熱中症になったらどうすればいいの?命にかかわる危険な症状「熱中症」の対処方法 | ベルタカフェ

熱中症になったらどうすればいいの?命にかかわる危険な症状「熱中症」の対処方法

nettyusyou1-2

「熱中症」という言葉はずいぶん知られるようになりましたが、熱中症の具体的な症状や、夏バテとの違いがはっきり解る人は少ないもの。
身体が疲れやすくなる夏バテと違い、熱中症になると、ときには意識障害や生命に危険が及ぶほどの重い症状に陥ってしまいます。

 

熱中症になったときはどう対処すればいいのか。いざというときのために熱中症の正しい知識と対処法をおさらいしておきましょう。

夏バテとは違う、怖〜い熱中症

めまい・立ちくらみは熱中症のサインかも!?
夏バテと混同しがちな熱中症。
 
夏バテは体内の水分・ミネラル不足による脱水症状や暑さによる食欲の低下、またエアコンの使用によって体温調整がうまくおこなえずに自律神経が乱れてしまい起こるもの。
症状としては、疲労感やむくみ、食欲不振などが挙げられます。

 

一方熱中症になると、命の危険が及ぶほど重篤な症状に陥ることもあります。

熱けいれんや熱射病など熱中症の症状はいくつかあるものの、暑さによって身体の中の熱を外に出すことができず、体内に熱がこもってしまうことが大きな原因として挙げられます。
 
私たちの身体の中では、身体を動かす際に熱が生まれます(産熱)。これを体外に放出すること(放熱)で一定の体温を保っているのです。

しかし、運動など長時間気温の高い場所で活動をすると、体温が急激に上昇して身体を中心に血液が巡るため、脳に十分な血液が送られず酸欠状態に。

また、汗で失われた水分を十分に補給出来ない場合や、汗と一緒に出た塩分を補えなかった場合、一時的に身体に必要な成分が不足することで頭痛や嘔吐・痙攣、めまいや立ちくらみが起こってしまいます。
 
この症状が悪化すると意識障害や脳に異常をきたし、最悪のケースに陥ることも考えられるのです。

熱中症は家の中でもなりやすい

就寝中も油断大敵
炎天下や激しい運動中に起こるイメージが強い熱中症ですが、実は屋内や夜間でも熱中症の危険があるのです。
 
急激に気温が上がった日や湿度が極端に高い日などは、家事や掃除中に熱中症にかかってしまうほか、夜寝ている間に熱中症にかかる場合も。これは、身体が気温の変化についていけず上手く熱を放出できなかったり、高い湿度によって汗が蒸発せずに体温が下がらなくなることが原因です。

 

エアコンや扇風機などを利用して室内の空気を循環させるなど、不快感を感じたら早い段階で体温を下げるよう対処することが大切です。

熱中症かも!?気づいたときにすぐ対処を

熱中症は前触れもなくいきなりやってくるもの。今元気だと思っていても急激に熱中症の症状が出てしまうこともあります。

自分や周りの人が熱中症になってしまったとき、命の危険を回避するためにも、すぐに取るべき対処法を知っておきましょう。

身体の熱を下げる

できるだけ急いで放熱を
涼しい場所に避難し、できるだけ衣服を脱ぎうちわなどで風を送って身体の熱を逃します。水スプレーなどで身体に水をかけて熱を放出させるなども効果的。

保冷剤で首の後ろや脇の下、太ももの付け根といった動脈が通っている箇所を冷やし、血液温度を下げることで身体全体の温度を下げます。

水分・塩分を補う

意識がある場合はスポーツドリンクなど塩分を含む水分を摂取します。

意識がないときや吐き気を訴えている場合は、水分を摂らせるのはかえって危険足先から身体の中心へ向かってマッサージ
のどに詰まったり呼吸困難に陥ってしまうので注意が必要です。

足を高くする

足の下に鞄などを置いて高くし、末端の血液を心臓に送り返すことで脳への血流も確保され酸欠状態を回避できます。手足の先から中心部へ向けてのマッサージも効果的です。

熱中症は後遺症にも注意!

あまり重篤な場合でない限り、適切な処置をすれば回復します。しかし、回復後も体力低下、関節や背中の痛み、耳鳴りやめまい、慢性的な頭痛など様々な部分に影響が残ることも。
これは熱中症による脳へのショックによるものです。

 

熱中症後は、数日間はつらい症状が続くこともありますが、無理な運動や外出を避け、規則正しい生活を続けることで次第に身体の機能も元通りになります。
 
ときには死に至ることもある恐ろしい熱中症。知識を深め、いざという時には正しい対処ができるよう普段から注意し、健康的な夏を過ごしましょう!

「健康」最新記事

注目の記事

Facebook

ベルタカフェライター

このエントリーをはてなブックマークに追加
ベルタ酵素