会陰切開の痛みはどのくらい?出産時のメリットや体験談、痛み軽減法【まとめ】 | ベルタカフェ

会陰切開の痛みはどのくらい?出産時のメリットや体験談、痛み軽減法【まとめ】

会陰切開の痛みはどのくらい?出産時のメリットや体験談、痛み軽減法【まとめ】

出産を間近に控えた妊婦さんの多くが不安に感じている「会陰切開」。以前「会陰切開をしないで出産を迎える方法」をご紹介しましたが、出産時の状況や産院の方針で、切らざるを得ない妊婦さんもいることと思います。
 
「縫うときのほうが痛い」「しばらくは座ることさえ苦痛だった」などネガティブな話をよく耳にしますが、実際はどうなのか? 少しでも痛みを軽減できる方法はないのか? など、会陰切開に向けた心構えや、術後にできる痛み軽減策についてお話します。
 
 

 
 

会陰切開はなぜするの?

赤ちゃんが生まれてくるとき、出口が広がるように膣と肛門の間の“会陰(えいん)”が薄く伸びます。
 
とはいえ、会陰は時間をかけてゆっくりゆるんでいくので、伸びきる前に赤ちゃんが出てくると裂けてしまうこともあります。すると、切れたところがギザギザになって縫い合わせが困難になったり、肛門まで裂けてしまったりと、出産後の生活に支障が出てしまうことも。
 
そのような状況を避けるため、赤ちゃんの頭が出てきたタイミングで、あらかじめ会陰を切って広げておくのが「会陰切開」です。
 
 

2種類の会陰切開 メリット・デメリット

2種類の会陰切開 メリット・デメリット
会陰切開には大きく分けて2つあります。それぞれの切りかたとメリット・デメリットをみていきましょう。

【正中切開(垂直切開)】

切りかた:膣から肛門に向かって真っすぐ切開する

メリット:痛みが少なく、きれいに治りやすい

デメリット:出産時に傷が延長して、肛門まで裂けることがある
 

【正中側切開・側切開】

切りかた:正面切開より少し横(5時もしくは7時の方向)、もしくは真横に近いあたり(4時もしくは8時の方向)を切開する

メリット:延長して裂けるリスクが低い

デメリット:縫い合わせ後に違和感が残ることもある
 
 
どちらの方法を用いるかは主治医によりますが、肛門まで裂けるリスクを回避するために、正中側切開、もしくは側切開を選ぶ産院が多いようです。
 
 

会陰切開の処置の手順は?

出産がはじまると、裂けるのを防ぐために医師がカーゼなどで会陰を保護してくれますが、赤ちゃんの頭がのぞいたとき、必要に応じて切開します。
 
局部麻酔を施し、先の丸くなっているはさみで2~4センチほどパツッと切開します。産まれた後は、溶ける糸を使って切ったところを縫い合わせます。
 
 

会陰切開はどんな風に痛いの?

会陰切開はどんな風に痛いの?
麻酔をしてから切開をするため、本来痛みはありません。ただ、麻酔自体が痛いと感じるお母さんも多いようです。また、産後の縫い合わせ時もまだ麻酔が効いているのですが、効力が弱まっていたり、陣痛が収まって縫合に意識が向いてしまうことで痛みを感じる場合も。麻酔は必要であれば追加してもらえるので、痛みが強いようなら執刀医や看護師に申しでましょう。
 
切開した会陰が完治するまでは、だいたい1ヶ月ほど。切っているので多少の痛みは仕方ありませんが、強い痛みは2~3日ほどで落ち着く人が多いようです。
 
なお、縫い合わせた場所がひきつれていつまでも痛みが続く場合などは、溶ける糸を使用していても溶けるのを待たずに抜糸したり、鎮痛剤を処方してもらったりすることもできるので、我慢せず主治医に相談しましょうね。
 
 

経産婦さんに聞いた!会陰切開のホントのところ

実際に会陰切開をして出産した先輩ママたちはどうだったのでしょうか? 筆者のまわりで感想を聞いてみました。

  • 会陰をとるか、陣痛をとるか……
    バースプランで「会陰切開はしない」とお願いしていたのですが、陣痛の痛みに耐えられず、みずから切開してもらうようお願いしました。会陰が伸びるのを待つには、その間、陣痛の痛みに耐えなければいけません。どちらをとるか、究極の選択です(笑)

  • 日常生活に支障なし!
    麻酔、切開とも、陣痛の痛みにまぎれてまったく感じませんでした。「ぷちっ」と聞こえて切開したことに気づいたくらい。術後はしばらく痛みがありましたが、退院するころには日常生活で支障は感じませんでしたよ。

  • 上の子の世話があり、痛みが長引きました
    上の子がいたので、退院後も動きまわってしまい痛みが長引きました。産院で痛み止めの座薬をいただいたらラクになりました。

 

痛みの度合いや感じ方は個人差も大きいといいます。でも、出産中は陣痛の痛みや麻酔の効果であまり痛みを感じない様子。術後も負担をかけないように過ごせば、痛みを和らげることができるようですね。
 
それでは、術後にできる痛み軽減方法についてみていきましょう。
 
 

術後にできる痛み軽減策5つ

術後にできる痛み軽減策5つ

刺激を与えない

ドーナツクッション産褥いすを利用して、傷口に刺激を与えないようにしましょう。
 

清潔にする

おしっこがしみたり、拭くときに痛かったりと、トイレにまつわる痛みがある人も多い様子。消毒をする、ウォシュレットを使うなどして、清潔に保ちましょう。優しくおさえるように拭けば、痛みを感じにくいそうです。
 

休めるときは安静にする

歩くときの摩擦で痛みを感じる人もいます。また、動き回るとそれだけ負担がかかるので、休めるときには横になり傷口に刺激を与えないようにしましょう。
 

痛み止めを服用する

赤ちゃんのお世話がはじまり、体力も必要なとき。薬も上手に取り入れて、ムリのないように過ごしましょう。産院で処方してもらう鎮痛剤は母乳に影響がないので、用法・用量を守れば心配いりません。
 

抜糸をする

溶ける糸を使っていても、ひきつれて痛みが長引くようならはやめに抜糸をすることがあります。主治医と相談しましょう。
 
 

会陰切開はお母さんと赤ちゃんを守るために必要な処置

最後に
会陰切開はお母さんと赤ちゃん、両方を守るための処置でもあります。多少の痛みはともないますが、和らげる方法もあるので心配しすぎることはありません。事前に会陰マッサージをしておく、主治医とよく相談しておくなど、必要以上に怖がらないで出産を迎えらえる備えをしておくといいですね。
 
 

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】

>>生まれたての赤ちゃんを守る「ドライテクニック」と沐浴の仕方を出産前に知っておこう

>>陣痛の痛みにさようなら!催眠出産法「ヒプノバーシング」で不安のない自然な出産を

 
妊娠中のママとパパのためのサプリ
 
 

妊娠したいと思ったら

「妊娠・出産」最新記事

注目の記事

Facebook

ベルタカフェライター

このエントリーをはてなブックマークに追加
妊娠したいと思ったら