時間

とろけるチョコレートの濃厚さを楽しみたい場合は、キャラメルのようなしっとり感の「チョコファッジ」がおすすめ。高カカオのチョコレートを使い、砂糖を使わずマシュマロを入れることで、上品な甘さに仕上がります。

 

<材料>(20~30個)

  • ・板チョコレート(カカオ含有量70%):1枚(50g)

  • ・バター:20g

  • ・コンデンスミルク・・・50g

  • ・生クリーム・・・大さじ1

  • ・バニラエッセンス・・・小さじ1

  • ・マシュマロ・・・50g

 

<道具>

  • ・10㎝四方以上の容器(深めのもの)

  • ・鍋

  • ・ヘラ(耐熱のもの)

  • ・まな板、包丁

  • ・クッキングシート

 

<作り方>

  1. 容器にクッキングシートをしく

  2. 板チョコレートを細かく刻む

  3. 材料をすべて鍋に入れ、ヘラで混ぜながら弱火で煮溶かす

  4. 5 〜6分煮詰めてまとまりが出てきたら、クッキングシートをしいた容器に流し入れる

  5. 冷蔵庫で2時間前後、固まるまで冷やす

  6. まな板の上に容器をひっくり返し、クッキングシートをはがす

  7. 一口大にカットする

 

 

これでバレンタインの準備は万端!

これでバレンタインの準備は万端

チョコレートは、カカオの含有量が多いほど(100%に近いほど)苦みが強くなります。スイーツらしい甘さを出したい場合は、カカオの含有量が少ないチョコレートに変えたり、高カカオチョコレートとミルクチョコレートを半分ずつ合わせたりするのがおすすめ。相手の好みに合わせて調節してくださいね。

 

スイーツの甘さを上品におさえ、よりヘルシーにすることができる栄養たっぷりの高カカオチョコレート。ビターテイストに相手をいたわる優しさと愛情を込めてた手づくりスイーツを、今年のバレンタイーンは贈ってみてはいかがでしょうか。もちろん、女性同士で楽しんでもOK!

 

 

 
 

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】

>> 働く女子のバレンタイン事情は?「あげる」だけじゃない、一味違ったムフフな楽しみ方4つ

>> 【レシピ】ダイエット中でも安心!ヘルシーな米粉のクレープレシピ2選

 
 

99%痩せる!話題の酵素ダイエット

 
 

99%痩せる!話題の酵素ダイエット

「ダイエット」最新記事

注目の記事

Facebook

ベルタカフェライター

このエントリーをはてなブックマークに追加
妊娠したいと思ったら