面倒くさがりにオススメしたい、手軽にできるグリーンスムージーレシピ3選 | ベルタカフェ

面倒くさがりにオススメしたい、手軽にできるグリーンスムージーレシピ3選

ここ数年、女性の間でブームになっているものと言えば、ダントツで「グリーンスムージー」でしょう。

グリーンスムージーとは?

ロシア系アメリカ人のヴィクトリア・ブーテンコが、様々な健康障害を抱えていた自分と家族の健康を回復するために、ローフード100%の食生活に切り替え、全員の病気を完治させたという経験から考案した、ローフード健康法。
生の野菜(葉物)とフルーツを水と一緒にブレンダーで混ぜ合わせたものを毎日コップ1杯飲むだけで、身体にさまざまな良い変化をもたらすとして、美容愛好家たちに支持されています。

 

ハリウッド女優や海外アーティストが美容法として取り入れ、その後あっという間に世界中に広まった「グリーンスムージー」は、日本でもモデルやタレントを中心に大ブームになりました。

本屋に行けば「グリーンスムージー」の関連本が山積み、女性誌でも毎月のように「グリーンスムージー」の特集が取り上げられているほど。なぜ去年の流行語大賞にならなかったのかと、しばしば不思議に思うくらいの人気っぷりと言えます。

「グリーンスムージー」は健康にいい!だけど作るのが…

フレッシュ野菜しか使ってはいけない、飲む直前にしか作ってはいけない、野菜・フルーツ・水以外は入れてはいけない、でんぷん質を含む野菜は使ってはいけない、もちろん皮や種などはきちんととって使わないといけない。

簡単そうに見えても材料選びや飲むタイミングなど、なんだか聞くだけで面倒くさそうですよね。

 

そんな、著者を含めた面倒くさがりの欲張り女子に、毎日の習慣にしても全く苦にならない、手軽に作れる美肌ジュースレシピをご紹介したいと思います。

毎日続けられそう!簡単スムージーレシピ3選

ソイヨーグルトジュース

女性ホルモンをサポートするイソフラボンが含まれている豆乳と、整腸効果のあるヨーグルトを1:1で混ぜるだけ!飲むヨーグルトには飲みやすいように甘さが元々加わっているので、砂糖などを入れなくてもおいしく飲めます。
さらにレモン汁の酸の凝固作用でとろみがつくので、腹もちもバツグン!わずかな量でも、おなかがいっぱいになるので、ダイエット中の朝ごはん代わりにも良し。

 

【材料】
・飲むヨーグルト…50cc
・豆乳…50cc
・レモン汁…大さじ1杯(お好みで加減)

 

ハトムギきな粉ドリンク

漢方薬では「ヨクイニン」として古来から重宝されてきたハトムギは、各種ビタミンやナイアシンを豊富に含んでおり、皮膚表面の新陳代謝を高めて肌のターンオーバーを活性化させる働きが非常に強いとされています。
また、特に美白効果が高いとされているハトムギは、その効果の高さから有名な高級化粧品にも数多く使用されています。毎日飲むことによって肌荒れを防止し、身体の内側から透明感のあるお肌に導くことができます。

 

【材料】
・ハトムギ粉…大さじ2杯
・きなこ…大さじ1杯
・豆乳 or 牛乳…100cc

 

青汁牛乳

カルシウムは骨を作るだけ、と思いがちですが、実は美容にとっても密接。カルシウム不足すると筋肉の動きが鈍くなり、肩こりや不妊症を引き起こすと言われており、また、動脈硬化や脳卒中、心疾患など健康を損なう重大な病気を引き起こすことも。

カルシウムは単体ではとても吸収の低い成分のため、ビタミンが多く含まれている青汁とレモンを一緒に摂ることで、牛乳に含まれるカルシウムを効率よく摂取できます。また、レモンに含まれるクエン酸とビタミンCは、カルシウムと一緒に摂るとその吸収率が約7倍にUPするそう。

混ぜるだけなのに、カルシウムを効率よく摂れる黄金レシピなのです。

 

【材料】

・粉末青汁…大さじ1杯

・牛乳…100cc

・レモン汁…少々

まとめ

いかがでしたか?美容法や健康法は数々ありますが、キレイになるには、何と言ってもノンストレスなのがイチバン!

美肌ジュースを毎日の習慣に取り入れて、無理せず楽しくおいしく美肌を手に入れましょう!

 

合わせてよみたい
痩せるどころか太るかも?スムージー・ダイエットで注意しておきたい5つのこと
ホットスムージーは冷え性・ダイエットに効果的!冬でも美味しく飲めるレシピ3つ

 
99%痩せる!話題の酵素ダイエット
 
 

99%痩せる!話題の酵素ダイエット

「ダイエット」最新記事

注目の記事

Facebook

ベルタカフェライター

このエントリーをはてなブックマークに追加
ベルタ酵素