暑〜い夏でも冷えは大敵!妊婦さんが冷房に頼りすぎずに夏を乗り切るコツ3つ | ベルタカフェ

暑〜い夏でも冷えは大敵!妊婦さんが冷房に頼りすぎずに夏を乗り切るコツ3つ

妊婦さんが冷房に頼りすぎずに夏を乗り切るコツ3つ

日ごと “今年一番の暑さ” を更新し、うだるような日々が続いていますね。妊娠中はホルモンバランスの関係で体温が高めになるので、夏の暑さはとてもつらく、食欲も落ち気味になってしまいます。だからといって冷房の効いた部屋で過ごしたり冷たいものばかり口にしていては体が冷えて、お母さんにもおなかの赤ちゃんにもよくありません。
 
そこで、妊娠中に上手に夏の暑さを乗り切る3つのコツをご紹介したいと思います。
 
 

1. 冷房は28℃設定、自然の風も取り入れる

冷房は28℃設定、自然の風も取り入れる
妊娠中は体を冷やさないことが基本ですが、冷房を我慢しすぎて熱中症になっては困ります。気温の高い日中はエアコンの設定温度を28℃程度にするか除湿にし、暑さの和らぐ朝夕は窓を開けてできるだけ自然の風を取り込むなどして、使いすぎに注意しながら程よく利用するようにしましょう。
 
また、風向きは天井に向けて部屋全体を冷やし、風が直接体にあたらないよう工夫しましょう。室温が下がるまではエアコンを使用し、ある程度冷えたら扇風機に切り替えるのもおすすめです。長時間冷房下にいると体が芯から冷えてしまい、むくみなどの原因にもなってしまうんですよ。
 
なお、出かけ先では冷房がかかっていることも多いので、ストールや薄手のカーディガンなど、羽織るだけで体温調節ができるものを忘れずに。生足は避け、ソックスやストッキングを履いて出かけるのもいいでしょう。
 
 

2. 意識的に栄養摂取!夏野菜でほてりを冷ます

夏野菜
暑さで食欲がないからといっても、おなかの赤ちゃんのためにはしっかり栄養を摂らなければなりません。出産予定日が近いならなおさら、出産に向けてお母さん自身の体力作りも必要となってきます。そのため、3食しっかりと食事を摂ることが望ましいです。
 
一度にたくさんの量を食べられないようなら、少量ずつ5食ほどに分けたり、1食ずつの質を高めたりするように意識しましょう。茹でたり煮たりすればカサも減るので、少量にみえてもしっかり栄養を摂れますよ。また、ナスやきゅうり、トマトなどの夏野菜は体内の水はけを良くしたり、体のほてりを冷ましてくれる作用があるのでおすすめです。
 
夏は刺激の強いものもおいしく感じる季節ですが、妊娠中は香辛料などの刺激物を摂ることはあまりおすすめできません。そこで活用したいのが、“しょうが”。ほどよい刺激はありながらもさっぱりとした味になるので、暑い日でも食事を摂りやすくなり、血行も良くなるので妊娠中毒症などの予防にもなります。
 
 

3. 暑い夏は、ぬるめの湯船でゆっくり入浴

暑い夏は、ぬるめの湯船でゆっくり入浴
夏はついシャワーだけで済ませてしまいがちですが、妊娠中は暑いときこそ湯船につかることが大切なんです。湯船に浸かると、日中の冷房などで知らず知らずのうちに冷えてしまった体を温める効果もありますし、血流が良くなることでむくみが和らいだり寝つきがよくなったりする効果も期待できます
 
お湯の温度は30度後半のぬるめに設定し、ゆったりとつかりましょう。暑さ疲れで消耗した体力や神経が和らげば、おなかの赤ちゃんも気持ちよく感じるはず。天然成分の入浴剤を利用するのもリラックス効果が高まりますよ。
 
風呂上がりの暑さが耐えられないようなら、ひざ下にだけ冷たい水をかけてお風呂を出る、お風呂上がりに冷蔵庫で冷やした化粧水をつけるなど、ほてりを冷ます程度の暑さ対策をおこないましょう。扇風機やエアコンの風に直接あたったり、アイスなどを食べすぎたりしないように気をつけましょうね。
 
 

最後に

いかがでしたか? 冷房や冷たい食べ物に頼らなくても、工夫次第で夏の暑さ疲れは解消できるもの。おなかの赤ちゃんのためにも、体を冷やさないように気をつけながらしっかりと栄養を摂り、夏を乗り切りってくださいね。
 
妊娠中のママとパパのためのサプリ
 
 

「健康」最新記事

注目の記事

Facebook

ベルタカフェライター

このエントリーをはてなブックマークに追加