【前編】アラサーアラフォー女は年下男を狙え!?年下男子との恋のメリットとは?~前篇~ | ベルタカフェ

【前編】アラサーアラフォー女は年下男を狙え!?年下男子との恋のメリットとは?~前篇~

年下男子・前編1

最近なにかと“年下男子との恋”がメディアを賑わせている。
 
『きょうは会社休みます。』の漫画やドラマが流行……そして芸能界も年下男ブームなのか、年上女性と年下男性のカップルがやたら目につき、特に昨年末はまさに年下男子との駆け込み結婚のラッシュ。
 
女優の米倉涼子(39)が2歳年下の一般男性と結婚したのを皮切りに、向井理(32)と国仲涼子(35)、そして女優の菊地凛子(34)と俳優の染谷将太(22)。……そして、今年早々1月1日に婚姻届を提出し夫婦となった杏(28)と東出昌大(26)もいる。
 
過去を振り返っても、姉さん女房のカップルは数多く、小雪と松山ケンイチは8歳の年の差。グラビア・アイドルほしのあきの相手の三浦皇成は13歳年下。確かドリカムの吉田美和も19年下のミュージシャンだったし、タレントの磯野貴理子は24歳下のお相手である。そう、女優川島なお美の旦那さま、パティシエの鎧塚俊彦さんだって5歳下だそう。
 
女性が年上男性との結婚を痛切に望んでいたのはもうひと昔前の話なのだ。
 
「守ってもらいたい」
「頼りたい」
「リードしてもらいたい」
「食べさせてもらいたい」
 
……という依存型ではなくなってきている。
 
現代の女性たちは男性と同じように(さらにはそれ以上に)仕事をバリバリこなし、経済的にも精神的にも自立している人が増えてきている
結婚という形式にこだわらない女性やひとりでも十分生きていける力を兼ね備えているのであれば、むしろ付き合う相手の年齢など関係なく、男性の経済力を重視しなくともいいわけだ。
 
これからもっともっと女性の社会進出がすすめばさらに年下男子との恋が増え、さらにはその年の差も10コ下、一回り、二回りなどとどんどん開いていくかもしれない。
 
……ということで、30代、40代のキャリアを積んだ女性の恋のお相手は年下男子がおススメな理由を、体験型恋愛コラムニスト神崎桃子が前編、後編の2回にわけて探ってみた。
 
 

年下男子のメリットは? 年上男性のデメリットは?

年下男子だと思う存分デートが楽しめる

年下クンとなら遊園地デートもうきうき!
仮に、30代女性のお相手としての年上男性を設定すると、40代以上ということになる。
 
40以上の男性で「この人、ちょっといいかも……」と思うような相手は既に臭覚のいいメス犬にしっかり捕獲されており、殆ど“人の物”になっているはず。そうなると既婚男性に都合のいい不倫女に成り下がるしかなくなる。
仮に、イイ感じの40代独身男が余っていたとしても……だ。体力が衰えてきて忍耐力のない場合が多いので、思う存分デートを楽しめなかったりする。
 
それにくらべて、年下の彼となら遊園地やテーマパークでアトラクションの長蛇の列も並べるし、絶叫マシーンも楽しめるし、夜景を眺めながら大観覧車のてっぺんでチューだってできちゃう(笑)。また年下男子は体力があるので一日中歩き回ってもへっちゃら、ショッピングだって嫌がらずに付き合ってくれる。
 
年上男性だとこうはいかない。
すぐ「疲れた」を連発し、
 
「ちょっと休憩」
「もう、お茶しようよ」
 
……となる。
また、年配者は我慢がきかないので
 
「え~~、そんなに待つの?」
「混んでるならやめよう~」
 
となり、あなたの行きたい場所を断念せざるえない。
人気のデートスポットを楽しむには年下クンの方が最適だろう。
 
 

年上男性との結婚生活はリアル過ぎて夢がない

待つのは、こんなはずじゃなかった……の結婚生活!?
また、デートだけではない。40代以上の男性との生活はちょーシビア!!
もしうまく結婚まで持ち込めたとしても、すぐに
 
「旦那はいつまで働けんの?」
「年金は?」
 
……と不安が募り、さらには「旦那の両親の介護がぁ~」と、アタマをよぎるのは福祉老後関係のことばかり。
 
そんなリアル過ぎる現実は、ただでさえツライ浮世のなか、男と張り合い渡り合い、仕事でさんざん揉まれて生きてきた30代40代女性からしたら少〜しだけ遠ざけたいのが女心。
 
「ちょっとの間、現実逃避させてほしい……」
今を楽しませて
「お願い……少しだけ夢を見させて
となる。
 
年下男子との恋愛ならとりあえず、年金や介護のことはまだ置いとけるのだ。
 
 

年下男子だと行動パターンが読める・喧嘩にならない

年下クンには母性本能くすぐられまくり!?
年下クンがナニをしようがやらかそうが、所詮私自身や若かりし頃の元彼氏たちも通って来た道。今さら彼がどう出たって驚かないし、ある程度の予想もつく。
だからこっちも疲れなくて行動しやすい。こちらはすでに経験したり学習してきているので、相手に合わせて上手く立ち回ることができるし操縦しやすい。
 
また、自分が年上で相手が年下ということで彼の欠点やミスを容易に許すことができ、寛大な女性、柔軟な女性として対応することができる。
たとえ彼がとんでもないドジや失敗をおかしても、
 
「……でも、一生懸命頑張ってくれたんだよね」
「そんな気にしないでいいよ、いいよ」
 
となり、
 
「まぁ、なんて健気なの!?
「やだ~カワイイ♪
 
……と彼が粗相しても母性本能がくすぐられ、愛おしささえ感じてしまう。
 
しか~し、これが年上男性だったらそうはいかない!
 
「あなたってほんとツメが甘いのよ!」
「男でしょ?」
「もっとしっかりしてよ!」
 
と、イライラし逆上してしまうこととなる。
年上男性には自分より多く生きてきた分だけ、求めるものも多く期待値も高くなってしまうのである。
 
そう、年下と年上がたとえ同じことをやらかしても女性が許せる範囲に大きな差があらわれるのだ。ゆえに年下クンとの交際ならば言い争いやケンカの時間などは減り、ラブラブな時間をめいっぱい満喫できるというわけ。
 
……男女が長く続く秘訣は目をつぶることにある。相手をすんなり許すことができるか否かだ。
器の大きな女性というのは男性にとって非常に居心地がいいものだ。
 
 
後編ではさらに深く“年下男子との恋の魅力”を探ってみたいと思う。
 
▷後編はこちらから!
アラサーアラフォー女は年下男を狙え!?年下男子との恋のメリットとは?~後篇~
http://belta-cafe.jp/4139
 

「恋愛」最新記事

注目の記事

Facebook

ベルタカフェライター

このエントリーをはてなブックマークに追加
妊娠したいと思ったら