美味しく夏バテ対策したい方へ!夏バテに効く栄養ドリンク3種 | ベルタカフェ

美味しく夏バテ対策したい方へ!夏バテに効く栄養ドリンク3種

「夏は身体がだるくて元気が出ない……」

 

毎年、こんな症状に悩まされる女性も多いのではないでしょうか。

暑い日が続くなかで、冷たい飲み物をたくさん飲んだり、冷房の効いた室内で長時間過ごしたりしていると、身体には想像以上に大きな負担が掛かっているんです。

 

これが世に言う、「夏バテ」です。

 

夏バテは、食生活や毎日のちょっとしたことが要因となって起こるもの。そんな女子の敵・夏バテは、栄養たっぷりのドリンクで吹き飛ばしてしまいましょう!

なぜ夏バテになるの?原因はこれだった!

夏バテは女子の敵! 夏バテの大きな要因として挙げられるのが、自律神経の乱れ、消化機能の低下、そして水分不足です。

 

これらの要素が少しずつ重なることで夏バテが引き起こされてしまうため、少しの運動でも疲れやすくなったり、だるさを感じたり、食欲が低下して栄養の吸収が滞るなど、どんどん悪循環に陥ってしまうのです。

消化機能の低下

夏は少しでも暑さを紛らわせるため、キンキンに冷えたドリンクをたくさん飲んでしまいがちです。それによって胃腸が冷えて消化機能が低下し、栄養が吸収されにくくなります。

自律神経の乱れ

なんだかいつも眠い…
また、夏バテは睡眠不足を引き起こします。身体が冷えると就寝中に副交感神経が働きにくくなり、深い睡眠を得ることが難しくなります。熟睡できないので疲労が回復されず、自律神経の乱れや体力の低下を招いてしまいます。

体内の水分不足

水分の摂取が増える夏でも、水分不足には注意が必要です。普段よりも多くの水分が汗として体外に排出されるため、普段あまり水分を摂らないような人は、必要量を摂取できずに、体内の水分が不足してしまいます。逆に、一度に大量に水分を摂ってしまう“がぶ飲みグセ”のある人も要注意。せっかく摂取しても、ほとんどが尿で排出されてしまうため、体内に必要な水分を保持できず水分不足状態になってしまうのです。

夏バテ防止効果のあるドリンク

食欲のない夏でもゴクゴク飲める!夏の冷蔵庫に常備しておきたい頼れるドリンクをご紹介しましょう。

はちみつレモン

ビタミン補給で美肌に
疲労回復効果のあるクエン酸は夏バテ対策の強い味方。はちみつの抗酸化作用とのWパワーで夏バテ知らずの身体に!

 

作り方は簡単。レモンを輪切りにしたものをタッパーに入れ、レモンが浸るくらいはちみつを入れて一晩おけば完成です。ソーダや水で割って飲むといいでしょう。

 

ビタミンCもたっぷり摂れるので、美肌・美白効果もバツグンです。

自宅で作れる簡単シソジュースレシピ

さっぱり爽やかなシソジュースも、クエン酸をたっぷり摂取できる夏にピッタリのドリンク。赤シソに含まれるペリルアルデヒドが消化機能を活性化し、夏バテによる食欲の減退を防いでくれます。
夏の万能ドリンク

<材料(1.5L分/約4倍濃縮)>

・赤紫蘇の葉…300g

・水…1200ml

・氷砂糖…500g

・酢…300ml

<作り方>

よく洗ったシソの葉を鍋で20分ほど煮込み、葉を取り出した煮汁に砂糖を加えて溶けるまで煮ます。
火を止めてお酢を入れると、瞬く間に鮮やかなルビー色に変化。完成したものは、冷蔵庫で保管すれば数カ月はもちます。

日本伝統の夏バテ防止ドリンク“甘酒”

昨今注目度の高い“麹”が原料の甘酒は、酵素をたっぷり含んでいるため、免疫機能の向上や代謝を活発にしてくれるといった効果があります。

 

さらに、ブドウ糖も多く含まれているため、栄養分を素早く吸収しエネルギーに変えてくれるほか、疲労回復などに効果のあるビタミンB群も豊富。

 

江戸時代には、甘酒は夏バテ防止ドリンクとして民衆に広く親しまれていたとか。日本人の古くからの知恵が活かされたドリンクです。

まとめ

いかがでしたか?夏バテは、様々な要因が重なって起こるもの。身体に良い成分をたくさん含んだドリンクを飲んで、夏バテ知らずの快適な毎日を過ごしましょう!

99%痩せる!話題の酵素ダイエット

「ダイエット」最新記事

注目の記事

Facebook

ベルタカフェライター

このエントリーをはてなブックマークに追加
ベルタ葉酸サプリ ベルタマザークリーム