【1日3分】「肩甲骨ストレッチ」でバストアップ&代謝アップ! | ベルタカフェ

【1日3分】「肩甲骨ストレッチ」でバストアップ&代謝アップ!

【1日3分】「肩甲骨ストレッチ」でバストアップ&代謝アップ!

「気づいたら猫背になっている」「よく肩がこる」「肩を回すと、背中がバキバキする」
 
これらは肩や背中、特に肩甲骨まわりがこり固まっているサイン。放っておくと、冷えや代謝の低下を招き、バストラインが崩れやすくなってしまいます。
 
そんな場合は、こり固まった肩甲骨まわりをほぐす「肩甲骨ストレッチ」で、代謝アップ&バストアップしちゃいましょう。
 
 

肩甲骨まわりは美の要

肩甲骨まわりは美の要
首や肩、背中の上部にかけての部分(肩甲骨まわり)には、上半身を支えて姿勢を維持するための筋肉がたくさんあります。
また、体温を上昇させたり、脂肪を燃焼させたりする褐色脂肪細胞が多く存在しています。
 
肩甲骨まわりには、美しい姿勢やバストラインを維持したり、代謝をアップさせたりするのに重要な筋肉や脂肪が集まっているのです。
 
 

「肩甲骨ストレッチ」のバストアップ効果

「肩甲骨ストレッチ」のバストアップ効果
肩甲骨まわりのストレッチには、次のような効果が期待できます。
 

バストに栄養が届きやすくなる

こり固まった筋肉をほぐすことで、血液やリンパ液の循環がスムーズになります。すると、酸素や栄養素、女性ホルモンが隅々まで行き渡るようになり、バストが育ちやすくなります。
 

バストの代謝がよくなる

体液循環がスムーズになって栄養状態が良くなると、新陳代謝が促進されます。老化によってバストが下がってくるのを防ぎ、弾力のある若々しい状態へと整えやすくなります。
 

バストが持ち上がる

猫背で肩が内側に入り、前屈みの状態になると、バストも一緒に垂れ下がってしまいます。
 
バストアップには姿勢の改善も不可欠。肩甲骨まわりの筋肉をしなやかにして姿勢を正すことで、バストを上向きにし、キュッと引き上げる効果が期待できます。
 
 

1回3分!「肩甲骨ストレッチ」のやり方

肩甲骨まわりのこり固まりをほぐす、肩甲骨ストレッチを実践してみましょう。
 
今回は、ヨガマットや広い空間がなくても手軽にできるやり方を3つご紹介します。すべておこなっても3分程度。毎日続けやすいですよ!
 
筆者はデスクワークの合間によくおこないます。とっても気持ち良いので、リフレッシュにも役立ちますよ。それでは一緒にやってみましょう!
 

前に伸ばすストレッチ

前に伸ばすストレッチ

  1. 両手の指を前で組む

  2. 背中をなるべく動かさず、肩甲骨をぐっと前に伸ばすイメージで、息を吐きながら3〜5秒かけて両腕を前に伸ばす
    ※手先ではなく、肩甲骨を伸ばすよう意識しましょう

  3. 息を吸いながら3〜5秒かけて脱力し、1の姿勢に戻る

  4. 1〜3を、3〜5回繰り返す

 

後ろに伸ばすストレッチ

後ろに伸ばすストレッチ

  1. 両手の指を後ろで組む

  2. 肩甲骨を寄せ、息を吐きながら3〜5秒かけて両手を上方向に上げる

  3. 息を吸いながら3〜5秒かけて脱力し、両手を元の位置に戻す

  4. 1〜3を、3〜5回繰り返す

 

ぐるぐる回すストレッチ

ぐるぐる回すストレッチ

  1. 右手を右肩に、左手を左肩に乗せる

  2. できるだけ大きく、遠くに動かすように意識して、ゆっくり肩を回す(内回し・外回しを各10回ずつ)

 
 

最後に

肩甲骨まわりがほぐれ、ぽかぽかと温まってきませんか? これはめぐりがよく、代謝がアップしているサイン。渋滞していた体液がスムーズに流れるようになると、バストアップ効果だけでなく、肩こりや、顔・デコルテのむくみを予防・改善する効果が期待できます。
 
ぜひ、バストアップしやすいカラダ作りに役立ててくださいね。
 
 

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】

>> 温泉ビューティソムリエに聞く、お風呂でできる簡単バストマッサージ3つ

>> 小さい胸も簡単バストアップ!美バストのカギを握る「バージスライン」を育てる方法3つ

 
女子力UP↑極上プエラリアサプリ
 
 

女子力UP↑極上プエラリアサプリ

「バストアップ」最新記事

注目の記事

Facebook

ベルタカフェライター

このエントリーをはてなブックマークに追加
ベルタ葉酸サプリ ベルタマザークリーム