妊娠したい人必見。基礎体温を安定させるためにできる改善法5つ | ベルタカフェ

妊娠したい人必見。基礎体温を安定させるためにできる改善法5つ

妊娠基礎体温を安定させる

「子どもが欲しい」と思った時に、まず「基礎体温を測る」ことから妊活をはじめるかたも多いのでは?
 
基礎体温のグラフには、妊娠できる状態かどうかをみるチェック表の役割もあるため、産婦人科などでも毎日の計測が推奨されています。そして、問題なのは、身体の状態によってはその基礎体温が乱れてしまうこと。
 
基礎体温を安定させるには、病院に行き医学の力に頼る方法もありますが、治療が必要な病気でければ、生活習慣を見直すことで改善させることもできます。今回は、日々の生活のなかでできる基礎体温を安定させる方法を5つご紹介します。
 
 

そもそも基礎体温とは?

そもそも基礎体温とは?
基礎体温とは、安静時の体温を指し、朝目覚めてすぐ測ったものが基本です。1ヶ月のなかで変動し、排卵を境に大きく「低温期」と「高温期」に分かれ、測り続けることでカラダのバランスが整っているかを確認できます。定期的に記録して乱れがあれば、排卵がなされていない可能性も。
 
ただ、通常の体温計と異なり、専用の基礎体温計は非常にデリーケート。「36.59」など小数点以下2桁までみるため、測り方を間違えると正しく計測できません
 

<基礎体温の測り方ポイント>

  • ・朝起きたら、ベッドからでて活動する前に測る

  • ・毎日同じ時間に測る

  • 口の中(舌の下)で測る

 
産婦人科医師の話によると、1〜2週間測っただけでは「安定していない」と感じる人が多いそうです。大切なのは1日ずつの差を見るのではなく、まずは3ヶ月を目標に測ってみること。表にして確認し、大きな流れをつかみましょう。
 
 

基礎体温が乱れる原因は?

基礎体温が乱れる原因は?
実際に基礎体温を測ってみると、「高温期がない」「グラフの線がガタガタしている」といった具合に不安定なことがあります。では、基礎体温が乱れる原因にはどのようなものがあるのでしょう?
 

  • 生殖機能の低下

  • ホルモンバランスの乱れ

  • 自律神経の乱れ

  • ・体内循環の悪化

  • ・胃腸機能の低下

 
こういった体内環境の悪化や乱れのほかにも、風邪を引いた、寝ているあいだ寒かった、測り方を間違えている、睡眠時間が5時間以下など、ささいな要因でも基礎体温の数値は変わってきます。あまり気にし過ぎるのもストレスになりよくありませんが、「なんだか基礎体温が安定していない気がする」というかたは、下記のことを試してみてください。
 
 

基礎体温を安定させる方法5つ

基礎体温を安定させる方法5つ

1. 質の良い睡眠をとる

睡眠不足は自律神経のやホルモンのバランスを崩してしまいます
 
睡眠時間を十分にとっていても「いくら寝ても寝足りない」「睡眠が浅い」と感じるかたは、その質に問題があるのかも。夜遅くまで起きていたり、ベッドの中でもスマホをいじったりしていると、深い眠りに入りづらくなるので注意しましょう。
 

2. 冷えを改善する

冷え性もまた、基礎体温が乱れる原因になります。
 
シャワーだけで済ませているかたや、生足や薄着で過ごすことが多いというかたは身体が冷えている可能性大。朝起きたら1杯のお白湯、足湯や半身浴などで身体を温めることを意識しましょう。
 

3. 適度な運動

適度な運動をおこなうことで筋肉量が増え基礎代謝も上がり、冷えにくい身体を作ることができます。
 
冷え性は男性よりも女性のほうが多いですが、筋肉量が少ないことも原因のひとつです。ヨガなら手軽にはじめられますし、身体への影響だけでなくストレスを解消することで心身のバランスを整えられるのでおすすめです。
 

4. 栄養バランスの良い食事を心がける

旬の食材を使い、栄養のバランスのとれた食事を心がけましょう。「高温期がこない」というかたは冷えが原因のこともあるので、カラダを冷やす食べ物を控えるようにしましょう。
 

5. 東洋医学の力を借りる

針、漢方など東洋医学の力を試してみる方法もあります。西洋医学に比べて東洋医学はカラダを総合的に見てケアするため、根本的なところで健康力を底上げすることができます。
 
 

最後に

基礎体温が安定しないというかたのなかには、排卵障害の可能性もあります。上記の項目を試すことで基礎体温の乱れが改善されることもありますが、子宮に異常がある場合には医師の治療が必要です。まずは3ヶ月基礎体温を測ってみて、不安に思ったかたは専門医に相談しましょう。
 
 

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】

>> 【まとめ】子宝神社に子宝草!赤ちゃんが欲しい人のための子宝ジンクス10選

>> 35歳からでも子どもは産める?高齢出産の基礎知識とリスク&対策

 
 

【PR】

▷妊娠にそなえ葉酸サプリで栄養補給
 
 

妊娠したいと思ったら

「不妊・妊活」最新記事

注目の記事

Facebook

ベルタカフェライター

このエントリーをはてなブックマークに追加
妊娠したいと思ったら