楽しく水分補給!デトックスウォーターのダイエット効果と作り方 | ベルタカフェ

楽しく水分補給!デトックスウォーターのダイエット効果と作り方

楽しく水分補給!デトックスウォーターのダイエット効果と作り方

水は味気ないから好きじゃない……という人はいませんか? 甘いジュースばかり飲んでいるともちろん太ってしまいますし、だからといって水を飲まなければ、代謝が落ちてそれこそ太りやすい体質になってしまいます。
 
そんな人におすすめなのが「デトックスウォーター」。
 
デトックスウォーターは、楽しみながら水分補給をすることでデトックス効果や代謝アップ効果が期待できる、ダイエットのお助けアイテムなんです。
 
今回は、そんなデトックスウォーターの魅力とダイエットへの活用法を、ローフードマイスターの齋藤志乃さんにうかがいました。
 
【今すぐ作りたい方はこちらからジャンプ!】

 
 
 

デトックスウォーターでオシャレなカフェ気分

デトックスウォーターでオシャレなカフェ気分
デトックスウォーターとは、お水に果物やハーブ、スパイスをつけ込み味や香りを移したもの。水に抽出することで、ダイエット効果を高める栄養素をいっしょに摂取することが可能なんです。そして、最大の魅力は『水を美味しく飲める』ことなんですよ」
 
デトックスウォーターは、かわいいジャーに材料を入れて作るのがブーム。まるでカフェにいるような気分を味わうことができます。おいしく水を飲めるだけでなく、見た目のオシャレさも注目度が高い理由のひとつなんです。
 
では、なぜ“水を飲む”ことがダイエットに役立つのでしょうか?
 
 

デトックスウォーターのダイエット効果とは?

「代謝のよい“痩せやすい”身体には、水分が欠かせません。栄養素や老廃物を運ぶ血液などの体液は、大部分が水分。健康維持やダイエットのためには水分を1日1.5〜2リットル飲むべきといわれていますが、自分の身体に合った量の水を毎日摂取することが重要です」
 
お茶やコーヒーなどには利尿作用があるため、水分補給には向きません。デトックスウォーターなら「水はちょっと……」という人にもおすすめです。
 
 

デトックスウォーターは1日に「体重×35(ml)」を飲む!

「1日に必要な水分量の目安は、体重から計算することができます。大人の場合、『体重×35(ml)』の計算式から1日に必要な水分量の目安を知ることができます」
 
「体重×35(ml)」の計算式に当てはめてみると、
 

  • 体重45kgの場合:45×35=1575ml

  • 体重55kgの場合:55×35=1925ml

 
これが、1日に摂るべき水分量が1.5ℓ〜2ℓと言われている理由なのですね。
 
 

朝起きたら、グラス1杯のデトックスウォーターを

「飲むタイミングとしては、朝起きてすぐグラス1〜2杯を飲むのがおすすめです。寝ている間の発汗により、朝は水分が不足している状態。起きがけに水分を補給することで、体液循環をうながして代謝のよい状態で1日をスタートさせることができます」
 
食前や食事中にたくさん水分を取ると、胃液が薄まって消化・吸収に負担をかけてしまうそう。また、水分は睡眠と同じように一度にたくさん飲んでためておくことはできません。朝起きてすぐに飲んだら、それ以降は食事の前後を避け、1日かけて少しずつ摂取しましょう。
 
※お水も飲みすぎると健康を阻害してしまいます。1日の摂取めやすを超えて飲みすぎないように注意しましょう
 
 

デトックスウォーターの作り方(500㎖容量のジャーに作る場合)

デトックスウォーターの作り方
「なかに入れる果物やスパイスが異なっても、基本的な作り方は変わりません。4ステップで簡単に作れますから、体調や好みに合わせて楽しんでください」
 

1. ジャーや手指、食材を洗浄する

使用する容器や食材に触れる手指は清潔に保ちます。また、使用する果物やハーブは農薬を取るためによく洗いましょう。有機栽培や無農薬・低農薬など、安心して食べられるもの、旬の果物、そして新鮮なものを選んで使うとより安心です。
 

2. 食材をカットし、ジャーに入れる

50g〜100gの果物を好みの大きさにカットし、ジャーに入れます。小さめにカットしたほうが、はやくエキスを抽出することができます。ハーブは適当な大きさにちぎり、スパイスはそのままジャーへ。
 
※食材の分量が多すぎると味が濃すぎて飲みにくくなります
 

3. 水を注ぐ

容器の8〜9分目くらいまで水を注ぎます。
 

4. 冷蔵庫で寝かせる

蓋をして冷蔵庫で30分〜一晩ほど寝かせ、水に味と香りを移します。
 
 

ダイエット効果の高まるデトックスウォーターレシピ3つ

果物やハーブ、スパイスに含まれるビタミンやミネラルには、水に溶けやすいものもあります。水に味を抽出することで、ダイエット効果を高める栄養素をいっしょに摂取することが可能。今回は、おすすめレシピを3つ教えていただきました。
 

(1)脂肪燃焼ならりんご、レモン、シナモン

脂肪燃焼ならりんご、レモン、シナモン
りんごには内臓機能を高めて代謝を上げる効果が期待できます。レモンやシナモンと合わせるとアクセントになり、脂肪燃焼効果が高まります。
 

(2)むくみの改善にはグレープフルーツ、ブルーベリー、ローズマリー

むくみの改善にはグレープフルーツ、ブルーベリー、ローズマリー
グレープフルーツなどの柑橘類は、むくみの改善効果が期待できます。ブルーベリーやローズマリーとの相性が良いですよ。
 

(3)代謝UPにはマンゴー、パイナップル、しょうが

代謝UPにはマンゴー、パイナップル、しょうが
しょうがには冷えを改善して血行を促進し、代謝を高める効果が期待できます。マンゴーやパイナップルとの組み合わせは意外かもしれませんが、実は相性がいいのでおすすめです。
 
 

最後に

デトックスウォーターは、果物やハーブ、スパイスを切って水に入れ、置いておくだけ。とても簡単なのに、オシャレに水分補給を楽しめますね。
 
お水は常温で長い期間保存すると雑菌が繁殖することがあるため、冷蔵庫で保存し、1〜2日以内に飲むようにしましょう。また、1度デトックスウォーターを作ったら、水を足すことで2〜3回は同じ具材で作ることができるそうですよ。
 
食材の詳しい洗い方やサラダへの応用法など、デトックスウォーターについてさらに詳しく知りたい方は、ぜひ齋藤先生の著書『はじめてのデトックスウォーター 基本のレシピ100』をチェックしてみてください。
 
毎日の水分補給を楽しみながら、代謝のよい痩せやすい身体を実現しましょう。
 
 

【取材協力】

齋藤 志乃/ローフードマイスター

”ゆるゆるローフード”をモットーに「健康作りは毎日の食事から」を意識して、野菜や果物を中心とした体に良い作りやすい料理や卵と乳製品を使わないヘルシー料理を提案。体質による食事制限があっても、家族みんなが笑顔で囲める食卓、美味しく食べて健康になれる食卓を目指して日々レシピを研究している。雑誌、ラジオ、テレビなどで幅広く活躍中。→SHINO SAITOホームページへ
 
 

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】

>> デトックスウォーターにコールドプレスジュース!あなたの体質を改善する「デトックスドリンク」6選

>> 体内をすっきりデトックス!今話題のジュースクレンズの魅力にせまる

>> コールドプレスジュースでデトックス!ジュースクレンズで痩せ体質になる方法

 
99%痩せる!話題の酵素ダイエット
 
 

99%痩せる!話題の酵素ダイエット

「ダイエット」最新記事

注目の記事

Facebook

ベルタカフェライター

このエントリーをはてなブックマークに追加
ベルタ育毛剤