自然の力で快適に!アロマを使った夏の乗り越え方 | ベルタカフェ

自然の力で快適に!アロマを使った夏の乗り越え方

ふんわりと自然の香が漂うアロマ。リラックスしたり気分を一新したりする効果がありますが、汗をかき、べたつく夏には不向きだと思っていませんか?使い方次第では、アロマで夏をより快適に過ごす方法ことができます。そのための夏に役立つアロマの選び方とその使い方をご紹介します。
 

精油の選び方

まず、アロマと言っても実は2種類あります。1つは、雑貨屋さんなどで販売されている“アロマオイル”。もう1つは、“精油”と呼ばれているオイルです。見た目はどちらも光を遮る遮光瓶に入っており、一見同じように見えます。ですが中身は全く異なるため、今回のように身体に塗布する場合には、選ぶ際に注意が必要です。

“アロマオイル”と呼ばれているものは、成分に合成香料を含んでいます。つまり、ポプリや芳香剤と言った、単純に香を楽しむために作られたものです。アロマオイルが肌に触れた場合は、荒れてしまう可能性があるので注意してください。

これに対し、“精油”または“エッシェンシャルオイル”と呼ばれるものは、植物の花や葉、果皮や樹皮など天然の素材からのみ抽出された成分だけが使われています。今回ご紹介する方法では、必ず精油をお使いください。

アロマオイルか精油かの違いは、お店の方に確認する他、瓶についているラベルで自分で確認することもできます。最近では、オーガニックや自然派のコスメのお店なら、身体に塗ることができる様に配合されたオイルも販売されているので、自分で作るのは不安という方は、そういったお店を利用するのもオススメです。
 

ルームフレグランスやバスタイムに

アロマで快適なバスタイムを

ダイエットにはグレープフルーツの香を

グレープフルーツの香は、ダイエットに最適。交感神経を活発にし、脂肪を燃焼しやすくしてくれる他、リンパの流れや体内循環を促進し代謝を上げる作用があります。ただし、肌に精油がついた状態で紫外線に当たると皮膚にダメージを与えてしまう成分が含まれているので、日中に使うなら香を
楽しむ程度の使用がオススメです。
 

涼しさが欲しい時にはミントの香を

夏になると飲みたくなるお酒にモヒートがありますが、モヒートのポイントはミントですよね。ミントを少しかじるとすーっとした涼しい感覚がします。これは、ミントの成分に爽快感や冷涼感を与えてくれる「メントール」という含まれているためです。

ミントには、抗菌や殺虫効果、消臭効果も含まれているので、部屋にミントに爽やかな香を漂わせたり、しっかり汗をかいた日にはミントを入れたお風呂でさっぱりしてみてはいかがでしょう?
 

グレープフルーツやミントの精油の使い方

<用意するもの>

・精油…3〜5滴(グレープフルーツやミントなど)
・バスソルト…大さじ3(用意した方が肌に優しいがなくても可)

<使い方>

・ルームフレグランスとして使用する場合
 扇風機やエアコンの送風口にティッシュやリボンをつけて精油をしみ込ませる
・バスソルトとして使う場合
 バスソルトに精油をたらし、よく混ぜてお風呂に入れる
(肌が弱い方などは少なめの3滴程がオススメです)
 

身体に塗って快適に過ごす

レモングラスで虫除けスプレーいらず

夏になると蚊や虫が多く発生する他、アウトドアに出かける機会も多く、どうしても虫除けスプレーが欠かせない時がありますよね。でも、市販の虫除けスプレーのキツい匂いが苦手な方や、お子様をお持ちの方だと、自然でない成分を含むスプレーを身体に塗布することに抵抗がある方もいらっしゃるのではないでしょうか?そんな時に試して頂きたいのがこのレモングラスの虫除けスプレー。

<用意するもの>

・精油 5〜8滴(レモングラス)
・エタノール…5ml
・精製水、又はミネラルウォーター…45ml
・スプレー用のボトル

<使い方>

・無水エタノールにレモングラスの精油を入れて混ぜる
・精製水を入れて混ぜる(先に精製水を混ぜると混ざりにくくなるので注意)
※肌に塗らずにルームスプレーとして使用する際には、精油の量を倍にしても大丈夫です。
 

できてしまう前にラベンダーであせも対策

あせもは、汗をかいた時に汗腺がつまってしまうことや、汗と雑菌が混じって悪化することで生じます。ラベンダーには、殺菌作用や皮膚の修復作用があるため、掻いてしまった皮膚の修復を助けてくれる力があります。ラベンダーはリラックスできる効果もあるので、夜のお風呂あがりのキレイな肌に塗ってあげれば、1日のストレスから解放される時間を過ごして頂けます。

<用意するもの>

・精油…8〜10滴(ラベンダー)
・キャリアオイル…50ml
・保存用のボトル

<使い方>

・キャリアオイルに精油を入れて混ぜる
 

これだけは守って頂きたい注意点

・作ったアロマスプレーは3ヶ月以内を目安に使い切ってください。
・お肌が弱い方は、最初は少量の使用でパッチテストを行なってください。
・乳幼児や妊婦の方には不向きなアロマもあるため使用には十分ご注意ください。

他にも精油には様々な種類があり、各精油がオリジナルの作用を持っているので、上記のレシピに自分の好きな香をプラスして、暑い夏を快適にお過ごしください。

参考リンク
>>ところでメントールって何故冷たいの?
※記事はアロマセラピストの資格を持つ友人に監修してもらっています。

「美容・ボディケア」最新記事

注目の記事

Facebook

ベルタカフェライター

このエントリーをはてなブックマークに追加
ベルタ酵素