ダイエット・美肌・美髪に効く!万能「ココナッツオイル」の効能と使い方まとめ | ベルタカフェ

ダイエット・美肌・美髪に効く!万能「ココナッツオイル」の効能と使い方まとめ

ダイエット・美肌・美髪に効く!万能「ココナッツオイル」の効能と使い方まとめ

ダイエットにスキンケア、ヘアケアにまで活用できる美容の万能選手「ココナッツオイル」。試したことはあっても、使いこなしている人は少ないかもしれません。
 
ココナッツオイルひとつ持っておけば、一日中、さまざまなシーンで全身の美活に役立ちますよ! 効能とシーン別活用法をたっぷりご紹介します。
 
 

ココナッツオイルの効能

ココナッツオイルの効能
ココナッツオイルとは、ココヤシの実からつくられる天然の油脂のこと。温度が低いと半固体状に、温めると液体状になります。栄養素が豊富で、次のような美容・健康効果が期待できます。
 

ダイエット効果

ココナッツオイルは油なのにどうしてダイエット効果が高いの? と疑問に思っている人も多いのでは? その秘密は“脂肪酸の種類”にあります。
 
一般的な油に含まれる「長鎖脂肪酸」と異なり、ココナッツオイルはサイズの小さい「中鎖脂肪酸」が豊富。長鎖脂肪酸よりもやや低カロリーで、素早くエネルギーとして消費される性質があります。体脂肪として体内に溜め込まれにくく、豊富な栄養素との相乗効果で代謝をアップさせやすいオイルです。
 

美肌・美髪効果

ココナッツオイルに含まれるビタミンEは、老化の原因の1つ“酸化”を防ぎ、シミやたるみを予防・改善してくれます。直接肌や髪につけることで、乾燥を予防し、肌の潤いキープや髪の広がり防止にも。紫外線をカットする性質があるため、油やけを気にするどころか、外出する際に日焼け止め代わりとして肌や髪に使用できます。
 

むくみや便秘の予防・改善効果

ココナッツオイルにはビタミンEやカリウム、食物繊維も豊富。これらは体内に水分や塩分を溜め込まずに排出するはたらきをサポート。むくみを予防・改善してくれます。また、食物繊維と脂質には、腸内のすべりとはたらきを助けて便通を促す効果が期待できます。
 
 

シーン別・ココナッツオイルの活用法

朝:ココナッツ・フレーバーコーヒーで代謝アップ

朝:ココナッツ・フレーバーコーヒーで代謝アップ
脂肪燃焼作用のあるコーヒーとの相乗効果でシャキッと目覚め、代謝をアップさせる「ココナッツオイルコーヒー」は、ダイエット中の朝食におすすめ。ココナッツオイルを大さじ1杯ほど入れると、マイルドなフレーバー風コーヒーになり、美味しくいただけます。
 
油は水に溶けないため、“よくかき混ぜる”ことが大切。ミキサーやフォーマーで混ぜると乳化してカプチーノ風になりますよ。乳化させると吸収されやすくなり、代謝アップ効果が高まります。
 

ランチ:ココナッツオイルで調理したお弁当を

調理に使うサラダ油をココナッツオイルに変えれば、いつもの食事が“代謝アップメニュー”に。外食メニューやコンビニ・スーパーのお惣菜は、美味しくするために多くの調味料や油を使うため、高カロリーになりがち。ココナッツオイルで調理したお弁当を持参して、低カロリーで美容成分豊富なランチにしちゃいましょう。
 

夕方:入浴のお供に

夕方:入浴のお供に
脂肪酸のサイズが小さいココナッツオイルは、肌や髪に浸透しやすいのが特徴。スクラブや髪のパック、マッサージオイルにもぴったりです。
 

<ボディスクラブ編>

砂糖や塩と混ぜ合わせます。砂糖の場合はオイル:砂糖=1:1、塩の場合はオイル:塩=1:2の割合が目安。ざらざらスクラブ、しっとりスクラブなど、好みに応じて調節してください。

 
 

<髪パック編>

  1. 傷んだ部分を中心に頭皮にもオイルをしっかりなじませます

  2. タオルで巻いて15分ほどおきます

  3. 洗い流し、いつも通りシャンプー&コンディショナーをします

 

<ボディマッサージ編>

むくみが気になる日や疲れた日は、ココナッツオイルをたっぷり使ってボディマッサージを。足先から上半身に向かって、下から上にマッサージすると疲労物質や老廃物を排出しやすくなりますよ。

 

夜:おやすみ前のスキンケア&ヘアケア&オイルプリングに

夜:おやすみ前のスキンケア&ヘアケア&オイルプリングに
オイルをそのまま塗るとベタつくため、お風呂で洗い流さない場合はいつも使っている美容液やトリートメントに合わせましょう。より保湿効果が高いスキンケア&ヘアケアになります。
 
また、ココナッツオイルをそのまま口に含み、クチュクチュとうがいをする「オイルプリング」もおすすめ。口腔内の殺菌・口臭やほうれい線の予防・改善効果が期待できます。
 
 

美活に活用する際の注意点

摂りすぎは禁物

ダイエット効果や美肌効果があるとはいえ、摂りすぎは逆効果。飲み物や食べ物で摂取する場合は、1日「大さじ2杯」程度が目安です。
 

肌や体質に合うかをチェック

体調や体質によっては、湿疹などのアレルギー反応や、下痢などの不調を招く可能性があります。いきなり大量に摂取したり、塗り込んだりせず、少量からはじめて体調を確認してくださいね。
 

用途や成分に注意

購入できるココナッツオイルは、食用や化粧品等、用途によってさまざま。食べるのか、肌に乗せるのか、など用途に応じて選びましょう。また、化学成分や食品添加物が気になる場合は、オーガニック認証を受けているものを選ぶことをおすすめします。
 

最後に

ココナッツオイルは食べてもよし、塗ってもよしの万能選手。シーンや効能に応じて使いこなせば、全身をしっとり・シェイプアップさせることが可能です。アンチエイジング効果抜群なので、ぜひ欲しい効果や体調によって使い分けてくださいね。
 
 

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】

>> 頭皮のオイルクレンジング&マッサージ!ホホバオイルにオリーブオイルでさらさらの美髪へ

>> 海外セレブも夢中!話題のビーガン料理で、体の内側からキレイになれるダイエット

 
99%痩せる!話題の酵素ダイエット
 
 

99%痩せる!話題の酵素ダイエット

「ダイエット」最新記事

注目の記事

Facebook

ベルタカフェライター

このエントリーをはてなブックマークに追加
ベルタプエラリア