女性の7割が悩んでいる!?くせ毛、猫っ毛の髪の悩みを魅力に変える対処法4つ | ベルタカフェ

女性の7割が悩んでいる!?くせ毛、猫っ毛の髪の悩みを魅力に変える対処法4つ

女性の7割が悩んでいる!?くせ毛、猫っ毛の髪の悩みを魅力に変える対処法4つ

“女の命”と言われる「髪」。女性らしい豊かなヘアスタイルに憧れも持つ方も多いのでは? ただ、くせ毛や猫っ毛タイプの髪質の場合、ボリュームが出にくかったり、髪型がうまく決まらなかったり……と、その扱いにくさには悩ましいものがあります。
 
株式会社バイオテックが2005年に180名の女性に街頭インタビューをおこなったところ、75%が「髪、頭皮について悩んでいる」と回答。1位(26%)が「ハリ・ツヤ」、2位(21%)が「ボリュームが少ない」と、くせ毛、猫っ毛など髪が柔らかい人特有の問題が目立ちました。
 
多くの女性にとって他人事ではない「柔らかい髪」の悩み。今回は、柔らかい髪をしなやかに扱いやすくする方法を4つお伝えします。
 
 

そもそも、「くせ毛」「猫っ毛」とは?

「くせ毛」「猫っ毛」
髪の毛は、大きく分けて下の3つの層からできています。
 

髪の基本構造

  • ・一番外側…キューティクル

  • ・中間部…コルテックス

  • ・中心部…メデュラ

 
なかでも、髪の90%近くを占めるとされるのがコルテックス。そして、コルテックスの主成分は繊維状のタンパク質です。髪質の硬い人は、コルテックス内のタンパク質の密度が高めとされています。
 

「くせ毛」「猫っ毛」とコルテックスの関係

髪がうねってしまうくせ毛は、コルテックス内のタンパク質の分布が不均一なことが原因です。
 
一方、毛髪の太さが約0.06mm以下程度(日本人女性の平均約0,08mm)とされる猫っ毛は、コルテックス内のタンパク質の量が少ないことが原因。また、コルテックスの密度が低いと、ハリやコシがなくなり、パーマなどもかかりにくくなってしまいます。
 
 

遺伝だけじゃない!後天的な理由で髪質が柔らかくなることも

どうやら、髪質が柔らかい人特有の髪の悩みとコルテックスは切ってもきれない関係にあるよう。
 
そして、コルテックス内のタンパク質や密度は、遺伝のため人によって生まれつき違いがあるのも事実です。ただ、栄養不足やストレス、カラーリングなどによるダメージや毛穴の詰まりにより、毛髪内のコルテックス(タンパク質)の状態が乱れることで、後天的に髪が柔らかくなってしまうこともあります。
 
 

柔らかい髪質を改善する4つの方法を伝授!

自分は生まれつきくせ毛・猫っ毛と思っている方のなかには、もしかしたら後天的な理由で柔らかくなった場合も多いのかもしれません。また、生まれつき髪が柔らかい場合も、生活習慣の影響でさらにハリを失ってしまうのは避けたいところ。
 
そこで、毎日の心がけで、柔らかい髪質を扱いやすく改善するお手軽な方法を4つご紹介します。
 

改善法1:就寝時間や食事など、日常生活を見直す

就寝時間や食事など、日常生活を見直す
コルテックス内のタンパク質の乱れには、生活習慣の乱れも影響します。一見遠回りのようにも思えますが、日常生活の見直しこそが、しなやかで健康的な髪に到達する近道です。
 
とはいえ、仕事にプライベートに忙しい現代女性。次のようなちょっとしたことから注意してみましょう。
 

  • ランチは“一汁三菜”の和食
    健康的な毛髪をつくるために欠かせない、タンパク質・ビタミンB・亜鉛などをとるために、ランチは“一汁三菜”の和食などバランスのいい食事をとるようにする
  •  

  • 深夜2時には就寝
    成長ホルモンの分泌がピークとなる深夜2時には遅くとも就寝するようにする

 
 

改善法2:「塩シャンプー」を試す

「塩シャンプー」を試す
後天的な理由でも髪質が柔らかくなってしまうことはすでにお話ししましたが、そこまで強いダメージを受けた髪を復活させるカンフル材があります。その方法とは、塩を使ってシャンプーする、「塩シャンプー」。
 
頭部には頭皮のケアをしたり、免疫力を高めたりする役割を持つ「常在菌」が存在します。市販のシャンプーだと洗浄力が強い分、常在菌も一部洗い流してしまうことがあります。ダメージヘアの場合ならなおさら、常在菌はできるだけ残しておきたいところ。この点、シンプルな塩シャンプーなら、常在菌もそのまま残して洗髪することができます。
 

<塩シャンプーのやり方>

  1. ぬるま湯を半分ほど溜めた洗面器に食塩を大さじ1杯分入れてよく混ぜる

  2. (1)を、頭皮全体や髪の毛にマッサージしながら染み込ませるようにつける

  3. シャワーでしっかり洗い流す

 
最初は十分に汚れが落ちていかるか不安になるかもしれませんが、まずは週末だけトライしてみるといいでしょう。
 
 

改善法3:「タオルドライ+洗い流さないトリートメント」の合わせ技にトライ

タオルドライ+洗い流さないトリートメント
ドライヤーを使うと、どうしても髪は少し傷んでしまいます。さらに、くせ毛や猫っ毛を直そうとして無理にブローするとダメージは激しくなるもの。
 
最近、髪の柔らかさがあまりにも気になる……という場合は、ドライヤーの前に根元から毛先までしっかりタオルドライしましょう。また、洗髪後の洗い流さないトリートメントの効果は絶大。地道に使い続けることで髪をケアし、しなやかな状態に確実に導きます。
 
 

改善法4:「外国人風“こなれ”ヘア」にチャレンジ

外国人風“こなれ”ヘア
最後に、くせ毛や猫っ毛の人におすすめな髪型をお伝えします。それは、外国の少年のようなニュアンスあるショートorボブスタイル
 
通常、髪の毛は長くなればなるほど重力に沿ってペタンとしてしまいますが、ショートからボブまでの髪の長さであれば、カット次第でボリュームも演出可能です。しかも、もともとの髪のくせや、細く繊細な髪質を活かせば、ボーイッシュなだけではない“こなれ”感まで醸し出せます。
 
ちなみに、柔らかい髪質の場合、ワックススプレーなどをしても重さに負けて、すぐへたってしまうという声もよく聞かれます。それを防ぐために、スタイリング材はできるだけ髪の根元に付けるようにしましょう。
 
 

まとめ

思ったよりも多くの女性が悩んでいる、柔らかな髪質特有の悩み。日々ちょっとしたことに気をつければ、しなやかで扱いやすい髪に近づけます。今回ご紹介した4つの改善法、ぜひ毎日の生活のなかに取り入れてみてくださいね。
 
 

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】

>> 剛毛・直毛の髪質の原因は◯◯!ゴワゴワ髪を脱却して柔らかい美髪になる方法4つ

>> 切れ毛の原因は◯◯!パサパサ髪を卒業して美髪を育てる方法4つ

 
女性の薄毛や抜け毛はこの育毛剤!
 
 

女性の薄毛や抜け毛はこの育毛剤!

「育毛・頭皮ケア」最新記事

注目の記事

Facebook

ベルタカフェライター

このエントリーをはてなブックマークに追加
妊娠したいと思ったら