【簡単レシピ】「にんじんしりしり」は女性に嬉しい美容・健康成分たっぷりの魔法の料理 | ベルタカフェ

【簡単レシピ】「にんじんしりしり」は女性に嬉しい美容・健康成分たっぷりの魔法の料理

しりしり」という言葉を聴いたことはあるでしょうか? なかなか耳慣れないこの言葉は沖縄の方言で「繊切り」という意味。スライサーで食材を下ろすときに聞こえる「すりすり」という音が由来になっているのだとか。
沖縄にはこの「しりしり」の名が付いた郷土料理があります。たっぷりの繊切りにんじんを使用した「にんじんしりしり」。にんじんと卵があれば作ることができるお手軽メニューです。
 
 

肌荒れ・便秘からガン予防まで! 女性の悩みはおまかせ

にんじんしりしりで女子力UP
にんじんをたっぷり使う「にんじんしりしり」には、美容と健康をサポートする栄養が豊富に含まれています。
 
にんじんと言えばカロテンが豊富な野菜の代表格。体の中でビタミンAに変換されるカロテンは女性に嬉しい効能がぎゅっとつまった魔法のような栄養素です。
肌荒れや乾燥を防いで、なめらかな肌をキープできます。体をサビから守る抗酸化作用に加え、造血作用があるので貧血・冷え性にも効果的。まさに女性の強い味方です。他にも免疫機能の向上抗ガン作用ドライアイ予防むくみ解消など驚くほど様々な効能があります。
 
卵は髪の健康によいとされる食材の1つです。タンパク質やビタミンB、ヨード、硫黄など髪を育てる成分が含まれていて、ツヤのある美しい健康的な髪へと導いてくれます。
 
また、「にんじんしりしり」はボリューム感があるのでダイエットにもおすすめです。食物繊維をたっぷり取れるので、腸内環境も整えることができます。
おなかいっぱい食べて体の中からキレイに健康になれる、うれしいメニューです。
 
 

「にんじんしりしり」は、にんじん効果を最大限に活かしたメニュー

にんじんは栄養豊富な緑黄色野菜の代表格!
にんじんに含まれるカロテンは調理法によって吸収率が変わってしまいます。実は、生のまま食べてもほとんど体に吸収されません。
脂溶性のカロテンは油との相性がよく、熱を加えることで甘みも増し、よりおいしく食べられます。また火や油で調理することで、カロテンの効果が上昇するとも言われています。
 
にんじんを油で炒める「にんじんしりしり」は、正に理にかなった調理法
にんじんのおいしさと栄養を最大限に引き出した料理なのです。
 
今回はおいしくて美容・健康効果のある「にんじんしりしり」の簡単レシピをご紹介します。
 

にんじんしりしりの作り方

材料

  • にんじん 1本

  • サラダ油 大さじ1

  • ツナのオイル漬け缶詰 1缶

  • 醤油 小さじ1

  •  1個

 

作り方

  • (1)にんじん1本を細切りにする。スライサーやシリシリ器があると便利

  • (2)フライパンにサラダ油を熱し、(1)を入れてしんなりするまで炒める

  • (3)ツナを缶の中の油ごと加え、さらに炒め合わせ、醤油を加えて調味する

  • (4)最後に卵を割り入れ、煎り卵状になるまで炒めて出来上がり

 

最後に

いかがでしたか? このレシピの中に入ったツナは、ホルモンのバランスを整えるビタミンB6が豊富に含まれています。血液をサラサラにする効果のほかに、生理前のイライラや頭痛などいわゆる「月経前症候群(PMS)」を緩和する食材として注目を集めています。にんじんシリシリにぜひ入れて、美味しくきれいになってくださいね。
 
 

「健康」最新記事

注目の記事

Facebook

ベルタカフェライター

このエントリーをはてなブックマークに追加
ベルタプエラリア