夏は水の利用法が勝負!夏だからできる美しい身体の作り方 | ベルタカフェ

夏は水の利用法が勝負!夏だからできる美しい身体の作り方

暑い夏は、冷たいジュースやビールが美味しいですよね。でも、他の季節に比べて多く水分を摂取するからこそ、どんな水分を摂るかが大切になってきます。また、夏のバスタイムは、浴槽に浸からずにシャワーだけで済ませる人も多いと思います。ここでも、夏だからこそできるシャワーを使った美容法があるんです。そう、夏は水とどう付き合うかが勝負!

そこで、身体の内側と外側の両方からできる、水を利用した美しい身体作りの方法をご紹介します。

身体の内側から:ジュースやビールの代わりに炭酸水を

夏はビールやジュースが美味しいですよね。ですが、これらを炭酸水に替えるだけで、大きな変化が生まれるんです。カロリーをカットできる他、炭酸水には普通の水にはない多くのメリットがあります。

食前に飲むことで消化力アップ

炭酸水は便秘解消にも効果的 炭酸水は、胃腸を刺激するため、食前に飲むことで、消化力・吸収力をアップしてくれます。シャンパンを食前に飲むのも、同様に胃腸を刺激し、食欲を上げるためと言われています。そのため、夏バテ等で食欲不振の時には食前に少し飲むのがオススメ。また、胃腸が刺激されることで便秘解消にもつながり、美肌作りにも効果があると言われています。

おなかが膨らむ

前述した内容とは反対に、炭酸水はたくさん飲むことで、満腹感が得やすくなる飲み物です。ビールをたくさん飲むと、それだけでおなかがいっぱいになるのは同じ原理によるものです。食べ過ぎを防ぎたい時、口寂しくて何かつまみたいという時は、炭酸水をコップ1〜2杯飲むのがオススメ。

喉越しさわやか

夏のお風呂上がりにビールを一杯、というのはなかなかやめられないですよね。それは、お風呂で汗をかいた身体が水分を欲しているから。そして、あのシュワシュワとした喉越しがたまらないからなんです。でも、缶の半分ほど飲んでいくと、一口目ほどの魅力がなくなっていることはありませんか?

実は、最初の数口こそ極上に感じるものの、その後は、惰性で飲んでいるだけの場合も多いんです。そこで、思い切って最初の一口を炭酸水に変えてみましょう。余分なカロリーを摂取する必要がなくなります。

様々な味を楽しむことができる

ミントとライムを入れ手作りモヒートも

炭酸水だけでは味がなく物足りないという方にオススメなのが、フルーツを一緒に入れること。レモン味の炭酸水も販売されていますが、国産のレモンを買って炭酸水と混ぜて飲むだけで、同じ風味を楽しむことができます。さらに、ミントとライムを入れれば、ご自宅でノンアルコールのモヒートを作ることも。

他にも、通常の水に比べて硬度が高い水でも、炭酸入りなら飲みやすいというメリットもあります。

身体の外側から:冷水シャワーで血行促進、脂肪燃焼

寒い冬場には、冷水を浴びるなんて考えられないことですが、暑い夏であれば、冷たいシャワーが気持ちいいもの。そこで、冷たいシャワーをうまく利用してバスタイムを美容タイムに変えてみませんか?

冷水シャワーは冷やすどころか温める

冷水シャワーは身体を冷やしそうですが、「冷やす」と「温める」を繰り返すことで、毛細血管の収縮、拡張を促し血行を促進し、脂肪の燃焼を促す効果を発揮します。

冷水シャワーの浴び方

お湯と冷水を交互に浴びるのがコツ 最初は30度前後のぬるめのお湯を手先、足先にあてるところから始めます。その後、38〜40度の温かいお湯に浸かるか、シャワーをあてて、またぬるめのお湯を手先、足先にあてます。理想はこれを7回ほど繰り返すこと。

その後、慣れてきたら冷水をあてる身体の範囲を広げていきます。ひじ、ひざまで範囲を増やし、太ももから下、肩から指先までといった具合です。範囲を広げていく時も、はじめは必ず手先、指先から水をあてるようにしてください。

冷水の温度は?

理想は15〜20度ですが、いきなりこの温度にする必要はありません。身体が「冷たい」と感じる程度の温度で大丈夫です。大切なのは、温かいお湯と冷たい水の温度差なので、温かいお湯をあてる時に、38〜40度にしっかり温度を上げること。日を重ねていくうちに、「もうちょっと下げた方が気持ちいい」と感じてくるので、その時に少し温度を下げてみてください。

背中にあてるとさらにダイエット効果が

首の周囲、肩甲骨の周囲、腋の下など人間の身体の背面には褐色脂肪細胞が集まっています。褐色脂肪細胞とは、身体の中でエネルギーを消費して体温を上げる役割を果たしている細胞です。身体を冷やすことで、「体温を上げなければ!」という意識が働き、エネルギーを使って体温を上げてくれます。

冷水シャワーに慣れてきたら、ぜひ、首回りから背中にかけて冷水シャワーと温水シャワーを繰り返しあててみてください。

これだけは守ってほしい注意点

・無理して温度を下げ過ぎない
・最後は必ず冷水で終わらせる(そうすることで体温を高く保つことが可能)
・終わった後は、次の人のために常温に戻しておく

 

毎日無理なく続けられる炭酸水や冷水シャワー、ぜひ生活に取り入れてみてくださいね!

 

参考リンク
肉体改造研究所

参考書籍:「筋力」をつけると病気は防げる(著:石原 結實)
 
99%痩せる!話題の酵素ダイエット
 
 

99%痩せる!話題の酵素ダイエット

「ダイエット」最新記事

注目の記事

Facebook

ベルタカフェライター

このエントリーをはてなブックマークに追加
ベルタプエラリア