帝王切開になるのはどんな時?理由と方法を知って、慌てない心構えをしておこう | ベルタカフェ

帝王切開になるのはどんな時?理由と方法を知って、慌てない心構えをしておこう

帝王切開になるのはどんな時?理由と方法を知って、慌てない心構えをしておこう

“出産” と聞くと、分娩台で痛みと闘いながら赤ちゃんを産むシーンを想像しがちですが、お腹の赤ちゃんやお母さんの体に何らかの理由がある場合、「帝王切開」という出産スタイルがとられることもあります。
 
厚生労働省による医療機関へのサンプル調査によると、近年の帝王切開による出産の割合は5人に1人。しかし、「体にメスを入れるのはいや」、「知らない間に産まれているのはいや」など、帝王切開に抵抗のある妊婦さんも少なくないようです。
 
また、実際に帝王切開で産んだお母さんの中には、お産の途中で急遽帝王切開になったため心の準備が追い付かなかったという人や、自然分娩ができなかったことで自分を責めてしまう人も。もしものときに備えて、帝王切開について正しい知識を学んでおきましょう
 
 

帝王切開って具体的にはどうするの?

帝王切開って具体的にはどうするの?
帝王切開は外科的手術になります。
 
まず、胃のあたりから下だけを麻酔する脊椎麻酔を背中から打ち、麻酔が効いたらおへその下を縦か横(執刀医や状況によって異なります)に10~15センチほど切って、赤ちゃんを取り出します
 
半身麻酔は意識がしっかりしているので、赤ちゃんの産声はちゃんと聞けますし、対面することもできますよ。これは筆者の経験談ですが、産まれる直前に胃周辺が引っ張られるような感覚もあるので、「もうすぐかな?」と感じることもできました。(※状況によっては全身麻酔になることもあります)
 
赤ちゃんと胎盤を取り出した後は子宮の中をきれいにし、溶ける糸を使って縫い合わせたら手術は終了です。
 
術後は子宮収縮剤を使って子宮の戻りを助けます。翌々日あたりからは授乳室まで歩いていくなど、傷の回復を早めるためにも積極的に動くことを勧められます
 
なお、悪露(おろ)は自然分娩より長く1ヶ月半ほどかかる人も多いですが、検診で異常がなければ問題ありません。
 
 

帝王切開になるのはどんな時?

帝王切開になる時
帝王切開には、あらかじめ決められる「予定帝王切開」と、陣痛やお産の途中で切り替える「緊急帝王切開」の2種類があります。どんな状況で帝王切開になるのかは、それぞれ異なります。
 

予定帝王切開

定期検診の段階で、自然分娩ではリスクがあると判断された場合

<主な理由>

  • 逆子で自然分娩が難しいとき

  • 前置胎盤で胎盤が部分的、あるいは完全に子宮口をふさいでいるとき

  • 子宮筋腫が子宮口をふさいでいるなど、お母さんの持病で自然分娩が困難と思われるとき

  • 多胎妊娠でお母さんの体へのリスクが大きいと考えられるとき

  • 骨盤の大きさより赤ちゃんの頭が大きい、骨盤が変形しているなど、児頭骨盤不適合で赤ちゃんが骨盤を通り抜けできないとき

  • 妊娠高血圧症候群などが原因で、出産の途中で胎盤の機能が低下する恐れがあるときや、赤ちゃんの発達が良くないとき

  •  

    緊急帝王切開

    分娩前や分娩中に何らかの異常が起きて、早急に赤ちゃんを取り出す必要が生じた場合

    <主な理由>

  • 陣痛が来ても子宮口や膣が伸びず、赤ちゃんが通り抜けられるほど広がらないとき

  • 出産予定日前の検診時などであっても、早急に赤ちゃんを取り出したほうがいいと判断されたとき

  • お産が始まっても陣痛が弱かったり子宮口が開かなかったりして、医療処置をしても効果がみられないとき

  • お産の途中で赤ちゃんの首にへその緒が巻き付くなどして十分な酸素が行き渡らず、赤ちゃんの心拍が下がりはじめたとき

  • 回旋がうまくいかずに、赤ちゃんが産道の途中で圧迫され続ける恐れがあるとき

  • 赤ちゃんが生まれる前に胎盤がはがれる常位胎盤早期剥離など、赤ちゃんやお母さんが危険な状態になったとき

  •  
     

    突然、帝王切開になってしまったら

    突然、帝王切開になってしまったら
    検診で特に問題もなく、自然に産むつもりでその日を迎えたのに、突然帝王切開に切り替えられると心の準備が追い付かないお母さんも多いと思います。予定帝王切開であったとしても、手術の経験がないお母さんなら恐怖心も人一倍あると思いますし、「自力で産めない」と挫折感を味わったりしたりするかもしれません。かくいう筆者もそのひとりでした。
     
    でも、帝王切開はれっきとした出産方法のひとつ。赤ちゃんやお母さんの安全をいちばんに考え、元気に産まれてくるための最善の出産方法なんです。
     
    もし医学の発達していない時代だったら、おなかの赤ちゃんを無事に迎えることさえできなかったかもしれません。自然分娩に頑なにこだわって、もしものことがあれば後悔することにだってなります。そんな状況でも元気な赤ちゃんを産めるのは帝王切開だからこそで、とても素晴らしいこと。主治医を信じて、リラックスしてその時を迎えてくださいね。大切なのは “産みかた” ではなく、“無事に産んであげること” なんですから。
     
    どうしても不安が残るなら、帝王切開になる理由や手術の手順を納得できるまで教えてもらったり、手術中、安心できるように経過報告をしてもらうなど、あらかじめ相談しておくといいかもしれませんね。
     
    妊娠中のママとパパのためのサプリ
     
     

    妊娠したいと思ったら

    「妊娠・出産」最新記事

    注目の記事

    Facebook

    ベルタカフェライター

    このエントリーをはてなブックマークに追加