つわり対策にはコレ!つわりの症状を軽減させる食事と栄養素とは | ベルタカフェ

つわり対策にはコレ!つわりの症状を軽減させる食事と栄養素とは

妊娠初期に現れる、吐き気や胃のむかつき、倦怠感といったつわりの症状。こうした症状は体だけでなく、精神的にも大きなダメージとなります。おなかの赤ちゃんの分も栄養を摂取する必要のある妊娠中に、食べることに関する悩みがあるのは辛いもの。赤ちゃんへの栄養補給の面での不安に繋がり、自分を精神的に追い詰めてしまいかねません。
 
今回は、食事に関するつわりの種類と吐き気を催してしまう理由をいくつか挙げるとともに、つわりを軽減させる栄養素や辛い時期でも食べやすい食材をご紹介します。
 
 

つわりはなぜ起こるの?

原因には諸説あるようです
つわりの原因とされているものには、いくつかの説があります。妊娠することで、排卵を抑制したり基礎体温を上げる効果のある「黄体ホルモン」や、胎盤の成長を促す「hCGホルモン」といったホルモンの分泌量が急激に増加。その変化に体が対応しきれないことでつわりが生じるという説。自律神経のバランスが崩れるためという説。体が赤ちゃんを異物だと判断してしまうために起こるという説など。
 
それにともない、様々なかたちでつわりの症状が現れるわけですが、多くの妊婦さんが体験するのが、食事に関するつわりです。では、食事に関するつわりにはどのようなものがあるのでしょうか。
 
 

食事に関するつわりにはどんな症状があるの?

あなたはどの症状が当てはまりますか?

吐きつわり

吐き気により食事が妨げられてしまう、一般的なつわりの症状。一日に何度か吐き気を催したりする場合もあれば、一日中嘔吐感が収まらないという場合も。酷い時では飲み物すら受けつけないという場合もあり、脱水症状の危険性も出てきます。妊婦の多くがこの症状に悩まされます。
 
 

食べつわり

吐きつわりとは逆に、食べた時にだけ吐き気が収まるという症状。食べ物を口にすることができるので栄養面の不安は少ないものの、どうしても食べやすい物ばかりを選んでしまうので偏食になりがちです。
 
また、胎児の発育への悪影響が懸念されるカフェインやアルコール、食中毒や水銀の問題のある生魚、特にマグロやカジキなどの過剰摂取は控えたほうがいいでしょう。
 
 

よだれつわり

唾液過多症とも呼ばれる、口の中に多量のよだれが溜まる症状。妊娠による体調の変化で水分の代謝が悪くなると、「水毒」という体内に水分の溜まりやすい状態になります。すると、溜まった水分が口の中に溢れ、その量の多さやドロドロした質感が気になり、嘔吐感に繋がってしまいます。
 
 

においつわり

食べ物の匂いをかいだだけでも吐き気を催してしまうというような症状。女性は普段から比較的匂いには敏感ですが、それがより過敏になります。炊きたてのご飯やあったかいスープなど、湯気が立つような食べ物が苦手という意見が多いようです。
 
 

つわり対策に効果的な栄養素と、それらを含む食材とは?

いくらつわりが辛くても、食べないわけにはいきません。そこで、少しでもつわりの症状改善が見込めるものを食べてはいかがでしょう。
 

ビタミンB6:玄米やレバーで嘔吐感を回避

玄米は「ビタミンB6」が豊富!
つわりに効果があるとされる栄養素が「ビタミンB6」。つわりの症状が酷い時に、点滴療法として用いられることでも知られています。妊娠高血圧症候群の改善にも効果があります。
 
ビタミンB6を多く含む食材は、まず玄米が挙げられます。「においつわり」のため炊いた時の匂いが気になるという場合は、冷ましてから食べるといいかもしれません。
牛、豚、鳥のレバーや、まぐろなどにも多く含まれていますが、前述のとおり生魚は少し控えめに。
 
 

ビタミンB1:豚の生姜焼きで吐き気解消

ビタミンB1の豊富な豚肉×嘔吐を抑制する生姜のベストコンビ
「ビタミンB1」もまた、つわりに効果のあるとされている栄養素。摂取することで、疲労回復効果や、精神を安定させる効果が見込めます。
 
ビタミンB1を多く含む食材は、豚のひれ肉やもも肉、大豆やえんどう豆などの豆類です。オススメ料理は豚肉の生姜焼き。生姜に含まれる「ショウガオール」にも嘔吐感を抑制する効果があり、冷めても美味しいので、つわりの時に食べるのにはピッタリです。
 
 

葉酸:生野菜で水分補給と便秘解消

生野菜で葉酸と水分補給!
さっぱりしていて食べやすいのが生野菜です。トマトやパセリ、レタスなどは、おなかの子供の発育を促す「葉酸」が含まれています。食物繊維も豊富なので、「吐きつわり」の際失われがちな水分補給にも役立ちます。
また、その水分不足や妊娠中に子宮が大きくなることで腸が圧迫を受けるために起こる便秘の解消にも繋がります。あっさりしたドレッシングをかければ、さらに食べやすくなるでしょう。ただ、食物繊維は消化されにくく胃もたれを起こしかねないので、あまりにつわりが酷い時は控えたほうがいいかもしれません。
 
 

タンパク質:納豆と大根おろしで消化促進

玄米は「ビタミンB6」が豊富!
消化吸収が早い「たんぱく質」を多く含む食材も、つわり時には食べやすいです。たんぱく質には筋肉を形成する働きがあり、食べ物を摂取した際に、胃の中でこねたり送り出したりするためにおこなわれる蠕動(ぜんどう)運動を改善する効果などが見込めるため、吐き気予防には最適。
 
オススメなのは納豆。ポイントは大根おろしを入れること。納豆独特の匂いが解消され、サラサラと食べやすい状態になります。納豆にはビタミンB6も豊富に含まれているので、つわり時にはもってこいの食材です。
 
 

最後に

一日三食の食事を、朝昼晩と時間を守って摂るのは健康の上では常識ですね。でも、妊娠中の体はデリケート。つわりのために思うように食事を摂れないことはよくあります。ですので、あまり時間帯にはとらわれず、「食べられる時に食べておく」ことが大事です。
 
ただ、いくら食べ物を口にできたといっても、栄養の偏り過ぎは母体にも胎児にも悪影響を与えかねません。効率よく、まんべんなくいろいろな栄養を摂取することを心がけましょう。
 
妊娠中のママとパパのためのサプリ
 
 

妊娠したいと思ったら

「妊娠・出産」最新記事

注目の記事

Facebook

ベルタカフェライター

このエントリーをはてなブックマークに追加
ベルタ酵素