痛そうで怖い…。会陰切開をしないで出産を迎える方法4つ | ベルタカフェ

痛そうで怖い…。会陰切開をしないで出産を迎える方法4つ

会陰切開

「陣痛は気を失うほどの痛み」「出産はスイカを鼻の穴から出すくらい痛い」などと言われる様に、特にはじめての出産では “痛み” に関する恐怖心が拭えないもの。なかでも「会陰(えいん)切開」は、多くの妊婦さんが「できればやりたくない!」と思うほど、恐怖を覚えるもののひとつ。
 
そこで今回は、なぜ会陰切開が必要なのか? 切らずに済む方法はないのか? など、会陰切開についてお話してみたいと思います。
 
 

会陰切開は絶対しなければいけないものではない

会陰切開は絶対しなければいけないものではない
妊娠するとホルモンの影響で母体の組織が柔らかくなるため、分娩時には産道が伸びやすくなります。会陰も同じで、赤ちゃんの頭が通り抜けられるほどの大きさまで伸びます。普段のサイズを考えると、とても赤ちゃんが通れるとは思えないところから産まれてこられるのは、そのため。
 
ただ、出産を迎えて一気に伸びるのではなく、少しずつ緩んでいくので、伸びきる前に赤ちゃんが出てきてしまうと会陰が裂けてしまうことがあります。そこで、会陰が裂けるのを避けるために、事前に切ってしまおうというのが会陰切開です。
 
 

会陰切開が必要なのはどんな時?

会陰切開が必要なのはどんな時?
会陰切開を施す状況は、大きく分けて次の通りです。
 

  • ・会陰が伸びにくく、赤ちゃんが出るときに裂ける可能性が高いとき

  • ・心拍が下がるなど赤ちゃんに危険が迫り、会陰が伸びるのを待っている余裕がなくなったとき

  • ・吸引分娩などで膣に器具を入れる必要があるとき

 
つまり、会陰が十分に伸びるようであれば、会陰切開は必ずしもしなければならないものではないのです。
 
とはいえ、万一裂けてしまうとジグザグに裂けて縫い合わせが大変だったり、肛門まで裂けて生活に支障がでることもあるため、リスク回避としてあらかじめ切ってしまう産院が多いようです。
 
 

会陰切開をしないで出産を迎える方法

会陰切開をしないで出産を迎える方法

最近では会陰切開をしないで出産を迎える方針の産院も増えているので、あらかじめ調べておくのもひとつの方法。以下の方法をとり入れている産院であれば、切らずに出産できるように指導してくれるところが多いようです。
 

フリースタイル分娩

分娩台であおむけになって産むスタイルでは骨盤が十分に広がらず、会陰も最大限まで伸びないことがあります。自由な体制で産むことができるフリースタイル分娩で、骨盤や会陰の開きやすい姿勢で挑めば裂ける心配なく出産できます。
 

いきまない分娩

赤ちゃんが出てくるとき、押し出すように力を込めることを “いきむ” といいますが、そうすることで会陰が裂けやすくなります。出産時は、本来は無理にいきむ必要はなく、子宮の収縮や重力にしたがって赤ちゃんが出てきてくるようになっているのです。
 
我慢できないときだけほんの少しいきんで、あとは息を吐いて子宮の収縮に身を任せれば、赤ちゃんは自然に産まれてきてくれます
 

会陰の伸びを待つ出産

会陰はゆっくりと伸びるため、完全に緩むまでにはそれなりに時間がかかります。会陰切開は緩み切るのを待たずに出産を迎えられるので娩出時間を10分ほど早められるようですが、赤ちゃんの状況などから待てるようであれば、緩みを待って切らずに出産する産院もあります。
 

会陰マッサージ

妊娠34週目ごろからはじめると、出産時には会陰が伸びやすくなるといわれています。やり方は、オリーブやスウィートアーモンドなど植物性で無添加のオイルを指につけ、会陰をなでるようにマッサージしたり、膣の中3~4センチほどに圧をかけたりします。この方法を週に3回、1回5~10分ほどかけておこないます。
 

会陰切開をしないで出産したい意思を伝えたり、バースプランに書き込んだりと、あらかじめ主治医に相談してみるのもいいでしょう。
 
 

最後に

赤ちゃんが元気に産まれてくることが一番大切
切らずに、裂けることもなく無事に出産できればとても理想的ですが、体質や赤ちゃんの状況によっては会陰切開をしたほうが安全なこともあります。切開時に麻酔をしてくれたり、抜糸のいらない溶ける糸を使ったりする産院もあるので、不安な方は事前に確認しておきましょう。また、会陰切開が必要になったときには声掛けや説明をしてもらえるようにお願いしておくのもいいですね。
 
会陰切開への恐怖心で力が入り、かえって会陰の開きを悪くすることも考えられるので、まずはリラックスすることが大切です。第一は赤ちゃんが元気に産まれてくることなので、必要以上に怖がらず出産を迎えましょう。
 
妊娠中のママとパパのためのサプリ
 
 

妊娠したいと思ったら

「妊娠・出産」最新記事

注目の記事

Facebook

ベルタカフェライター

このエントリーをはてなブックマークに追加
妊娠したいと思ったら