妊娠成功への近道!?妊活に協力的な旦那さまに変えるために知っておきたい男心 | ベルタカフェ

妊娠成功への近道!?妊活に協力的な旦那さまに変えるために知っておきたい男心

change mans mind about pregnancyconception

「赤ちゃんはコウノトリが運んでくる」なんていわれているように、妊娠は必ずしも希望したとおりにできるものではありません。“ベビ待ち”とも呼ばれる妊娠を望む女性の多くは、日頃から体調管理や排卵日のチェックを怠らず、コウノトリの放つ白羽の矢が立つ日を心待ちにしていることでしょう。
 
そうはいっても、夫の協力が得られなければどんなに準備万端でも妊娠は望めません。それなのに、一緒に赤ちゃんを待ち望んでくれているはずの夫があまり協力的でないと、不安になったり悲しくなったりしてしまいますよね。妊娠を望む温度差にイライラしてケンカになれば余計に協力を遠ざけてしまうし、我慢して待っていても一向に協力的な姿勢が見られない。そんな悩みを抱えている女性は少なくなく、なかなか人に相談できる内容でもないため一人で抱え込んでしまいがち。
 
どうしたら夫に気持ちよく妊活の協力をしてもらえるのか?
 
解決のヒントは、日常のちょっとした視点の違いのなかに潜んでいるかもしれません。
 
 

男にとってセックスと子作りはイコールではない

男性は意外とロマンティックな生き物
夫婦といっても男と女。いくつになっても、結婚生活が何年経っても、夜の営みには男として相手を求める刺激がないと、おざなりになりやすいものです。そこへさらに“子作り”というプレッシャーがかかってしまうと、なかには逃げ出したくなるほど追い込まれてしまう男性もいるんだとか。
 
どんなに赤ちゃんを待ち望んでいてもその過程を大切にする――。意外とロマンティックなのが男という生物なのです。
 
そのため、「今日は排卵日だから!」「この体位だと赤ちゃんができやすいらしいよ」なんて妻から迫られると、頭では分かっていても心が萎えてその気になれず、疲れたフリをして眠ってしまったり、飲んで帰りたくなったりしてしまうんだとか。
 
なんとかそこを乗り越えて営みを迎えても、「“子作り”が大前提だと行為に集中できない」「排卵日を狙ってセックスをしたのに生理がきてしまい、落胆した妻の顔を見てプレッシャーに感じる」という声もあるほど、夫婦生活と妊娠が女性ほど直結していない男性が多いようです。
 
「それなら、その気になれる刺激を与えればいいのね!」とあからさまにセクシーなランジェリーで迫ってみる女性もいるようですが、実はそれも逆効果。夫をその気にさせたいという妻の思惑がみえみえで、余計に萎えてしまうそう。
 
夫の協力を得るためには一度行為から目線を逸らし、日常の夫婦関係から改善していくのが近道のようです。
 
 

セックスはリラックスの延長にある愛情表現

恋人同士だったころの気持ちを思い出して
結婚前の、まだ恋人同士だった頃。会える日が待ち遠しく、やっと会えても楽しい時間は一瞬で離れがたく、時の刻みを恨めしく思った経験が誰しも一度はあると思います。
 
夫婦になれば毎日一つ屋根の下で生活するため、待ち焦がれることも別れ際の切なさを感じることもなくなりますよね。でも、よく考えてみてください。日中は仕事があるため、夫婦といえども離れ離れなことが多いはず。その間を恋愛中の会えない期間に置き換えてみるのです。
 
朝、出勤するときはデートの別れ際。離れたくないけれど、心配をかけないために笑顔で手を振ったあの日と同じように、夜を待ちわびる気持ちを込めて、笑顔で「いってらっしゃい」をします。たったそれだけのことで1日仕事をがんばれちゃうのが男なんです。
 
そして、自分の帰りを待ちわびている人がいると思うと、まっすぐ帰りたくなるのもまた男。仕事でどんなに嫌なことがあっても、あふれんばかりの笑顔で「おかえりなさい」を言ってくれる妻の顔を見た瞬間に、疲れやストレスは吹っ飛んでしまうといいます。
 
そんな気持ちで帰宅できれば、一緒に過ごす夜の時間はおのずと心の寄添った充実した時間になることでしょう。
テレビを観ながら手をつなぐ、他愛ない会話を楽しみながらお酒を飲む、マッサージをしてあげたり一緒にお風呂に入ったり。二人で過ごせる夜のひとときに「一緒にいられる幸せ」をたくさん実感して、愛情と絆を深めましょう
 
もちろん子作りや子どもの話は厳禁。焦る気持ちはいったん奥底にしまって、まずは夫婦のコミュニケーションとスキンシップを意識しましょうね。
 
そんな日々が積み重なれば、夫にとって妻は愛おしい“ひとりの女性”となります。そして、一緒に過ごす時間は最高のリラクゼーションとなり、自然と体を求めたくなるもの。
 
“子作り”のためではなく、夫婦の愛情確認としての行為であれば、夫は無理なくセックスを受け入れることができるようです。
 
 

男心を制する者がコウノトリを制する

そして、優しい夫から優しいパパに
「赤ちゃんを授かりたい」という共通した思いがあるにもかかわらず、その過程ですれ違いが生じ、気持ちのベクトルが逆を向いてしまうのはなんとも悲しいこと。結果を求めるのではなく、営みに至るまでのプロセスをリラックスして一緒に楽しみながら、同じ目標に向かって歩調を合わせていくことが大切です。
 
内心は繊細でロマンチストな男性だからこそ、ストレートすぎない表現で伝えるとともに主導権を握らせてあげましょう。また、何度かに一度は夫からのお誘いをあえてじらしてみるなど、夫婦間でもほどよい恋の駆け引きは燃え上がるスパイスになるもの。
 
“子作りの手段”ではなく、“夫婦の愛情を確認しあう行為”として互いに満足できる営みを迎えられるよう、日常の関わり方から愛情を持って接することが、夫の妊活への協力を得やすくなる秘訣のようです。
夫婦が楽しむセックスの先にコウノトリが待っているのかもしれませんね。
 
妊娠したいママはもう飲んでます!
 
 

妊娠したいと思ったら

「不妊・妊活」最新記事

注目の記事

Facebook

ベルタカフェライター

このエントリーをはてなブックマークに追加
ベルタ酵素