妊娠中でもステキな結婚式を!マタニティウェディングを挙げるために準備しておきたいこと | ベルタカフェ

妊娠中でもステキな結婚式を!マタニティウェディングを挙げるために準備しておきたいこと

妊娠中でもステキな結婚式を!マタニティウェディングを挙げるために準備しておきたいこと

おなかに宿った新しい命がキューピットになってくれた“婚前妊娠”。授かり婚やおめでた婚とも呼ばれる妊娠後の結婚は、喜び2倍の反面、親への報告から新生活と出産の準備まですべてを同時におこなわなければならず、何かと慌ただしくなってしまいます。そのため、結婚式を泣く泣くあきらめるという人も少なくない様子。
 
でも、結婚式は夫婦の新しい門出を報告する一大イベント。やっぱり、きちんと式を挙げたいというのが女心ではないでしょうか。
 
そこで、妊娠中でもムリなくステキに「マタニティウェディング」を挙げられる方法をご紹介します。
 

【合わせて読みたい】

大きなおなかも目立たない!マタニティウェディングドレス選びのポイントは?
 
 

挙式の時期

挙式の時期
妊娠中はつわりやホルモンバランスの変化など、体調が不安定になりがち。そのため、挙式は安定期といわれる5~7ヶ月ころがおすすめです。挙式を決めたら一度主治医に相談して、おなかに負担がかからないような段取りを組んでいきましょう。
 
 

式場選び

式場選び
景色や設備などこだわりはたくさんあると思いますが、おなかの赤ちゃんの安全が最優先。移動中に気分が悪くなることも考えられるので、できるだけ自宅から近い式場を探しましょう。かかりつけの産院からも近ければ、何かあったときでも安心です。
 
専任のプランナーがすべて取り仕切ってくれる、当日はアテンドがついてくれる、控室が広いなど、おなかへの負担を軽減できる環境が整っているかも忘れずチェック。最近はマタニティウェディング専用のプランや見学会を用意している式場も増えているので、そのようなところを利用するのもいいでしょう。
 
 

打ち合わせ

打ち合わせ
式を挙げるまでにはいろいろと決めることも多く、何度か打ち合わせに出向かなければなりません。つわりのひどい時期などは起き上がることすらつらいときもあるので、あらかじめ妊娠中であることを告げ、体調の思わしくない日は打ち合わせを延期してもらえるようにお願いしておきましょう。
 
対面しなくても決められることはメールや電話で対応してもらうなど、打ち合わせに出向く回数自体を少なくしてもらうのも得策です。
 
 

式・披露宴のプラン

式・披露宴のプラン
立ちっぱなしの姿勢や大勢の招待客の前に立つ緊張感は、お母さんにもおなかの赤ちゃんにも大きな負担がかかります。適度に休めるように、ゆとりを持った進行内容にしましょう。また、妊娠中はトイレが近くなりやすいので、式場のスタッフにアテンドとしてついていてもらうと、さりげなく退室することができますよ。
 
座り心地のいいソファや使い慣れたクッションを用意しておく、ヒールの低い靴を高砂に準備しておき履き替える、装飾やブーケの生花はにおいの優しいものにするなど、体調を考慮した準備も心がけておきましょう。
 
 

ドレス選び

ドレス選び
妊娠中は体形の変化が著しいので、フィッティングの際は挙式時の妊娠週数を考慮してドレスを選びましょう。サイズ調整ができるタイプだと安心です。また、華美な装飾で重たくなると体への負担が大きくなるので、できるだけ軽めのものを選びましょう。
 
なお、ウェディングドレスは露出部分が多くなりがちなので、妊婦用のインナーを着用するなど、冷え対策も忘れずに
 
 

料理・ドリンク

料理・ドリンク
妊娠中はにおいに敏感になるので、披露宴の途中に料理のにおいで気持ち悪くなったという新婦さんもいます。試食会に参加したり、新婦用の料理だけ口にしやすいメニューへ変更してもらえるかなど、事前に確認しておきましょう。なお、小さめのおむすびや食べなれているものを小分けして持参しておくと、空腹による気持ち悪さをしのげます。
 
乾杯のときは、ジンジャーエールなどお酒のように見えるソフトドリンクを用意してもらうと、ムードを壊さずに済みますよ。
 
 

参列者への配慮

参列者への配慮
結婚式は、お世話になった周囲の方へ結婚を報告するもてなしの場。祝福に来てくださるかたに気持ちよく過ごしてもらいたいですよね。妊娠中の挙式は、体調の急な変化で延期しなければならなくなったり、大勢の人をもてなすのがつらかったりすることがあります。心配な場合は親族のみを招待して、友人や職場の人に向けては、出産後に赤ちゃんのお披露目を兼ねたパーティを催すのもひとつ。もしくはカジュアルな雰囲気が人気の1.5次会形式にして、自分たちらしいスタイルでもてなすのもいいですね。
 
もちろん、式の当日、最高の笑顔で出迎えられるように、コンディションを整えておくことも大切です。
 
 

準備万端!それでも途中で気分が悪くなってしまったら

それでも途中で気分が悪くなってしまったら
どんなに気をつけていても、式の当日や進行中に気分が悪くなってしまうこともあるかと思います。そんなときは無理をせず、控室に戻って横になりましょう。メモリアル映像や参列者参加型のゲームなど、新婦が抜けても進行が滞らないような準備をしておくと安心です。
 
 

最後に

マタニティウェディングは準備期間も短く、体調の変化もあってバタついてしまいがちですが、おなかの赤ちゃんを第一に考えてムリのないように進めていきましょう。ひとりで抱え込まないように、ご主人やご両親、プランナーのかたに協力してもらいながら、楽しく準備を進めていってくださいね。
 
 

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】

>> ベリーペイントにフォトプロップス!マタニティフォトで出産前に思い出に残る一枚を

>> いざ、マタ旅!妊婦さんが旅行プランを立てる前に確認しておきたい5つのこと

 
妊娠中のママとパパのためのサプリ
 
 

妊娠したいと思ったら

「妊娠・出産」最新記事

注目の記事

Facebook

ベルタカフェライター

このエントリーをはてなブックマークに追加
ベルタ酵素