夏バテ対策にもデザートにも!手作り甘酒レシピで腸を元気に | ベルタカフェ

夏バテ対策にもデザートにも!手作り甘酒レシピで腸を元気に

夏の美味しい飲み物と言えばまずはビールですよね。また、ダイエットや美容のために、毎朝、生野菜やフルーツのスムージーを作って飲んでいるという女性も増えています。
 
でも、もう1つ是非試していただきたい飲み物があります!それが甘酒です。

夏バテ対策にもオススメな甘酒

「甘酒」と言うと、お正月に神社で振る舞われて飲んだけどあの独特の味が苦手…という声をよく聞きます。
 
でも、ご安心を。今日ご紹介するのは、その甘酒とは少し異なります。
 
お正月に振る舞われる甘酒は一度に大量に作るため、酒粕を使った簡単な製法で作られることが多いです。でも、甘酒とは本来、麹と米を原料に発酵させて作るのが正しい製法なんです。
 
そして、現代ではすっかりお正月のイメージが定着していますが、江戸時代には夏の風物詩とされ、俳句においても夏の季語となっているほど、夏に親しまれてきた歴史があります。
 
甘酒の魅力は様々ありますが、特に注目すべきはその高い栄養素。甘酒が含んでいる栄養素が病院の点滴とほぼ同じ内容であるため「飲む点滴」と呼ばれるほどです。”酒”という言葉を含んでいますが、法的にはソフトドリンクとして扱われる程アルコール度数は低いので、朝飲んでも、運転前に飲んでも大丈夫です(大量摂取は控えてください)。

甘酒をはじめとする発酵食品の魅力

発酵食品は美容にも最適甘酒は麹を発酵させて作ります。発酵食品と言えば、納豆やキムチなどカラダに良いイメージですよね。それは、発酵に必要な微生物が体内で腸内環境を整えてくれ、それが様々な体質改善につながるから。
 
たとえば次のような効果が期待できます。
 
・免疫力が上がる
・花粉症やアレルギー対策に効果的
・余分なものが排泄されダイエットに!
・肌がキレイになる etc…
 
それでは、自宅でできる簡単甘酒レシピをご紹介しましょう。

甘酒の作り方<基本編>

米と麹で手作り甘酒・麹 1合(麹屋や味噌屋、ネットで購入できます)
・米 0.5合
・水 300cc〜450cc(ミネラルウォーターより水道水がオススメ)
・炊飯器(3合炊き以上)
 
1.白米でおかゆを作る(米0.5合に対して水2合)
2.おかゆをしっかり冷ます(55〜60度以下)
3.冷めたら水300〜450ccを加え、だまにならないようによく混ぜる
4.麹を入れておかゆとしっかり混ざるようによく混ぜる
5.炊飯器の保温機能を使い6〜9時間置く
※この時、蓋を完全に閉めずにお箸を挟むなどして少しだけ開けておく
6.1〜2時間おきに混ぜる
 
完全に蓋をしてしまうと熱くなりすぎて発酵菌が死んでしまうため注意が必要です!

フルーツ甘酒の作り方<応用編>

いろんなフルーツで試してみよう!出来上がった甘酒にカットしたフルーツを入れて一晩寝かせます。フルーツに甘酒をかけて食べるだけでも十分美味しいですが、2つを混ぜて一晩寝かせることにより、甘酒の中にいた発酵菌がフルーツにも移り、フルーツの栄養まで増してくれます。
 
また、フルーツを入れることで、そのフルーツの甘さが甘酒全体に広がり味を変えてくれるので、飽きることなく、毎日楽しく飲み続けることができます。砂糖などを使っておらず、甘いのにカロリーが低いので、ダイエット中の方でも安心です!

摂取方法や量

朝食がわりにも甘酒は消化を促してくれる作用があるので、タイミングとしては食後に飲むのがオススメ。朝ご飯の代わりにフルーツ甘酒を飲むのもいいでしょう。
 
1回あたりの量としては大さじ3〜5杯程度で十分ですが、美味しいのでもう少しという方は、プリンのカップ1杯程度の量を摂取してください。
 
作った甘酒は冷蔵保存で1週間は保ちます。ただし、発酵菌は生きているので、ステンレスやアルミなどの完全密閉される容器ではなく、プラスチックの容器を使ってください。
 
暑い時期に飲むと美味しいだけでなく、カラダも元気になる甘酒。最近では、スーパーやコンビニでも売られていたり、甘酒を使ったキャラメルやアイスも製品化されています。ただ、栄養面を考えると自分で作るのが一番効果的。フルーツ甘酒であればデザートとしても楽しむことができるので、是非一度手作りしてみてくださいね。
 
99%痩せる!話題の酵素ダイエット
 
 

99%痩せる!話題の酵素ダイエット

「ダイエット」最新記事

注目の記事

Facebook

ベルタカフェライター

このエントリーをはてなブックマークに追加
ベルタ育毛剤