ラマーズ法だけじゃない!出産を「気持ちイイ&ハッピー」に変える5つの方法 | ベルタカフェ

ラマーズ法だけじゃない!出産を「気持ちイイ&ハッピー」に変える5つの方法

妊婦さんにとって、近い将来必ず訪れる未知のできごと、出産。

「鼻からダイコンが出てくる感じ」「男性が経験すると痛すぎて失神するらしい」「裂けるくらいヤバイ」など、とにかくネガティブなイメージで語られています。赤ちゃんが生まれてくる前に訪れる、人生最大の痛みのように例えられているのが一般的です。

 

ところが、自分でコントロールできない陣痛や分娩タイミングへの恐れや怯えなど、出産にまつわるネガティブイメージこそが痛みの原因なんだとか! 不安や恐怖による緊張が筋肉を縮こませ、子宮周りの筋肉収縮が上手くいかず、激しい痛みを伴ってしまうそうなのです。

 

ということは、リラックスすれば痛くない出産も可能…? はい、実はその通り。それどころか、恐怖を穏やかでハッピーな気持ちに変えるスペシャルな出産方法があるんです!
「体も心もリラックス」「呼吸法」「意識改革」のをテーマに5つの出産方法をご紹介したいと思います。

 

出産のイメージを変える気持ちのいい出産方法5選

1.ヒプノバーシング

各界セレブや王室でも実例がある、別名「オーガズム出産」。アメリカ発のこちらは、自己催眠やマッサージなど深くリラックスする方法を自身で身に付けることで、痛みのない出産を実現するもの。世界34カ国で実施されており、人によってはオーガズムを迎えるほどの快感を伴う場合もあるとか。
薬や医療に頼らない出産をしたい方や、ハイリスク出産のリスクを減らしたい方に向いています。

2.ラマーズ法

「ヒッ、ヒッ、フー」でおなじみのこちらは、そもそもフェルナン・ラマーズ医師が1951年ごろに提唱した無痛分娩法。全身をゆったりと弛緩させ、「力を入れない・いきまない」呼吸法を用いることで、安らいだ気持ちで出産ができます。
赤ちゃんを無理に圧迫せずに産んであげたい方や、会陰切開をできるだけ避けたい方に向いています。

3.水中出産

出産用の温水プールに浸かって、リラックスした体勢で出産する無痛分娩法です。自然塩を溶かし、羊水と同じ温度と濃度にした温水を用います。赤ちゃんがママの体外に出やすく、身体に負担がかかりにくいのが特徴です。
麻酔を使いたくないけれど、陣痛の痛みを減らしたい方や、薬や医療に頼らない出産をしたい方に向いています。

4.ソフロロジー式分娩法

専用の音楽を用い、ヨガや禅をベースにした穏やかな呼吸法やイメージトレーニングを取り入れた分娩法。出産を赤ちゃんとの共同作業ととらえ、陣痛は赤ちゃんに会えるためのプロセスだ、と意識を変えることで、出産をよりよいものにします。
赤ちゃんと一緒に頑張りたい、と思う方に向いています。

5.気功式出産法(リーヴ法)

中国の気功法を取り入れた出産法。ゆっくりとした腹式呼吸をベースに、出産をポジティブにとらえるためのイメージトレーニングを用います。気功で意識を集中させることで痛みを軽減し、心地よく産む効果があります。

 

まとめ「深くリラックスしながら、楽しいことを考える♥」

筆者は2人目をソフロロジー式分娩法で出産しましたが、陣痛を「赤ちゃんからの呼びかけ」「大波小波キタ!」ととらえることで、恐怖感はゼロ。

1分間隔の陣痛時にもいきむことなく、助産師さんと世間話ができるほど余裕がありました。何より、産み落とした時の気持ちよさとスッキリ感は格別だったんです!

 

ただし、医療機関によってはこれらの出産法の対応ができなかったり、妊娠状態によっては通常分娩を進められる場合もあります。まずはこれらの出産法の受け入れがある産院・産婦人科に、事前によく確認を。

 

さぁ、「体も心もリラックス」「呼吸法」「意識改革」の3点をキーワードに、ぜひ、気持ちイイ&ハッピーな出産を体験してくださいね!
 
妊娠中のママとパパのためのサプリ
 
 

妊娠したいと思ったら

「妊娠・出産」最新記事

注目の記事

Facebook

ベルタカフェライター

このエントリーをはてなブックマークに追加
ベルタ酵素