35歳からでも子どもは産める?高齢出産の基礎知識とリスク&対策 | ベルタカフェ

35歳からでも子どもは産める?高齢出産の基礎知識とリスク&対策

late child‐bearing

年齢を重ねるごとに肉体は変化し、衰えていきます。肌の質感なども若いころとは明らかに違ってきますが、それは自然の摂理なので受け入れるしかないでしょう。
 
しかし、妊娠・出産となると、そうも言ってはいられません。妊娠・出産時はただでさえ体に大きな負担がかかるもの。高齢出産ならばさらに危険度は高まります。日本産科婦人科学会によると、高齢出産とは35歳以上で初めて出産することだと言われています。若いうちに出産できればそれに越したことはありませんが、仕事や身を置く環境などによって遅らせざるを得ない場合もあるでしょう。
 
メディアでも大きく取り上げられるようになった高齢出産について、美容外科クリニックで務めた後、作家活動や講演活動をするなかで女性の体や性の悩みについて専門的なアドバイスをおこなっている、医師の山下真理子先生にリスクや対策法などをお聞きしました。
 
 

1. 35歳以上でもきちんと妊娠できるの?

年齢を重ねてからの妊娠・出産、やっぱり不安ですよね
「女性の卵子というのは、産まれる前の母親の胎内にいる時からあるものなので、高齢になればなるほど卵子自体も老化します。するとどうしても、妊娠力も低下してしまいます。こうした傾向が顕著に表れるのが、35歳という年齢からです。
 
さらに40代中盤を過ぎると、自然妊娠率は1%以下になるというデータも出ています」
 
卵子自体にも老化の影響があるんですね。ただし、個人差がありますので、あまり悲観的に考えすぎる必要はなさそうです。
 
 

2. 35歳以上で妊娠することの危険性とは?

染色体に異常があると、流産やダウン症のリスクが高まる恐れが
「妊娠したあとも、老化した卵子はさまざまな危険性をはらんでいます。卵子の老化が原因で発生しやすくなるのが、染色体の異常です。染色体に異常があると、まず流産の可能性が高まります。また、産まれてくる子供がダウン症になるリスクをもたらしてしまうこともあります。
 
さらに高齢出産の場合は、加齢による血管の老化が原因で妊娠中に血圧が上がってしまう妊娠高血圧症候群や、インスリン分泌能力の低下による糖尿病などにもなりやすくなります」
 
高齢出産は母胎だけでなく、胎児への大きなリスクも伴います。また、もともと持病を持っているかたは、妊娠により悪化してしまうこともあるようなので、医師との相談は必要不可欠です。
 
 

3. 高齢出産のリスクを軽減するために、日常生活で気をつけたいこと

心身ともに健康に過ごすことが大切です
「高齢出産のリスクを軽減するには、卵子を健康に保つことが重要です。卵子の老化にはもちろん母体の年齢が関わっていますが、普段の生活習慣もまた大きな要因となります。
 
喫煙や飲酒は老化の原因となる活性酸素の発生を促してしまうので、過剰に摂取することは厳禁です。睡眠不足ストレスも同様に老化の促進に繋がるため、仕事などで悩みを抱え過ぎるのも要注意。女性の体の冷えによる血流の悪化も、卵子の老化の原因となります。
 
お風呂に入って血行を促したり、生姜などの体を温めるものを食べると効果的です」
 
規則正しい生活を心掛けることと、何事もあまり思い詰めずに精神的にリラックスした状態を保つことが老化を食い止めるのには大切なんですね。肥満も老化を促進する原因となるようなので、栄養を摂るのも大事ですが食べすぎには気をつけましょう。
 
 

4. 高齢出産に耐えうる体づくりを目指しましょう

水泳は体が軽くなるので、おなかの大きい妊婦さんにもオススメ
「出産はかなりの体力を消耗する行為であり、肉体的負担は相当なもの。そのため、高齢出産の場合、帝王切開での出産になるケースがどうしても増えます。高齢になれば、なおさらそれに耐えうる体づくりが必要です。
 
体力に自信のないかたは、まずウォーキングから始めてみましょう。徐々に体力をつけて、水泳などをおこなうのもいいですね。運動すると血行が促進されるので、肉体的な若返りも期待でき、安産への相乗効果となるはずです」
 
マタニティヨガや、妊婦用エアロビクスなど妊婦さん用のエクササイズなども増えています。妊娠中の運動不足解消や骨盤底筋を鍛えることで安産効果も期待できるので、利用してみてはいかがでしょうか?
 
 

最後に

高齢出産は少なからずリスクを伴います。とはいえ、最近では高齢出産はもはや珍しいことではなく、安全に出産を迎えるための医療技術も発達してきています。あまり不安を感じ過ぎると、精神的負担となり体にも悪影響を及ぼしかねません。
 
しっかりと知識を身に付け、生活習慣を正し、健康な体づくりをすることで、リスクは軽減できるでしょう。
 
 

【取材協力】

山下真理子

京都府立医科大学卒業後、医師免許取得。現在は医療だけではなく多方面で活躍し、Webサイトや雑誌などにて体や性の悩みについての記事を数多く掲載。メイクアップやスキンケア、インナービューティーの講師を務め、講演会も開催している。→オフィシャルブログへ
 
 

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】

>> 子供ができないのは「卵子の老化」が原因?妊娠の確率を上げる方法

>> 【不妊治療最新事情】受精卵を凍らせて保存できる “受精卵凍結保存” とは?~前編~

 
妊娠したいママはもう飲んでます!
 
 

妊娠したいと思ったら

「不妊・妊活」最新記事

注目の記事

Facebook

ベルタカフェライター

このエントリーをはてなブックマークに追加
ベルタ葉酸サプリ ベルタマザークリーム