顔ヨガ講師・間々田佳子に聞いた!バストアップに効果抜群なフェイシャルヨガ&タンゴエクササイズ | ベルタカフェ

顔ヨガ講師・間々田佳子に聞いた!バストアップに効果抜群なフェイシャルヨガ&タンゴエクササイズ

face-yoga

最近、テレビで彼女を見ない日はないというほど活躍している、顔ヨガ講師の間々田佳子(ままだよしこ)さん。実は、彼女は、日本で活躍するプロのタンゴダンサーでもあります。
 
小さな顔とスッキリしたデコルテラインが印象的な間々田さんに、美しいバストとデコルテをつくるためのエクササイズを教えてもらいました。
 
 

美バストとデコルテをつくるエクササイズ<顔ヨガ編>

デコルテに効くのは、『ひっひっひー』のポーズ。名前のとおり、『ひっ』と声に出しながらおこなうエクササイズです。二重あごや首のしわ対策としても効果がありますよ」
 

1. 基本の「ひっひっひー」のポーズ

基本の「ひっひっひー」
「まっすぐ前を向いて、両手を首の下のあたりに重ねて軽く添えます。準備ができたら、『ひっひっひー』と声を出しながら、口を動かしましょう。すると、3回、首の筋が立って動きますね。これが、あごから首、バストの筋肉を引き上げる動きになります」
 

2. 10セットを目安に繰り返す

『ひっひっひー』のポーズ一回と、その後に一呼吸するまでが1セット
『ひっひっひー』のポーズ一回と、その後に一呼吸するまでが1セット。5セット終わったら、重ねている手の上下をかえて(最初に右手が上だったら、次は左手を上にする)、もう5セットおこないます。ポイントは、首の筋がちゃんと立っているかどうか。正しいポーズができていないと効果が半減するので、最初は、必ず鏡の前で確認してみてください。筋肉の動きは、口角をあげる角度によっても変わります。一番、筋が目立つと感じる口の形でおこなうのが効果的です」
 
私も実践してみましたが、普段動かさない部分を使うせいか、たった数回で軽い筋肉痛になりました。間々田さんによれば「筋肉痛になるのは効いている証拠」。スキンケアの後やお風呂の時間に、バストのラインを意識しつつすると良さそうです。
 
 

美バストとデコルテをつくるエクササイズ<タンゴ編>

タンゴダンサーのような凛とした上半身を目指して
「優れたタンゴダンサーは、どんなに激しい動きをしていても、常に美しい姿勢を保つことができます。大事なのは、上半身のクセや力みをとること。日常的に実践できて、美しいバストラインにもつながる簡単なエクササイズを1つご紹介します
 

簡単エクササイズのやり方

(1)壁に向かって立ち、手を「ハの字」にして壁につく。手の位置は胸より低め、アンダーバストのラインくらいを意識する。脇は締めず、卵1個分くらい開いて余裕を持たせる。
 
(2)壁に対して腕立て伏せをするイメージで、胸を壁に近づける。このとき、顔が前にいかないように注意すること。デコルテラインを美しくするには、胸を前に出すようにして動くことが大切。足の位置を壁から離すほど負荷がかかるので、ちょうど良い位置を探して5回×2~3セットおこなう。
 
シンプルな動きですが、壁に力をかけられるので、胸の筋肉をうまく意識しつつ負荷がかけられそうです。肩甲骨をよせるので、丸まった背中が伸びて上半身の血行も良くなりそうですね。
 
 

さいごに

すっきり美しいデコルテは若さの象徴
顔ヨガとタンゴ。一見つながりのなさそうな2つのエクササイズが、バストアップに効果があるとは意外でした。どちらも、特別な道具がいらず、すぐにできるのが嬉しいですね。習慣にすることで、間々田さんのような美しいデコルテラインが手に入るかもしれませんよ!
 
 

【取材協力】

間々田佳子さん

「見た目年齢マイナス10歳」を実現する小顔づくりの専門家。これまで約6,000人を小顔にしてきた。「顔ヨガ」との出会いは、タンゴダンサーとして活動していた38歳の時。アジア大会優勝時の写真を見て、引き締まったカラダとは対照的な、たるみ顔にショックを受けて顔も鍛えることを決意。横幅5cmサイズダウンの小顔化に成功した経験を基に、全国各地でレッスンや企業研修をおこなっている。メディア出演も多数。All about 「顔ヨガ」で執筆中。著書に『間々田佳子の顔ヨガでアンチエイジング』(ぴあ、2012)他ほか。→間々田佳子HP「W Tango+
 
女子力UP↑極上プエラリアサプリ
 
 

女子力UP↑極上プエラリアサプリ

「バストアップ」最新記事

注目の記事

Facebook

ベルタカフェライター

このエントリーをはてなブックマークに追加
妊娠したいと思ったら