顔の印象は目で決まる!なりたい目元別3種のアイライナー使い分けテクニック | ベルタカフェ

顔の印象は目で決まる!なりたい目元別3種のアイライナー使い分けテクニック

 
みなさんは毎日のメイクで、“アイライナー” をどのくらい活用できていますか?
 
目は顔の印象を大きく左右するパーツなので、アイラインスキルを上げておけば、「こんな顔になりたいな〜」と憧れている顔立ちに近づくことがもっと簡単になるんです。
 
そこで今回の記事では時短美容研究家の筆者が、どんなメイクに仕上げたいかに応じたアイライナーテクをアイテム別にご紹介しますので、チェックしてみてくださいね!

 

万能・ジェルライナー

ジェルライナーは初心者にも扱いやすいのでオススメ
ペンシルタイプよりもくっきりハッキリ仕上がり、リキッドタイプよりも柔らかい印象を作ることができるのがジェルライナー。ジェルライナーは筆で描いていきますので天然毛の筆をチョイスするのがポイント。
 
ジェルライナーは仕上げたいメイクの印象に応じて、太さや濃さを思い通りに調節できるので、初心者さんにもオススメです。
また、ジェルライナーはキレイな “ぼかし” も作り込みやすいので、マストハブコスメといえるでしょう。
 
ブラックだとよりハッキリ、ブラウンだと優しい仕上がりになりますので、2色とも揃えておくと便利ですよ。
 
 

くっきりシャープに!リキッドライナー

パーティで目立ちたいなら絶対リキッドライナー!
ペンシルよりも艶っぽく、ジェルよりもシャープな印象を作ることができます。
 
クッキリ黒々としたラインを描きやすいので、細めライン極細ライン、さらには流行りのキャットアイを描きたいときには断然、リキッドが便利。
なりたい仕上げの顔に合わせて目の大きさや形を演出しやすいので、自分の目の形と異なるメイクをしたいときには断然オススメです。
 
もともとリキッドライナーはアイラインを引いていることを強調したいときに使うのがコツなので、色はブラックを1本持っておくと重宝するでしょう。
ただ、にじみにくいのが特徴ですが、逆にぼかしテクが使いにくく、描くときは一気に描き上げてしまわないと失敗することもあるので注意してくださいね。
 
 

ナチュラル仕上げのペンシルライナー

ナチュラルメイクといえばペンシルライナー
リキッドよりも自然で、ジェルよりも柔らかい印象に仕上げることができるペンシルライナー。ナチュラルに仕上げたいときにはペンシルライナーに勝るものはありません!
使用後にまぶたに色が移ったりしにくいので、初心者さんにも使いやすいといえますね。
 
また、アイメイク以外のメイク、例えばリップやチークなどを主役にしたい仕上げのときには断然、ペンシルライナーがオススメです。
 
ぼかしテクは使いやすいのですが、一方で汗などに弱くにじみやすいモノも多いので、こまめなメイク直しが不可欠です。
 
 

複合ワザ

組み合わせ次第でさらに目力UP!
筆者は基本的に、毎日のメイクにはジェルとリキッドを両方使っています。
 
アイシャドウを使う前に、まずはジェルライナーでだいたいの目の形や大きさを線取りします。次にその上にアイシャドウをのせたら、最後にリキッドで仕上げます。定番なのですが、この複合ワザを使うと、にじみにくく崩れにくいんですよ!
朝のひと手間で、その後のメイク直しの手間が省けるのでオススメです。
 
日中のメイク直しになかなか行けない日などに、ぜひ試してみてくださいね。
 
 

さいごに

今回の記事ではアイラインのスキルアップのための使い分けテクを種類別にご紹介しましたが、いかがでしたか?
ひとことにアイライナーといっても、アイテムによって仕上がり感や使用感もかなり変わってきますよね。
 
顔の印象を決めるときに目はとても大切なパーツなので、「今日はどんなメイクにしようかな〜」と、まずは仕上げのイメージをしてから、その日に使うアイライナーの種類を決めるとイイですね。使用するライナーの種類によって、メイクの仕上がりに格段の差が出てきますので、「たかがアイライナー、されどアイライナー」の心がけでアイライナーを上手に使い分けてみてくださいね。
 
 

「美容・ボディケア」最新記事

注目の記事

Facebook

ベルタカフェライター

このエントリーをはてなブックマークに追加
ベルタ酵素