待望の赤ちゃんを迎えるために。妊娠前に済ませておきたい検査や治療 | ベルタカフェ

待望の赤ちゃんを迎えるために。妊娠前に済ませておきたい検査や治療

待望の赤ちゃんを迎えるために。妊娠前に済ませておきたい検査や治療

妊娠中は、体力の低下で感染症にかかりやすくなったり、症状が重症化しやすい時期
 
でも、薬の服用や治療はおなかの赤ちゃんに影響する心配があるため、受けづらくなってしまうことがあります。そのため、妊娠中は普段以上に気を配りながら生活することも大切です。できれば妊娠前に検査や治療を受け、予防や症状の改善をしておきましょう。
 
 

予防接種で防げる病気は妊娠前に

予防接種で防げる病気は妊娠前に
妊娠中の病気は赤ちゃんへの影響が心配されますが、なかには、予防接種で予防できるものもあります。ちなみに、感染した場合のリスクはそれぞれ以下の通り
 

風疹

胎盤を通しておなかの赤ちゃんも風疹ウィルスに感染し、心疾患や視角・聴覚障害、発達の遅れなどの症状を引き起こす“先天性風疹症候群”にかかる危険性が高まる。
 

麻しん(はしか)

免疫力の低下している妊娠中は重症化しやすく、肺炎、脳炎、心筋炎などをきたすことがあるほか、流産や早産を起こす可能性もある。
 

おたふく

成人の感染は重症化しやすく、妊婦さんの健康状態が悪化する心配がある。妊娠初期なら流産の可能性も
 

水ぼうそう

赤ちゃんの低体重や特徴的な障がいを発症する可能性がある。乳幼児期になって帯状疱疹を発症することも。
 
 
どれも小さいときに予防接種を推奨されていますが、生まれ年によっては接種していない場合も。予防接種を受けているか自分でわからなければ、医療機関で抗体の有無を調べてもらうこともできますよ。
 
なお、これらの予防接種には生きた細菌やウィルスの毒性を弱めた“生ワクチン”が使用されているため、妊娠していないことが条件となります。また、接種後2ヶ月間は避妊が必要です。
 
ご主人から感染する可能性もあるので、いっしょに抗体検査や予防接種を受けてもらいましょう。
 
 

妊娠前に受けておきたい検査や治療

妊娠前に受けておきたい検査や治療
病気以外にも、妊娠中には治療が困難だったり症状が悪化したりするものもあります。

歯科検診

妊娠中はホルモンバランスの崩れや栄養不足で歯のトラブルを起こしやすくなります。また、治療の際は長時間仰向けの姿勢になるので、おなかに負担がかかったり、動機や息切れにつながったりする可能性も。
 
麻酔やレントゲンが直接おなかの赤ちゃんに影響する心配は少ないそうですが、妊娠前に歯科検診を受け、虫歯などの治療は終わらせておいたほうが安心です。
 

巻き爪治療

妊娠中は急激に体重が増加するため、足にかかる負荷が大きくなります。また、おなかが大きくなることで歩く姿勢や力の入り方も変わってくるため、巻き爪になったり、今まで気にならない程度の巻き爪が悪化して化膿したりすることも。
 
おなかが大きくなると足の爪を切るだけでも一苦労。妊娠前にしっかりとケアをしておきましょう。市販の巻き爪矯正グッズなどもありますが、皮膚科を受診して治療してもらうのが一番の近道です。
 

痔の治療

今まで痔になっていなかった人でも、妊娠中は大きくなったおなかに肛門や直腸が圧迫されて血流が悪くなるため、発症することが多い症状のひとつです。
 
妊娠前すでに痔の症状がある場合は悪化の可能性があるので、治療しておいたほうが安心です。同時に、適度な運動や水分と食物繊維の摂取、血流を良くするなど、便秘やうっ血を防ぐライフスタイルを心がけましょう。
 

性感染症

カンジダやクラジミアなど膣まわりの病気は、子宮内膜炎卵管癒着を引き起こして妊娠の妨げになったり、出産時に赤ちゃんが産道を通る際に感染する恐れがあります。かゆみなどの症状が出ないものもあるので、念のため、一度婦人科で検査を受けておきましょう。
 
 

最後に

未来の赤ちゃんのために
妊娠中は体調の変化が著しく、また、おなかの赤ちゃんへの影響も心配になるため、ちょっとした不調も不安につながります。長い妊娠生活を安心して過ごすためにも、妊娠前に検査や治療を終えて、万全のコンディションで赤ちゃんを迎えましょう
 
 

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】

>> いつか赤ちゃんが欲しい人のために。妊活を考え出したらまずしておきたいこと5つ

>> 不妊の原因は夫かも!?男のプライドを傷つけずに男性不妊を検査する方法3つ

 
妊娠したいママはもう飲んでます!
 
 

妊娠したいと思ったら

「不妊・妊活」最新記事

注目の記事

Facebook

ベルタカフェライター

このエントリーをはてなブックマークに追加
妊娠したいと思ったら