妊娠後期におすすめ!陣痛も和らげるラズベリーリーフティーの効果って? | ベルタカフェ

妊娠後期におすすめ!陣痛も和らげるラズベリーリーフティーの効果って?

cup of hot black  tea with mint and raspberry

出産予定日が近づくにつれ、赤ちゃんに会える楽しみと同時に陣痛や出産に対する不安も膨らんでくるもの。とくに初めての出産では、「どのくらい痛いんだろう?」「難産だったらイヤだな」など、経験したことがないからこその心配事も多くなってしまいますよね。
 
そんな妊婦さんにおすすめなのが、飲むだけで「安産になる」と話題の “ラズベリーリーフティー”。欧米では出産準備のお茶として古くから親しまれている “ラズベリーリーフティー” の効果や飲み方をお伝えします。
 
 

ラズベリーリーフティーってどんなもの?

キイチゴのかわいらしいお茶です
ジャムやスイーツで使われることも多い木の実の “ラズベリー” をご存じの方は多いはず。そのなかでもバラ科の「ヨーロッパキイチゴ」という種類の、開花前の葉を乾燥させたものが “ラズベリーリーフティー” です。
 
ビタミンやミネラルが豊富で、女性ホルモンや子宮に働きかける効果、血管を収縮させ出産時の出血量を抑える効果などがあるとされています。また、ハーブティーなのカフェインの心配もなく、妊娠中でも安心して飲むことができます。
 
 

どんな効果があるの?

妊婦さんに嬉しい効果満載!
ラズベリーリーフティーに含まれる「フラガリン」という成分には子宮を収縮させる作用や骨盤に働きかける作用などがあるため、妊娠中から産後にかけて、妊婦さんに嬉しい効果がたくさんあります。
 

  • 分娩を促進する

  • 出産時の出血量が少なくなる

  • ・子宮口を柔らかくして安産にする

  • 母乳の出が良くなる

  • ・産後の子宮の回復が早まる

 
生理痛などを緩和する効果もあるので、出産後も飲み続けているママも多いそうですよ。
 
 

“ラズベリーリーフティー”の効果的な飲み方

ホットで飲むのがおすすめです
約2グラム(ティースプーン1杯)のラズベリーリーフティーをポットに入れ、熱湯を注ぎます。5~10分ほどおいて葉をしっかり開かせると、高い効果が期待できます。飲むタイミングは特に決まっていませんが、食後などの落ち着いた時間であればハーブティーのもつリラックス効果も高まりますよ。
 
なお、体を温めたり、血行を良くしてお腹の赤ちゃんに酸素が届きやすくしたりするためにも、ホットで飲むのがおすすめです。
 
 

注意すること

妊娠初期・中期には控えましょう
子宮に働きかけ、安産に導いてくれる “ラズベリーリーフティー” ですが、飲み方にいくつか注意点があります。

妊娠後期に入るまで飲まない

“ラズベリーリーフティー” には子宮を収縮させる作用があるので、妊娠初期や中期には避けてください。出産予定日の2か月前くらいから徐々に飲みはじめるようにしましょう。
 

様子を見ながら量を増やす

一日の目安量はティーカップ2~3杯ですが、妊娠中の体は敏感になっているためハーブの作用が強く出てしまうことがあります。はじめは1杯で様子を見ながら、少しずつ増やしていきましょう。
 

体調を優先する

臨月に近くても、切迫早産や鉄剤を服用している場合は飲まないようにしてください。心配なときは、飲みはじめる前に担当医に相談してみるといいでしょう。
 
 

最後に

ラズベリーのほのかな甘みと爽やかな香りにはリラックス効果もあり、出産への不安も和らぐはず。陣痛が来てからも飲めるので、水筒などに入れて分娩室に持っていけば安産のお守り代わりにもなるかもしれませんね。
 
ラズベリーリーフティーで陣痛を乗り越えて、心も体もリラックスした状態で安産を迎えましょう
 
妊娠中のママとパパのためのサプリ
 
 

妊娠したいと思ったら

「妊娠・出産」最新記事

注目の記事

Facebook

ベルタカフェライター

このエントリーをはてなブックマークに追加