いつか赤ちゃんが欲しい人のために。妊活を考え出したらまずしておきたいこと5つ | ベルタカフェ

いつか赤ちゃんが欲しい人のために。妊活を考え出したらまずしておきたいこと5つ

いつか赤ちゃんが欲しい人のために。妊活を考え出したらまずしておきたいこと5つ

「将来的に妊娠したいけど、今はまだいいかな」と考えている女性も多いと思いますが、妊娠は「子どもを作ろう!」と思ってすぐにできるものではありません
 
お父さん、お母さんとなる自分たちのカラダは妊娠しても大丈夫な状態にきちんと整っていますか?「欲しい!」という気持ちだけで何も準備せずに妊活に励んでいると、できたとわかった後で準備不足で困ることもあります!
 
今回は、妊活中の女性だけでなく、そろそろ妊活をはじめようかなという女性にも知っておいて欲しい「妊活を考え出したらまずしたいこと」について5つにまとめました。
 
 

1. 婦人科系以外でも身体を万全にしておく

婦人科系以外でも身体を万全にしておく
妊活を考えている女性で婦人科系をチェックしているかたは多いと思いますが、婦人科系以外でも気になる箇所があるかたは必ず診断を受けておきましょう。特に、親知らずや虫歯など歯科関連の場合、妊娠してから痛み始めても麻酔も打てず、産後まで我慢し続けるしかありません
 
また、忘れがちなのが風疹の予防接種。妊娠中に風疹にかかると赤ちゃんに障害など良くない症状があらわれる可能性が高いため、自分の風疹の予防接種とともに、パートナーにも受けてもらっておきましょう。
 
 

2. 身体に良いものを食べておく、パートナーにも食べさせる

身体に良いものを食べておく
人の身体は半年前に食べたものでできていると言われるように、「子どもが欲しい! 作ろう!」とした途端に食べ物に気を遣い始めても、身体は急には良い方向には変わりません
 
「元気な赤ちゃんを!」と望むのならコンビニ弁当やインスタント食品、外食を控えてなるべく早い段階で身体に良い食事を摂るようにしましょう。
 
 

3. 葉酸を摂る

葉酸を摂る
妊娠したら「初期の段階で葉酸を摂りましょう」と言われますが、本来最も葉酸が必要なのは受胎後10週までの間。「できたかも?」と分かるのは、早くとも受胎後2〜3週間後であり、気づくのが遅い場合はもっと日が経っている可能性もあります。
 
もちろん飲まないよりは飲んだほうが良いですが、気づいてからだと遅いこともあるので、「子どもが欲しい」と将来妊活を考えているかた、妊活をしているかたは、妊娠する前から飲んでおくことをオススメします。
 
 

4. ストレスをためない

ストレスフリー
妊活でもっとも良くないのがストレスです。
 
「子どもを作らなきゃ」というストレスが妊活を成功から遠ざけていると言われ、「なかなかできないし、もう自然に任せようかな」と思った途端にできたという話をよく聞きます。子どもが欲しいと考えている方は、「作らなきゃ!」という責任感やプレッシャーを持たなくて良い、より早い段階から妊活を始めることができればいいですね。
 
 

5.妊娠前からヨガ!

妊娠前からヨガ
妊娠してからマタニティヨガを始める女性も多いですが、できることなら妊娠前から始めるのがオススメ。ヨガは自律神経の乱れを整えストレスを解消してくれるほか、自身の身体を意識するきっかけになる、出産でも必要になる呼吸のコントロールについて学べるなど妊活におけるメリットがたくさんあります。
 
 

最後に

いかがでしたでしょうか。いざ妊活を始めようとした時に万全の状態で臨めるよう、妊活を考えているなら、今回の5つのことは早めに実行しておくようにしてくださいね。
 
また、タバコやアルコールの過剰摂取も「妊娠してから辞めよう」では遅いこともあります。未来の赤ちゃんのためにも、こちらも早めに辞めるようにしましょう。
 
妊娠したいママはもう飲んでます!
 
 

妊娠したいと思ったら

「不妊・妊活」最新記事

注目の記事

Facebook

ベルタカフェライター

このエントリーをはてなブックマークに追加
妊娠したいと思ったら