カロリー制限より生理周期ダイエット!女性ホルモンのリズムを見極めてダイエットを成功させるコツ | ベルタカフェ

カロリー制限より生理周期ダイエット!女性ホルモンのリズムを見極めてダイエットを成功させるコツ

erfolgreiches Abnehmen

「何をやってもダイエットが成功しない」。その理由の一つに、“生理の周期と女性ホルモン”が大きく影響している事をご存知ですか? その神秘的でナチュラルなリズムを味方につける事ができれば、効率的に、ストレスなく痩せる事ができるんですよ!そこで今回は、ダイエットの鍵を握る女性ホルモンの特徴を徹底解明していきましょう。
 
 

ダイエットの鍵を握る女性ホルモンとは?

心とカラダに影響を与える2つの女性ホルモン
まずは、生理の周期とダイエットの関係性を知るために、「女性ホルモンの働き」についてお伝えしたいと思います。女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)プロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類があり、これらが一定の周期で分泌されながら女性の心とカラダに大きく影響しています。

エストロゲン(卵胞ホルモン)

生理の終わりから排卵にかけて分泌が増えるホルモン。妊娠に備えて子宮内膜を厚くし、女性らしい丸みを帯びたカラダのラインをつくる働きがあります。カラダの代謝も上がり、心の状態も安定するため、前向きに過ごす事ができる時期です。
 

プロゲステロン(黄体ホルモン)

排卵期が過ぎると分泌が増えるのがプロゲステロン。受精卵が着床しやすいように子宮を整える働きがあります。心やカラダの状態が著しく変動する時期。食欲が増し、むくみや便秘が起こりやすいため、一時的に痩せにくくなります。
 
 

女性ホルモンのリズムを知ろう

女性ホルモンと月経周期は密接に関わり合っています
エストロゲンとプロゲステロンの2種類の女性ホルモンは、月経周期を主に4つの周期にわけてコントロールしながら、女性のカラダが持つ独特なリズムをつくっています。そこで、「4つの周期と変化」についてまとめてみました。

(1)月経期

エストロゲンとプロゲステロンの分泌が減少し、妊娠の準備をしていた子宮内膜が剥がれて対外に排出される、月経期。ホルモンの変動は穏やかですが、月経初期2〜3日は様々な不調が現れやすい時です。月経後半になるとエストロゲンの分泌が増え始めるので、カラダも心も穏やかに過ごす事ができます。
 

(2)卵胞期

卵胞刺激ホルモンの働きで、卵巣内にある卵が発育しはじめる時期。エストロゲンの分泌が高まるので、肌の調子も良く、体つきも女性らしさが増す時でもあります。気分も晴れ晴れと爽やかに前向きになれる時です。
 

(3)排卵期

エストロゲンの分泌がピークに達すると、脳下垂体から卵胞刺激ホルモンとプロゲステロンが分泌され、卵胞から卵子が飛び出す、「排卵」が起こります。卵子が発育するにつれてプロゲステロンが増えるため、卵胞期の安定した気分も徐々にダウン
 

(4)黄体期

エストロゲンの分泌が減り、プロゲステロンの分泌が増えて、受精卵が着床する準備をする時期。子宮内が厚くなり、妊娠に適した状態となります。カラダも心も不安定になり、気分が沈んでしまう時でもあります。
 
 

痩せやすい時期と痩せにくい時期

無性に甘いものが欲しくなるのは黄体期のせい!?
生理周期の中でも最も痩せやすくなる時期は、生理が終了してから排卵するまでの「卵胞期〜排卵期」です。生理が終わる直前から次の排卵が来るまでの14日間を目安にダイエットを始めましょう。脂肪が燃焼されやすく、代謝機能も高まっているので効果がでやすい時です。と言っても、突然ストイックな食事制限をしたり、激しい運度やレーニングをする事は、心身共に負担が大きいのでNG。規則正しい生活を心がけて、しっかり栄養を摂る事を意識しながら健康的に痩せましょう。
 
一方、痩せにくいのが「黄体期〜月経期」。体内に水分や脂肪を溜め込みやすくなるので、いくら頑張っても体重の変化は期待できません。さらに、このサイクルでは、ハッピーホルモンであるセロトニンが一時的に不足するため、甘いものや炭水化物を無償に食べたくなります。痩せたい願望と食べたい欲求の衝突で、イライラも起こりやすく、ストレス過多となりカラダに悪影響を及ぼしがち。この時期は、ダイエットをいったんストップし、休息時間として割り切る事が大切です。
 
 

女性ホルモンのリズムを見極める方法とは?

低温期と高温期の体温が”二層の曲線”を描けば問題なし!
基礎体温をはかると、女性ホルモンの分泌リズムを把握する事ができます。ダイエットだけでなく、妊娠しやすいタイミング等を見極める事も可能。
 
ダイエットが成功しやすい月経期〜卵胞期の14日間は低い体温が続き、排卵日を境に高温期に入ります。この高温期の時期が、プロゲステロンの分泌が盛んになる黄体期。ホルモンの分泌が正常におこなわれているか見極めるポイントは、低体温期と高体温期の差が0.3以上あるかどうかをチェックする事。グラフにした時に、“二層の曲線”が描かれていれば、ホルモンの分泌が正常におこなわれている証拠です。
 
基礎体温のはかり方は簡単! 枕元に基礎体温系を準備し、朝目覚めたら動かずにベッドの中で検温します。体温計をしっかりと舌の裏側に入れて測定しましょう。できるだけ一定の時刻にはかる事がベスト。起き上がったり動き回ると正しい体温が記録できないので、気をつけてくださいね。
 
 

まとめ

女性でありながら意外と知らない女性ホルモンの働き。美しく健康的に痩せるためにも、生理周期と女性ホルモンのリズムを知る事はとても大切です。痩せやすい時期に集中的にダイエットに専念し、痩せにくい時期はリラックスを心がければ、「全然、痩せない!」と悲観的になる事もありません。辛いと思っていたダイエットだって、楽しむ事ができちゃいますよ!
 
99%痩せる!話題の酵素ダイエット
 
 

99%痩せる!話題の酵素ダイエット

「ダイエット」最新記事

注目の記事

Facebook

ベルタカフェライター

このエントリーをはてなブックマークに追加
妊娠したいと思ったら