沖縄美人になれるかも! 1日5分でできる人気サロンおすすめ美容法5つ | ベルタカフェ

沖縄美人になれるかも! 1日5分でできる人気サロンおすすめ美容法5つ

沖縄美人

人気女優やアーティストを多数輩出するなど、美人が多い印象のある沖縄。私の思う「沖縄美人」は、真夏の日差しにもストレスにも負けないしなやかな美しさを持つ女性
 
そんな沖縄美人たちの美の秘訣について、モデルや女優たちが足しげく通うサロン&カフェ「VIVACE BEAUTY(ビバーチェビューティー)」を主宰する、伊是名祐子(いぜなゆうこ)さんに伺いました。
 
 

1. お風呂に塩をいれて「冷え」対策

ミネラルはお肌を健やかに保ちます
『冷え』は美人の大敵です。肩こりや頭痛、むくみなどの要因になるので、1年を通して対策をしましょう。特に寒い季節は意識して体を温めてください。簡単にできるのはお風呂に入ること。ナチュラルに血行促進をするなら、入浴剤のかわりにミネラル豊富な沖縄の塩を使うのがおすすめ。1回につき、一握り程度(50~60g)の塩をいれて体を温めましょう。基礎代謝があがり、質の良い眠りが得られますよ」
 
しなやかな美しさの基本は、冷え対策なんですね。
 
 

2. 睡眠前にはハーブティーでリラックス

眠りの前に充実したリラックスタイムを
「美しい人は、オンとオフのめりはりをつけるのが上手です。気持ちを静め、しっかりと休むために、眠る前に温かいハーブティーを飲みましょう。ノンカフェインのもので、その日の気分や効能で選ぶと良いですね。沖縄らしいお茶なら『月桃茶(げっとうちゃ)』。抗酸化作用が高く免疫力アップが期待できるので、愛飲している女性も多いです」
 
美人は、ストレスをリセットするのが上手なんですね!
 
 

3. オイルで保湿、柔らか肌に

香りのいいオイルなら、リラックス効果も高まります
「最近、特に注目されているオイル美容。日々のセルフケアにも取り入れてみてはいかがでしょうか。プロに任せてメンテナンスをすることも大切ですが、その効果を高めつつ美しさを持続させるためには、毎日のケアが大切。仕事の合間に爪先を保湿する、お風呂上りに全身にオイルをなじませ気になる部分を軽くマッサージするなどすると、潤った柔らかな肌を保つことができます。習慣にすると、ごわごわ肌も蘇りますよ」
 
最初は1日数分でもOKなのだそう。続けることが大切なんですね。
 
 

4. 最後の一口、をやめる勇気をもつ

その一口をグッと我慢…!
「『もうちょっと食べたいな』と思っても、最後の一口を我慢する。それだけでも太りにくくなります。食べ過ぎると、体中の血液が胃に集まってしまうもの。健康な体と美しいラインを保つためには、腹八分目を意識することが大切です。慌てて食べずに、箸を置いて一息つく。ちょっとしたことですが、習慣にできると体の変化を感じられると思いますよ」
 
心を整え、体を整える。美しさの軸ができそうですね。
 
 

5. 飲みすぎた翌日は「かちゅー湯」でリセット

二日酔いは美人の大敵です
「普段は気を付けていても、忘年会などが続くと食べすぎたり飲みすぎたりすることはあるものです。そんな時は、沖縄に古くから伝わる家庭料理『かちゅー湯』を試してみてください」
 

【かちゅー湯の作り方】

  • (1) お椀に鰹節を入れる
  • (2) お椀の7分目くらいまで、お湯をいれる
  • (3) 味噌を加え、お湯で溶かす
  • ※ 簡単な味噌汁をつくる要領で、濃さや量は好みで調節します。だしをしっかり、味は薄めのほうが胃に優しいです。

 

沖縄では、風邪気味の時や飲みすぎた翌朝などに飲まれています。子どもの頃から親しんでいる、どこか懐かしい味。だしの旨みが体に染みわたり、弱っている時や疲れた時に飲むとホッとします」
 
美しい人はデトックスも上手。昔ながらの知恵もしっかり活用しているんですね。
 
 

さいごに

どれもシンプルなものばかりですが、日々の不調やストレス、食べ過ぎを上手にリセットすることが、キレイへの近道なのかもしれません。みなさんも、今回ご紹介した美容法を取り入れて沖縄美人を目指して試してみませんか。
 

【取材協力】

VIVACE BEAUTY

VIVACEとは、イタリア語で “いきいきとした” という意味。いきいきとした暮らしを送るためのヒントを、Food、Beauty、Fashion、Design、Healthの5つの切り口で提案しています。カフェ、エステサロン、セレクトショップが融合した人気店です。

 
 

「美容・ボディケア」最新記事

注目の記事

Facebook

ベルタカフェライター

このエントリーをはてなブックマークに追加
ベルタ葉酸サプリ ベルタマザークリーム