夏のアウトドアでモテモテに!素敵女子のイベントでの"振る舞い"3つ | ベルタカフェ

夏のアウトドアでモテモテに!素敵女子のイベントでの”振る舞い”3つ

もうすぐ待ちに待った夏が到来!!

夏といえば、アウトドアイベントですよね。バーベキューや海水浴など、青い空の下、開放的な気分で楽しめるのが夏のイベントの特徴です。私は先日、ピクニックにはじめて参加しました。お弁当を広げながら周囲を見渡してみると、「それって、アウトドアイベント的にはNGだわ」という行動と「女子として素敵!!」という行動の両方を目撃しました。

そこで今回は、夏のイベントでのNGな振る舞い、高評価な振る舞いについてお届けします。

全身黒ずくめで日焼け防止!?

atukurusii
日本女性の多くは、日に焼けるのを嫌がりますよね。特に年齢を重ねると、日焼け後の肌のお手入れも大変です。普段の状態に戻すのにも時間がかかりますし、シミやしわが増えてしまうのも気になります。「絶対に焼きたくないっ!!」というその気合い、わかります。
 
でも、アウトドアのイベントに参加するなら、カラスのような全身黒ずくめの日焼け対策は、周囲から引かれる原因になってしまうかもしれません。見ているほうも暑苦しいので、「何しに来たんだよっ?」という視線をビシビシ感じるかも。
 
「どうしても焼きたくない!でも、イベントには参加したい!」という女性は、つばの広い帽子を被ったり、色の薄いサングラスにするなど、黒以外の色も取り入れた対策を考えるといいでしょう。日差しから肌を守りきれても、せっかくの楽しいイベントで周囲から浮いてしまっては元も子もありません。

魅力的なオトナの肌見せ

日焼けNG派に対して、「夏だから、やっぱり肌を出したい」という女性もいますよね。大人の女が意識したいのは、その出し方。「露出するパーツ」や「肌を見せる割合」によって、肌見せは美しくもなり、醜くもなります。
 
銀座のクラブにも「その肌の出し方はちょっと下品よ」というやり過ぎな女性がいます。「あと2センチ長ければチラ見せレベルで素敵なのに……」というスカート丈や、「もう少し隠した方が賢くセクシーなのに」という胸元のお嬢ちゃんがいます。特に、胸の谷間に対して男性はとても敏感です。でも、それが必ずしもプラスに働くわけではなく、むしろ「何だアレはっ! 品がない」と、嫌悪されることすらあるんです。気をつけたいものですね。
 
また、アラサー女性は、体の”くすみ”や”たるみ”が出始めることも自覚しておきたいですよね。頑張って運動して、エステに通っても、20代の健康的なハリとは違うのが現実。でも、その現実にまだ気づいていないのが、アラサー初心者です。室内や電気の下でと、太陽の下のオープンな空間とでは、肌の見え方が違います。肌を出すなら、一番美しく見える状態を設定したいのが女心。露出するなら、着る服の色と肌の相性などを事前に研究してみることをおすすめします。
 
複数の人が参加するイベントで、自分にぴったりの装いをすることで、印象がよくなったり、付き合いの幅が広がったりするものです。

気のきく差し入れ上手

10551870_675207779201508_1912584269_n
アウトドアイベントは初心者という女性には特に、「差し入れ物上手」についてご紹介します。
バーベキューなどのアウトドアイベントでは、「1品以上持参」などの参加条件がつくことがあります。もちろん、一品だけ持って行けば条件はクリアです。でも、イベント上級者は、2品3品、それも参加者が喜ぶアイテムを用意しています。
 
私が先日参加したピクニックでは、イベント上級者の女性が、バラエティー豊かな食べ物やお酒を持参していました。それがまた「頑張って作ってきました!」と気合いの入ったものはなく、手作りのお弁当、つまみ用のスナック、「美味しそうだったから」と、途中で買った出来合いのお惣菜など、とても気軽なものでした。その女性とは初対面でしたが、イベントの状況を考えて食べ物を準備できる素敵な彼女と、ぜひ友達になりたいと思いました。きっと、そこにいた多くの人が同じように思ったでしょう。
 
ポテトチップス一袋でも、確かに一品。ですが、イベントをもっと楽しむなら、手作りしたり、お惣菜を買ってみたり、アイデアで勝負してみると、周囲と盛り上がれますよ!
 
妊娠したいママはもう飲んでます!
 
 

妊娠したいと思ったら

「不妊・妊活」最新記事

注目の記事

Facebook

ベルタカフェライター

このエントリーをはてなブックマークに追加
ベルタ葉酸サプリ ベルタマザークリーム