帝王切開は痛みがなくラク?赤ちゃんは障害児になる?帝王切開にまつわる噂の本当のところ | ベルタカフェ

帝王切開は痛みがなくラク?赤ちゃんは障害児になる?帝王切開にまつわる噂の本当のところ

帝王切開は痛みがなくラク?赤ちゃんは障害児になる?帝王切開にまつわる噂の本当のところ

待望の赤ちゃんとの対面を果たす“出産”。経膣分娩が一般的ですが、帝王切開で産む人も増えています。
 
緊急や出産予定日直前に帝王切開が決まった場合、おなかを切ることへの恐怖、自然に産めない悲しみ、そして、「帝王切開で生まれた子は弱い」などの噂に対する不安で待ち望んでいたはずの出産が一転し、なかには精神的に落ち込んでしまう妊婦さんもいるとのこと。
 
でもね、帝王切開でも経膣分娩でも、産まれてくる子どもに変わりはありません。
 
かつて二度の帝王切開を経験し、同じように悩み苦しんだ過去を持つ筆者が、「帝王切開にまつわる噂」についてお話します。
 
 
<5つの噂>

  1. 帝王切開はラク?
  2. 知らないうちに赤ちゃんが生まれている?
  3. 母親の自覚が芽生えない?
  4. 膣を通らない子は弱い?
  5. 障害のある子が産まれやすい?

 
 

噂1. 帝王切開はラク?

帝王切開はラク?
帝王切開は、陣痛や破水がくる前にお腹を切り開いて赤ちゃんを取り出す外科的手術です。そのことから、
 
「産みの苦しみを知らない」
「ラクに産める」
 
などと言われることもありますが、背中に打つ脊椎麻酔硬膜外麻酔傷口の痛みなど、わが子を産むことで味わう痛みはいろいろあります。
 
手術のため、出産後しばらくは水分さえも取れず、その後の食事も経過をみながら少しずつ固形物になっていくので、美味しい食事も当分おあずけ。子宮収縮剤の注射や点滴、切った子宮の後陣痛などもあり、決してラクではありません。
 
産む瞬間の痛みはありませんが、“赤ちゃんを産む”行為にともなうつらさは、帝王切開でも同じ。それらに耐えながら新米ママをはじめるわけですから、帝王切開でも経膣分娩でも、偉業を成し遂げることに変わりはありません。
 
 

噂2. 知らないうちに赤ちゃんが生まれている?

知らないうちに赤ちゃんが生まれている?
状況によって全身麻酔になった場合は、知らないうちに赤ちゃんが産まれている状況もあり得ます。でも、ほとんどの場合は胃のあたりから下だけに麻酔をかけるので、意識はしっかりしています。そのため、先生の話し声や器具の音が聞こえ、手術の進行状況はおおむねわかります。先生によっては、声をかけてくれることも。
 
また、麻酔で痛みこそないものの、内臓を引っ張られるような感触があるので、出産が始まったことも感じられます。赤ちゃんの産声もしっかりと聞くことができますし、看護婦さんが見える位置まで赤ちゃんを連れてきてくれるので対面もできますよ。
 
すぐに抱っこはできませんが、私のときは「あかちゃんのほっぺにチュしてあげて」と、顔に近づけてくれました。
 
 

噂3. 母親の自覚が芽生えない?

母親の自覚が芽生えない?
「痛みに耐えてこそ母親」といった精神論からか、
 
「出産自体の痛みを経験しない帝王切開では母親の自覚が芽生えにくい」
 
という噂もあります。しかし、前述のとおり帝王切開でも痛みは味わいますし、そもそも痛みと自覚が比例するといった科学的根拠もありません。
 
10ヵ月近くの間、おなかの中で一つの命を大切に育んできたのですから、その時点で母親としての自覚はしっかり育っていますよね。出産スタイルは関係ありません。
 
 

噂4. 膣を通らない子は弱い?

膣を通らない子は弱い?
経膣分娩で産道を通るとき、赤ちゃんはお母さんの大腸菌などを自身の体に取り込むといわれています。帝王切開ではそのようなプロセスがないため
 
「弱い子になる」
 
といわれますが、授乳やお母さんとの接触からも体に必要な菌を取り込めるので、産みかたで体の強さが決まることはありません。
 
また、帝王切開では出産後すぐに呼吸状態のチェックなど必要な処置をおこなってくれるので、産まれてくる過程の違いで後の成長に影響が出るようなこともありませんよ。
 
 

噂5. 障害のある子が産まれやすい?

障害のある子が産まれやすい?
「自然に産まれる前におなかから出してしまうから障害のある子になる」
 
「産道を通っていないから我慢強い子にはならない」
 
これらも根拠はありません。
障害には遺伝やDNAの変異などさまざまな原因があり、帝王切開で産んだことが原因となって発症するものではありません。また、我慢強さは持って生まれた性格や育った環境が影響し、産道を通ったか通らなかったかだけで決まるものではないのです。
 
 

“出産”は、お母さんにしかできない素晴らしいこと

“出産”は、お母さんにしかできない素晴らしいこと
自然に産めなかったことで「母親失格」などと感じてしまうお母さんもいるかもしれません。子どもに何かがあったとき「帝王切開だったからだ」と自分を責めてしまうお母さんも。
 
でも、出産方法だけで子どもの性格や育児が変わるということはありません。出産スタイルが多様化している昨今、無痛分娩や痛みを和らげる方法で産む選択をするお母さんだっています。どんな出産方法であっても、命をかけて全力で赤ちゃんを産むことに変わりはないのです。
 
新しい命をこの世に送り出す“出産”は、お母さんにしかできない素晴らしいこと。スタイルにとらわれず、噂にも惑わされず、自信をもってその日を迎えましょう。
 
 

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】

>> 帝王切開になるのはどんな時?理由と方法を知って、慌てない心構えをしておこう

>> 妊活・妊娠中のストレスを上手く解消する心得をママになる前に知っておこう

 
妊娠中のママとパパのためのサプリ
 
 

妊娠したいと思ったら

「妊娠・出産」最新記事

注目の記事

Facebook

ベルタカフェライター

このエントリーをはてなブックマークに追加
ベルタ酵素