美人の美しい座り方を美しく習得しよう!今日からできる3つのポイント | ベルタカフェ

美人の美しい座り方を美しく習得しよう!今日からできる3つのポイント

レストランでのデートや仕事の会議、車での移動中など、私たちが座って過ごす時間は長いものです。せっかくなら、ただ座るだけではなく、キレイに見える姿勢を意識してみませんか? 身体にも良く美しく見える座り方について、姿勢と歩き方の専門家・大田寛子さんに教えてもらいました。
 
「まず、基本となる美しい姿勢のつくり方をご紹介します。第一印象を左右する姿勢はとても大切です。今回は、座り方ということで上半身の姿勢について解説しますね」
 
 

美しい姿勢(上半身)のつくり方

頭の上にものを載せているようなイメージで
 

1. まずは、基本の姿勢「頭をまっすぐ背骨にのせる」を意識する

お腹に少し力を入れて、背すじを軽く伸ばし、その延長線上に頭をのせるイメージで姿勢を正してください。背中が丸まっていたり、頭がぐらぐらしていたりすると、「暗い」「自信がなさそう」といった印象を周囲に与えてしまいます。
 

2. ゆっくりとエレガントな動作で腰をおろす

基本の姿勢で上半身を垂直に保ったまま、ゆっくりと腰をおろしましょう。お尻からドスン! はNGです。ゆっくりした動きはエレガントに見えますよ。
 

3. 美しい姿勢を維持する

背もたれに背中をつけ、座った時に足の裏がしっかり床につくように座ります。かかとが浮くようなら少し浅めに腰かけましょう。着席したら、骨盤(腰)を立てるイメージでお腹を伸ばします。背中が丸まると、腰を痛める原因にもなるので気を付けてくださいね。
 
 
正しい位置を意識するだけで、座っている姿がぐっと美しくなりそうです。基本をマスターしたところで、シチュエーション別のコツも教えてもらいました。
 
 

シチュエーション別、美しい座り方のコツ

1. デスクワーク

自分仕様に椅子を調整しましょう
姿勢が良いと、仕事ができる印象を周囲に与えることができます。長時間のデスクワークでも、疲れにくく、きちんとして見える座り方のポイントをご紹介します」
 

  • 椅子の高さと角度をしっかり自分の身体に合わせる。座面の高さはかかとが床につくくらいがベスト
  • ・1時間に1回、席に戻る時など、タイミングを決めて「基本の姿勢」に戻す努力をする

 

最初から頑張りすぎず、少しずつ直せば良いんですね。椅子は使っているうちに微妙に高さや角度がずれてしまうこともあるので、ときどきチェックして正しい位置に戻すと良さそうです。
 

2. デート

凛とした座り姿に彼もメロメロ!?
「デートのときに服装やメイクを意識する女性は多いですが、姿勢を気にしている人は少ないのではないでしょうか。猫背では、せっかくのおしゃれも台無しです。明るく爽やかな印象を与える方法をお伝えします」
 

  • ・あごと両肩を結ぶ「三角形」の頂点(あご)を高くするイメージが大切。あごを引いて基本の正しい姿勢をしたら、首を少し伸ばすイメージで座る

 
あごや首回りがすっきりして見えると、デコルテラインが美しくなりそうですね。最初は、鏡の前でちょうど良いバランスを探して少しずつ練習してみましょう。
 

3.会議中

だらしない座り方はイメージダウンに繋がります
「会議の時は、きちんとしていて、程よく自信が感じられる佇まいが理想ですね。役立つコツは2つあります」
 

  • ・姿勢は「基本の姿勢」をキープすればOK
  • ・意外に見られているのが足元。足はどんな時でもしっかり閉じること。どんなに素敵な笑顔をしても、足が開いていると「残念な印象」になるので要注意

 
 

さいごに

基本の姿勢を心がけつつシチュエーション別のコツを実践したら、すぐに姿勢美人に近付けそうです。皆さんも今日からぜひ試してみてくださいね。
 

【取材協力】

大田寛子

姿勢と歩き方の専門家(ポスチュアスタイリスト)として活動している。東北エリアを中心に各地でレッスンを開催。自身のコンプレックスを克服した経験を踏まえた丁寧な指導に定評がある。→アメーバブログ
 
 

「健康」最新記事

注目の記事

Facebook

ベルタカフェライター

このエントリーをはてなブックマークに追加
ベルタ葉酸サプリ ベルタマザークリーム