ママモデルに聞く、キレイをつくる毎日の食生活習慣とは?〜宮平亜矢子さん〜 | ベルタカフェ

ママモデルに聞く、キレイをつくる毎日の食生活習慣とは?〜宮平亜矢子さん〜

ママモデルに聞く、キレイをつくる毎日の食生活習慣とは?〜宮平亜矢子さん〜

「美人の“何もしてない”は嘘」なんて言葉がありますが、たしかに、美しい女性は毎日の暮らしのなかでさまざまな努力をしているもの。キレイをつくる行動を習慣化することで、自然体で美しさを保つことができているのだと思います。
 
「キレイになる方法は、実践者に聞くのが一番!」ということで、沖縄を中心にモデルとして活動している宮平亜矢子さんに、お子さんが2人いるとは思えない、スレンダー体型の秘密を、食事の面から教えてもらいました
 
 

ママモデルが実践する一日の食事ルールは?

宮平亜矢子さんの一日の食事ルール
美しい肌やボディラインづくりに欠かせない食べ物。美しい人は、一体どんなものを食べているのでしょうか。1日を通してみていきましょう。
 

【起床】

「朝は、コップ1杯の水から1日をスタートします。これから活動してエネルギーを消費していく、という時間帯ですから、代謝をあげるためにもできるだけ良質な水を選ぶようにしています。私は、抗酸化作用のある水素水を飲んでいるのですが、必ず、体のなかの活性酸素が消えていくイメージもするようにしています」
 
朝は水からという方は多いかもしれませんが、水の種類にこだわったり美しくなるイメージをしたりすると、さらに効果的なんですね。
 
 

【朝食】

「朝食は、ナッツとドライフルーツ、ヨーグルトなどを食べることが多いです。発酵食品も好きなので、ときどき、納豆と味噌汁など和のテイストでまとめることもあります。毎月『美』をテーマにした朝会を開催しているので、そのときは、シェフをお招きして、ヘルシーな朝食を皆でいただいています」
 
シェフを呼ぶのはハードルが高いですが、ナッツやヨーグルトなどはすぐに実践できそうですね。日本人女性の美しさをつくるうえでは、和の食材も見逃せません。
 
 

【昼食】

「実は、炭水化物が大好き。すべて我慢してしまうとストレスがたまるので、お昼どきは、好きなものを好きなだけ食べるようにしています。もちろん、暴飲暴食はしませんが、ランチタイムならパスタやカレーなどもしっかり食べますよ。食べる楽しみも諦めません」
 
どんなに良い習慣でも、辛いばかりでは続きません。お昼は好きなものを食べてOK! というマイルールがあれば、朝食を軽めにすることも苦にならなさそうです。
 
 

【おやつ】

「小腹がすいたなと感じたら、少量のフルーツなどをおやつにしています。お昼が軽めだったときは、そこに水きりヨーグルトとハチミツを加えることもあります。盛り付けを工夫して、パフェやケーキのような見た目にすると、満足感がさらにアップします」
 
きちんと選べば、おやつもダイエットの味方に。間食を我慢してお腹がすきすぎた状態では、夕食時につい食べ過ぎてしまう危険も。血糖値が一気に上がるのも気になります。良質な間食で上手に食欲をコントロールしたいですね。
 
 

【夕食】

「夜のポイントは炭水化物を極力減らすこと。旬の野菜を塩コショウとハーブで味付けしたものを中心に、お肉やチーズをあわせることが多いです。オーブンでじっくりと火をいれると、野菜の甘みが引き立ち、食感も良くなります。味のアクセントになるハーブは、効果や風味を考えながら積極的に使っています。サラダに混ぜてもおいしいですよ」
 
その日1日のデトックスを意識して、利尿・発汗作用があると言われるフェンネルを加えるなど、ハーブ使いを楽しんでいるそうです。よく使う物をベランダで育てたり、ドライハーブを常備しておいたりすると、毎日の料理に役立ちそうです。
 
 

はやめの対策が大事!食べすぎた翌日の5つのリセット法

モデルで、経営者、母、といういくつもの顔を持つ宮平さん。食事会やパーティーなどで、食事のペースが乱れることもあります。そんな時に実践しているのが、前日の食べ過ぎをなかったことにしてくれるリセット習慣。
 

  1. 朝食は、コールドプレスジュースでリセット。体が重いと感じたら、何も食べずに胃を休めることも

  2. 昼食・夕食は自炊。いつもの分量の7~8分目でつくる

  3. お皿に余白をつくり美しく盛り付ける。見た目でボリュームの物足りなさをカバー

  4. 時間をかけて食べ、満足度を高める。家族や友人とゆっくり過ごすなどして、早食いを防止

  5. 体重計に乗り、鏡を見て、ラインの変化を確認する。日常の動きのなかで筋肉の使い方を意識して体を動かす

 
外食の翌日などは、これら5つのことを実践しているそうです。しっかり食べた次の日は、お腹はいっぱいのはずなのに、ついつい前日のテンションのまま食べ過ぎてしまったり、現実を見るのが怖くて体重計を避けたりしがちですが、早めの対策で「なかったこと」にすることが大切なんですね。
 
 

最後に

美しい人が実践しているキレイをつくる習慣
美しい人が実践しているキレイをつくる習慣、いかがでしたか。まずはリセット習慣を1つ試してみる、朝のお水と朝食だけ真似してみるなど、できそうなことからはじめてみるのがおすすめです。そこに、自分に合った習慣やマイルールを加えていけたら、美習慣が自然と身に付きそうですよ。
 

【取材協力】

宮平亜矢子さん

プレシャスライフ・クリエイター/モデル。「毎日の暮らしに、特別な瞬間を」をテーマに、女性向けイベントのプロデュースやアーティストのライブコーディネートを手掛けている。2人の男の子のママでもある。美しい暮らしを体現するモデルとして、沖縄を中心に活動中→Facebookページへ
 
 

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】

>> 美人になりたければ水を飲め!ダイエットを助ける水12選

>> 体にいい油で健康的に痩せる!美女愛用の秘密の「飲むビューティーオイル」とは?

 
99%痩せる!話題の酵素ダイエット
 
 

99%痩せる!話題の酵素ダイエット

「ダイエット」最新記事

注目の記事

Facebook

ベルタカフェライター

このエントリーをはてなブックマークに追加
ベルタ葉酸サプリ ベルタマザークリーム