目ヨガ耳ヨガ指ヨガ!「パーツヨガ」でむくみ知らずのスリムボディに | ベルタカフェ

目ヨガ耳ヨガ指ヨガ!「パーツヨガ」でむくみ知らずのスリムボディに

Smiling woman sitting on a floor in yoga pose, holding fruit sm

ダイエット効果の高い美容・健康法として人気が高まっている「ヨガ」。続けることで身体の柔軟性や可動域、呼吸機能が向上し、基礎代謝のUPやむくみ改善などが期待できます。
 
一方で、「ヨガを始めたい(続けたい)けれど、スタジオに通ったり時間を割いたりすることが難しくてなかなか実践できない」という人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、忙しい毎日でも隙間時間に簡単に取り入れられる「パーツヨガ」の魅力をご紹介します。
 
 

まずは基本から!ヨガのダイエット効果って?

ヨガで痩せやすい身体へ
「体内のめぐりをよくする」ことは、ダイエットを成功させる重要な要素。血液やリンパ液などの体液の循環が滞ると、酸素や栄養が隅々まで行き渡らず、カロリーを消費するはたらきが弱まります。また、老廃物が排出されにくくなり「むくみ」の原因にも……! 体内のめぐりが滞ると、やせにくく太りやすい体質になってしまうというわけです。
 
呼吸に意識を向けながら全身を動かす「ヨガ」には、体液のめぐりを良くして代謝を高める効果があります。酸素と栄養を隅々まで運び、老廃物をスムーズに流せるようになるため、むくみにくくやせやすい体質を育てることが可能になるのです。
 
 

パーツだけでも効果大!3つのパーツヨガで体内のめぐりを改善

今回ご紹介する「パーツヨガ」は、ヨガはヨガでも全身ではなく特定の “パーツ” のみを動かしたり刺激したりするもの
東洋医学では、足裏に全身に呼応するツボがあるように、目や耳、手にも全身に呼応するツボがあると考えられています。「目ヨガ」「耳ヨガ」「指ヨガ」でこれらのパーツを刺激することで、全身を使ったヨガと同様に、体内のめぐりをよくすることができるのです。
 
それでは、目ヨガ・耳ヨガ・指ヨガの3種類の効果とやり方について詳しくみていきましょう。
 

目ヨガ

目線をぐるーっと一周動かします

<「目ヨガ」の効果>

目の周りには、眼精疲労やまぶたのむくみを改善するツボに加え、全身の部位に呼応し、体内のはたらきを活性化させる部位があります。
 

  • 眼精疲労の回復、むくみ解消、体内循環の活性化

 

<目ヨガのやり方>

「外出先でメイクの上からグリグリと刺激するのは抵抗がある」という人も多いと思います。そこで、目はツボを刺激するのではなくストレッチをしてめぐりを促進しましょう。
 

  1. 口から息を大きく吐き出します。大きく吐き出すことで、普段よりも多くの酸素を取り込めるようになります

  2. 息を大きく吐き切ったら、鼻で息を吸い込みながら、目線を思いっきり真上に上げます。顔はまっすぐ正面に向けたまま、目線だけを動かすのがポイント

  3. 目線を上に上げたまま、鼻で息を吸い、口で吐き出す呼吸を10〜20秒ゆっくりと続けます。その後、正面に目線を戻します

  4. この “ゆっくり呼吸をしながら目線を動かして10〜20秒キープし、正面に戻す” ストレッチを、上→右上→右→右下→下→左下→左→左上の8方向の目線の順にぐるっと一周おこないます

※目が回ってしまうという場合は、目をゆっくりと動かしてキープする時間を30 秒程度に伸ばしましょう
 
 

耳ヨガ

耳を押したり引っ張ったり

<耳ヨガの効果>

耳にもツボや全身に呼応する部位があり、耳の上部は腰から脚、真ん中は肩から腹部、下部は頭部と、身体とは上下逆さに位置しています(耳全体を、逆立ちをする小人と捉えると分かりやすいです)。
 

  • 耳の上部……足のトラブル改善、ストレス解消

  • 耳の中部……内臓のトラブル改善、代謝UP

  • 耳の下部……首から上の疲労回復、眼精疲労の回復

 
※耳全体を刺激することでフェイスラインの体液循環がよくなり、むくみ改善効果が期待できます
 

<耳ヨガのやり方>

  1. 口から息を大きく吐き出します

  2. 息を大きく吐き切ったら、鼻で息を吸い込みながら、右耳の上部を右手の親指と人差指でつまみ、斜め上にひっぱります。ひっぱった指を離してもう一度つまみ直し、大きくゆっくりと呼吸をおこないながら10〜20秒押します。最後にぐりぐりとよく揉み込みます

    ※心地よいと感じる程度の圧をかけるのがポイント

  3. 中部、下部も同様に、「ひっぱる」→「10〜20秒押す」→「揉み込む」の順におこないます。中部の場合は真横に、下部の場合は下にひっぱりましょう

  4. 左耳も同様におこないます

※左右どちらからおこなってもOKです
 
 

指ヨガ

手のひらの運動神経は足裏の30倍

<指ヨガの効果>

実は、今回ご紹介するパーツヨガの中で最も効果が高いのが「指ヨガ」。手のひらには足裏の30倍もの運動神経が巡っているため、全身のめぐりをスムーズにし、代謝をUPさせる効果が高いと言われています。
指は中指が顔と胴体、その左右にある人差し指と薬指が左右の腕、さらにその外側の親指と小指が足に呼応しています。手の平を自分側に向け、中指の上部に顔を描くと手足を開いた小人のようなイメージ。手の平がお腹側、手の甲が背中側になります。
 

  • 中指……のど・呼吸器系のトラブル改善

  • 親指・小指……脚の冷え・むくみ改善

  • 人差し指・薬指……腕の疲れ・腱鞘炎の改善

 

<指ヨガのやり方>

  1. 口から息を大きく吐き出し、手のひらを上にして左手を机の上に置きます

  2. 口で息を吐き出し、鼻で吸い込む呼吸をゆっくり大きくおこないながら、左の手のひらの上を右手の指(力を入れやすい親指がおすすめです)で押します。ランダムで構いませんので、全体を押しましょう

  3. 手のひら全体を押したら、今度は手の甲を上にして机に置き、右手の指でで左手の親指の根元を挟みます。息を吐きながら右手の指を左手の親指の根元から指先に向かって引っ張るようにスライドさせましょう。溜まった老廃物を流すイメージで少し圧をかけながらおこないます。指のサイドを挟んで1回、上下を挟んで1回ずつおこないます

  4. 親指が終わったら、同様に残りの指もおこないます

  5. 反対側の手も同様におこないます

硬いところ(凝り固まっているところ)は疲労が溜まってめぐりが悪くなっているため、その部分を多めに刺激すると効果が高まります
※ 左右どちらから先におこなってもOKです
 
 

最後に

代謝の滞りはダイエットの大敵。身体が「冷えているな」「凝り固まっているな」と感じたら、体内のめぐりが滞っているサインです。ぜひパーツヨガを活用してむくみ知らずのめぐりの良い身体を目指してくださいね
 
※食事中や食後は血液が内臓に集中しています。無理やり血行を促進すると消化や吸収が滞ってしまったり、貧血症状を起こす可能性があるため、パーツヨガは控えましょう。また、パーツヨガをおこなうと老廃物が排出されやすくなりますので、そのタイミングで水分を多めに摂取することをおすすめします。
 
99%痩せる!話題の酵素ダイエット
 
 

99%痩せる!話題の酵素ダイエット

「ダイエット」最新記事

注目の記事

Facebook

ベルタカフェライター

このエントリーをはてなブックマークに追加
ベルタ葉酸サプリ ベルタマザークリーム