失恋は成長のチャンス!するなら本気の恋で失恋を! | ベルタカフェ

失恋は成長のチャンス!するなら本気の恋で失恋を!

30年ほど生きていると、色々な恋を経験し、見たり聞いたりするもので、「よく頑張った!」と声をかけてあげたくなるものもあれば、「えっ…そんな別れ方って有りなの?」と思うものまで様々。そんな中から学んだ、”失恋は成長のチャンス”という、失恋が持つプラスな面をご紹介します。

失恋から得られるポイント2つ

まず前提として、失恋というのは次の恋をするためにあるとします。新しい男の人と出会ったり、新しい男の人を好きになったり、親密な関係になったり。恋は、そんな”新しい”を繰り返すものですが、失恋をするということは、次の”新しい”を手に入れるチャンスだとまず思うことです。

では、こうして恋を重ねることにどんなプラスがあるのでしょうか?

新しい価値観に出会える

男性によって趣味や特技、デートコース、住んでいる場所が異なりますので、付き合う相手が変わることによって違った価値観に出会えます。例えばサッカー好きな彼であれば、サッカー観戦に一緒に行けたり、ゴルフが好きな彼であればゴルフのことを教えてもらったり、家でごはんを作るのが好きな彼であれば料理を一緒にしたりと、相手の趣味によって、楽しみ方や時間の使い方が変わります。

 

ワインや料理をどこかのスクールや教室でお稽古ごととして学ぶことももちろん良いのですが、恋人から学ぶことでより詳しく熱く教えてもらうことができます。また、楽しみ方を教えてくれる上、わからないことにはいつでも答えてくれるプライベートの先生、といった感じでしょうか?

 

恋が終わったことで、また新しい趣味を持つ彼と出会える可能性があるので、失恋は世界を広げるチャンス。女優の佐藤藍子さんは、乗馬が好きで、乗馬を習いに行った先の先生と恋に落ちて結婚したそうです。「興味がある!」と思った分野で、次の相手を捜すことは、趣味もパートナーも見つけられる良いチャンスです!

人の悪い面を反面教師としてとらえよう

パートナーとは、多くの時間を共にし、友達にも話せない悩みを相談するなど、深い関係になる相手です。そんな関係だからこそ、他の人の前では見せない相手の一面を見ることも多々あります。

 

特に仕事に力を入れている男性ほど恋人といる時にはリラックスして甘えたり、だらけた姿になったりするもの。良くも悪くも気を使わない関係になっている相手だからこそ、良い面、悪い面の両方を見ることができます。

 

自分の悪い面というのは、なかなか気づきにくいものですが、相手の悪い所というのは不思議と気づきやすいものです。それを反面教師にすることで人として成長することができます。パートナーに過去にされた嫌な出来事を思い出して、「自分も無意識の内に同じことをしてしまっているのでは?」と考えると、意外と当てはまることがありませんか?そこを改善することで、次の恋をうまく行かせることにつながるかもしれません。

最も大切なことは、真剣に向き合うこと

今回紹介したポイントは、真剣に向き合った相手だからこそできることです。「なんとなく付き合ってみたけれど合わなかった」といった軽い恋愛は、相手をじっくりと知ろうとする気持ちもなければ、相手から趣味や人間性を学ぶ時間もありません。それは相手にも失礼ですし、自分にとっても時間の無駄になってしまうのではないでしょうか?

自分が好きになった相手なら真剣に向き合うことができますが、相手がアプローチしてくれた場合は、せめて相手のことを本気で知ろうとしてこそ、共に過ごす時間が活かされそうです。

まとめ

本気で好きになって時間をかけた相手だからこそ、失恋しても涙を流す価値があり、次に良い恋をする力になるというもの。

本気の恋と、そうではない恋とは何が違うの?と考えてみると、失恋して別れた後でも、例えひどい別れ方だったとしても、「この人と一緒に過ごした時間、そのものは決して無駄ではなかった」「自分にとって大切な時間だった」と思えるなら、真剣に向き合えていたのだと思います。

失恋をしないと、次のもっと良い相手にも出会えないんだなと思うと、失恋期間も、なんだか少し頑張れそうじゃないですか?
 
妊娠したいママはもう飲んでます!
 
 

妊娠したいと思ったら

「不妊・妊活」最新記事

注目の記事

Facebook

ベルタカフェライター

このエントリーをはてなブックマークに追加
ベルタ葉酸サプリ ベルタマザークリーム