「離婚したカップルにはコレできていなかった!」いつまで仲のよい夫婦でいるための大切な3つのポイント | ベルタカフェ

「離婚したカップルにはコレできていなかった!」いつまで仲のよい夫婦でいるための大切な3つのポイント

愛し合って信じあって、この人とだったら一生幸せに生きていける…

そう信じて結婚したはずの夫婦でも、結婚生活が続くにつれてなれ合いの関係になってしまい、相手の大切さや相手に対する思いやりを忘れ、わがままを通そうとばかりしてしまってはいませんか?

 

夫婦といえ元々は他人同士。その他人が一生ともに暮らしていくには、忘れてはいけないものがたくさんあります。せっかく出会い、愛をはぐくんで結婚した夫婦ですから、いつまでも仲良く幸せでいたいもの。

 

今回は、離婚を経験したカップルが離婚後に気付いた、夫婦間において忘れてはいけないポイントを3つご紹介したいと思います。

 

夫婦間において忘れてはいけない3つのポイント

 “思いやりを忘れない努力”をする

人間関係において大切なことは『思いやり』ですね。

しかし、夫婦関係において大切なのは、その思いやりを『忘れないよう努力すること』だと考えます。

離婚した多くのカップルが、「結婚生活の終盤を振り返ると、思いやりを忘れて喧嘩をしたことしか思い出せない」と言います。
思いやりを忘れてしまうと、相手に対しての言動が怠慢になり、些細なことから喧嘩や言い合いに発展。やがて修復できない事態にまで発展したことが離婚の大きな原因になるのだそうです。

 

遠い昔の付き合い始めのころを思い出してください。まだお互いのことを全て知り得なかったあの頃、少し思い通りに行かないことがあったとしても、怒らないように我慢したり、汚い言葉を使わないように言葉を選んだりと、相手に対する配慮を行っていたのではないでしょうか?

 

関係がなれ合いになってしまうとどうしても自我が出てしまい、相手に対して思いやりを持つ気持ちが消えてしまいます。何か気になることがあった時に、ぐっと堪えたり一歩踏みとどまって考えることができなくなり、つい思ったことをストレートに口に出してしまいます。

一度踏みとどまることができなくなれば、次も、その次も、もう二度と踏みとどまることはできず、同じことの繰り返しになるのは目に見えています。

そうはならないよう、まずは“相手のことを思う気持ち”を持ち続けることが、夫婦間にはとても大切なことなのです。

 

適度な距離感を保つ

「今誰といるの?」
「今日は何時に帰ってくるの?」
「今どこにいるの?」

逐一相手の行動を把握するような過干渉は、夫婦間を含む人間関係において非常良くないことです。ですが、全く干渉しないということもけして良いとは言えません。

 

子供が母親にかまってほしい時に泣いて注意を引こうとするのと同じように、人は相手に気をかけてもらっていると思うことで安心感を得ることができるのです。

 

相手の趣味や、相手が興味のある分野について自分から興味を示してみるなど、たとえ自分が興味が無いものであっても、二人の会話の中に話題として取り上げることでで、相手は「自分に対して関心を持ってくれているんだ」という安心感を感じます。

 

ただし、あくまでもほどほどに。

特に、人間関係において“適度な距離を保つ”習性のある男性にとっては、「妻だから夫のすることは全部把握するべき!」というある種の女性が持つ特有の性質は理解しがたく、苦痛以外の何物でもありません。大切なのは適度な距離間です。

 

ありがとうに一言添える

「『ありがとう』『ごめんなさい』という当たり前の言葉をお互い言わなくなった」

 

離婚を決意したカップルの離婚原因として、度々耳にする言葉です。

 

「ありがとう」と言う言葉は、どんな関係であれ人間関係には必須。夫婦間においてもそれは同様です。

ですが、例え相手に感謝を感じていても、ただ毎日「ありがとう」と言うだけでは、「ありがとう」に込められた感謝の気持ちも、言葉の信憑性も薄れてしまいます。

 

そんなときは、「ありがとう」の言葉に自分の気持ちを一言添えてみてはいかがでしょうか。

「お弁当、いつも全部食べてくれてありがとう。作りがいがあるよ!」

「早く帰ってきてくれてありがとう、二人でゆっくり話す時間ができたね。」

「ありがとう、お風呂を洗っておいてくれてすごく助かる!」

 

など、ほんの一言自分の言葉を添えるだけで、言葉に深みがプラスされ、相手にも感謝の気持ちがしっかりと伝わるでしょう。

まとめ

当たり前のようで当たり前ではない、多くの人が当たり前にできなくなってしまう、夫婦間で忘れてはいけない大切なことをご紹介しました。結婚生活が長くなるにつれて、ついつい関係がなれ合いになってしまい、些細なイライラや不満を直接ぶつけてしまいがちです。

夫婦と言えど、元は他人同士。幸せに暮らしていくうえで一番配慮すべき相手は、実はあなたといつも一緒にいるパートナーではないでしょうか。
 
妊娠したいママはもう飲んでます!
 
 

妊娠したいと思ったら

「不妊・妊活」最新記事

注目の記事

Facebook

ベルタカフェライター

このエントリーをはてなブックマークに追加
ベルタ酵素