「骨格診断®」でスタイルアップ!あなたにあう服とダイエット法の選び方 | ベルタカフェ

「骨格診断®」で着痩せを叶える!あなたにあう服とダイエット法の選び方

Girl trying dress

以前、痩せている友達を見た時に本当に華奢で、私も痩せたらそんな風になるのだろうと思いダイエットをしました。でも、いくら痩せても華奢と言えるような身体にはならず、がっかりしたことがあります。それは、生まれつき骨や筋肉、脂肪の付き方により痩せ方、太り方に個人差があることが原因でした。彼女は痩せると華奢になるタイプだったのに対し、私は痩せても華奢にはならないタイプだったというわけです。
 
このように持って生まれた肌質や骨、脂肪、筋肉の付き方をタイプ別に分けた考え方を「骨格診断®」と言います。生まれ持った身体のラインの特徴を活かすことで、よりスタイルアップして見える服を選ぶために生まれた理論です。生まれた理論です。
自分のタイプを知ることで、着やせして見える服を選べる、身体のコンプレックスの原因に気づける、また、見せるべきポイントや隠すべきポイントを知ることができます。骨格診断によるファッションアナリストの資格を持つ筆者とともに、タイプ別にみていきましょう。
 
  

骨格診断で分かれる3つのタイプ

あなたはどのタイプ?
骨格診断は大きく分けて3つのタイプに分かれます。
 

  1. ハリがある肌質で筋肉がつきやすく身体に厚みがあるタイプ

  2. 柔らかい肌質と女性らしいカーヴィーな身体つきで、痩せると華奢になるタイプ

  3. 骨格が大きく関節が目立ち、筋(すじ)っぽさがあるタイプ

 
筋肉のつきやすさや脂肪のつきやすさ、骨格の大きさは、太っている痩せているといったものとは関係がなく、一生変わらないと言われています。それぞれに特徴がありますが、どれが良い悪いということはないので、自分のタイプを知り、生まれ持った身体のタイプを活かすためにご活用ください。
 
 

あなたはどのタイプ?(チェック表で自己診断)

まずは、次のチェック表で自分がどのタイプかみてみましょう。当てはまるものに、✔︎を入れていきます。

-A-

  • □装飾品を身につけなくてもシンプルな服でも目を引く存在感がある
  • □身体にメリハリがある
  • □筋肉がつきやすい
  • □重心が高い(胸の位置、腰の位置が高い)
  • □肌を押すと戻ってくるようなハリがある
  • □首が短め
  • □胸板の前後に厚みがある
  • □身長に対して手足が小さくプニプニした赤ちゃんっぽさがある
  • □立った時に膝が小さくて目立たない

-B-

  • □痩せると華奢になる
  • □メリハリというよりも身体のラインが柔らかい
  • □比較的脂肪がつきやすい
  • □重心が低め(胸の位置、腰の位置が低め)
  • □肌にぷよぷよとした柔らかさがある
  • □首が長め
  • □鎖骨の下が少しえぐれている
  • □二の腕の振り袖部分に脂肪がつきやすい
  • □立った時に膝が丸くぽこっと出ている

-C-

  • □骨格のフレーム感がしっかりしている
  • □各関節や骨格が大きい
  • □肉感があまり感じられない(骨の上に皮膚がある感じ)
  • □全体的に骨っぽさ、筋(すじ)っぽさが目立つ
  • □首は少し太めで筋っぽさがある
  • □鎖骨が太くて目立つ
  • □肩甲骨が大きい
  • □身長に対して手足が大きく男性的な筋っぽさがある
  • □立った時に膝が大きくて縦長

 
Aが最も多い:1の筋肉がつきやすいタイプ
Bが最も多い:2のカーヴィーボディのタイプ
Cが最も多い:3のフレームがしっかりしているタイプ
 
※自己診断で判断が難しかったかたは、MIXされたタイプかもしれません。自分の身体だけを診て1人で決めるよりも同世代の友達と比べてみてください。ただし、同じくらいの身長のかたと比べてみるのがオススメです。
 
 

タイプ別ダイエット法とスタイル提案

さて、自分のタイプがわかったら、次はそれぞれに適したダイエット方法と着こなしをご紹介します。

1. 筋肉がつきやすいタイプ

基礎代謝が高いのが特徴

オススメのダイエット方法

ダイエットをする際にはよく「筋力トレーニングが大切」と言われますが、その理由は、筋肉は基礎代謝を高めてくれて脂肪を燃やしてくれる働きがあるからです。そのため筋肉がつきやすいタイプのかたは、比較的がんばらなくても趣味のスポーツを楽しく続けていれば、自然と筋肉がつきその筋肉が脂肪を燃やしてくれる働きをしてくれます。
ただし筋肉太りしやすいタイプなので注意が必要。二の腕や太ももが太くなってしまわないよう、コアの筋肉を鍛える運動を多くとりいれましょう。
 

スタイルアップして見える服装

存在感があるので飾りのあるものや変わったものよりも、Tシャツや長袖などのスタンダードな丈の服がよく似合います。素材は、本革などのハリのあるものなら身体の存在感に負けません。細かく重ね着するよりも、主役の服を一点、シンプルに身につけるのが最もお似合いになるタイプです。
 

オススメしない服装

二の腕や太ももに筋肉が付きやすく目立ってしまうタイプなので、ニットカーディガンのような二の腕のラインが出るものを羽織ると、筋肉のせいでパンパンに見えてしまいます。同様にミニスカートスキニーパンツも筋肉のハリにより太ももが太く見えてしまうので、避けたほうが無難。
 
露出するのがオススメのパーツ:胸元膝下
隠した方が良いパーツ:二の腕、膝上
 
 

2. カーヴィーボディのタイプ

グラマラスなタイプはくびれを意識!

オススメのダイエット方法

このタイプは肋骨から腰にかけてのラインが他のタイプと比べて長いため、くびれを作りやすいタイプです。くびれは女性らしさの特徴なので、集中的にトレーニングしましょう。また下半身から太りやすく筋肉がつきにくいという特徴もあるので、足に関する筋力トレーニングやウォーキングはしっかりとおこないましょう。
 

スタイルアップして見える服装

凝ったデザインのものやフェミニンなイメージのあるものが身体の華奢な作りとマッチします。また重心が低めの方が多いので、短めの丈でウエストラインが出るような服を選べば重心を高くスタイルアップして見せてくれます。太ももからふくらはぎにかけての足の太さが変わらないタイプなのでラインを活かしたミニスカートもオススメ。
 

オススメしない服装

大きめの服やハリがあるタイプの服を着ると「彼のを借りて着ている」「全体を見た時に服だけ浮いている」ように見えてしまいます。また、首が長めで胸元が開けたかたが多いので、胸元が空いた服やタートルネックを着ると寂しい印象になってしまいます。胸元が空いた服を着る時にはネックレスを重ね付けしたり、首回りで髪を巻いたりしてボリュームアップを心がけましょう。
 
露出するのがオススメのパーツ:二の腕背中
隠したほうが良いパーツ:胸元(飾りや賑やかさが必要)
 
 

3. フレームがしっかりしているタイプ

このタイプにはランニングや水泳などの全身運動がオススメ

オススメのダイエット方法

このタイプは筋肉や脂肪のつきやすいさに特徴はありませんが、太る時には全体的に大きくなってしまいます。そのため、どこか部分的にトレーニングするというよりも、ランニングや水泳など全身を動かす運動をおこなうのがオススメ。
 

スタイルアップして見える服装

全体的に骨っぽさが目立つので、特定のパーツを見せることでスタイルアップさせるのではなく、隠すことでスタイルアップさせることができます。身体に沿うような服ではなく、少し長め、大きめの服がオススメ。隠しているからこそ女性らしさやセクシーさが際立つので、ボディラインに自信がないかたも、あえて隠して魅力をアップさせましょう。
 

オススメしない服装

露出の多い服装。身長に対して骨格が大きいので露出すると骨々しさが出てしまうほか、骨格が目立ち男性っぽく見えてしまいます。なるべく隠したほうが見せない魅力が出ると覚えておきましょう。
 
露出するのがオススメのパーツ:手首や足首(裾をちょっと巻き上げたようなラフ感が似合う)
隠した方が良いパーツ:関節や骨々しさ(全体的に隠す方向がオススメ)
 
 

まとめ

自分の身体を見ているとコンプレックスばかりが目につくかもしれませんが、自分がどのタイプか知ることで「改善できること」「変えられないこと」というのが見えてきませんか? コンプレックスを無理に解消しようとするのではなく、自分が持っている良さをさらに磨いて魅力を増すように「骨格診断」を使ってもらえたらと思います。
 
99%痩せる!話題の酵素ダイエット
 
 

99%痩せる!話題の酵素ダイエット

「ダイエット」最新記事

注目の記事

Facebook

ベルタカフェライター

このエントリーをはてなブックマークに追加
ベルタ酵素