妊娠する前に知っておきたい!妊婦さんが感じるストレスと対処法とは? | ベルタカフェ

妊娠する前に知っておきたい!妊婦さんが感じるストレスと対処法とは?

妊娠する前に知っておきたい!妊婦さんが感じるストレスと対処法とは?

ささいなことでイライラしたり気持ちがブルーになるなど、妊娠中はマイナートラブルで悩む妊婦さんは少なくありません。

 

産婦人科で見かける妊婦さんは皆幸せそうに見えるのに、ストレスを感じるのは私だけなのかもと不安を抱いている方もいるはずです。

 

愛おしい赤ちゃんがお腹に宿り幸せいっぱいなはずなのに、妊婦さんはなぜストレスを感じてしまうのでしょうか?

 

そこで今回は、妊娠して初めて気づく妊婦さんがストレスを感じる瞬間を紹介します。また、ストレスを解消・改善する対処法も紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

 

妊娠して感じるストレスについて

つわりや流産など妊娠・出産の不安

女性の体は妊娠すると大きな変化が生じます。見た目にはお腹が大きくなるだけのように見えますが、分娩に向けて刻々と体は変化していきます。

 

つわりで一日中吐き気を感じるストレス。吐き気以外にも匂いに敏感になる匂いづわりや何かを口にしていないと気分が悪くなってしまう食べづわりなど、人によって症状はさまざまです。つわりが終わるまでは辛くてストレスフルな日々です。
 
つわりや流産など妊娠・出産の不安
 

また、流産や早産にならないだろうか、無事出産できるだろうか、元気な赤ちゃんだろうかといった妊娠や出産全般についての心配もたえずプレッシャーとして頭の中にあります。

 

出産し元気な赤ちゃんの姿を目にするまで、妊婦さんにはたえずストレスがつきまとっているといっても過言ではありません

 

体形や体調、嗜好の変化

妊娠するとお腹が大きくなり、当然体重も増加していきます。体重や体形を気にする女性にとっては、妊娠週数が進むつれ崩れていく体形にストレスを感じることもあります。

 

また、妊娠すると乳首が黒ずみ乳輪が大きく目立つなどの変化も訪れます。ホルモンバランスが影響した正常な変化なのですが、見慣れた自分の体がまるで他人の体になってしまうかのような不安を覚える人も多いはず。

 

乳首の変化は出産後自然に元に戻りますし、体形や体重も努力が必要になりますが元の姿に戻したり近づけることは可能です。

 

将来の子育てへの不安

無事出産し元気な赤ちゃんを迎えたとしても、将来きちんと育てることができるのだろうかと悩むこともストレスです。

 

最近ますます増加している高齢出産の場合は特に、将来への不安を強く感じる傾向があるかもしれません。
 
将来の子育てへの不安
 

年齢、仕事、健康、経済面など未来の不安は尽きませんが、今クヨクヨと悩んでいても解決できるものではありません。今を精一杯過ごし、先行きの予定をしっかり見据えて過ごしましょう。

 

夫、パートナーへの不満、不安

妊娠して感じるストレスの中で一番多いものが、夫やパートナーに対するものではないでしょうか。

 

夫は仕事やゴルフ、飲み会など変わらず過ごしているのに、自分だけ我慢ばかりで辛い…とストレスを抱えがちです。その上、体形の変化に対して「太ったね」など心ない言葉をかけられると悲しくなってしまいます。

 

男性は女性と違って妊娠の実感を抱きづらいことが原因です。どうせ夫にはわからないし…とあきらめるのではなく、話し合いの場をもうけるなどし、夫婦のあいだで意思疎通をはかりましょう。

 

 

ストレスが妊婦や胎児へ与える影響

母体への影響

今のところ、ストレスが母体へ与える影響ははっきりとはわかっていません。ただ、考えられているのが妊娠高血圧症候群の可能性を高めるということです。
ストレスは血管を収縮させる作用があるため血圧が上がる要因となり、妊娠高血圧症候群のリスクが出るのです。

 

妊娠高血圧症候群とは、妊娠中に高血圧になる、あるいは高血圧でかつ蛋白尿を伴う症状です。高血圧になっても目立った自己症状を感じないことが多いにも関わらず、重症の場合は母体や胎児に危険が及ぶこともあります。
 

妊娠後期の中毒症!妊娠高血圧症候群の原因と症状、予防法とは?

 
 

胎児への影響

ストレスは赤ちゃんへ数々の悪影響を及ぼす可能性があるといわれています。

  • ・低体重
  • ・切迫早産、早産
  • ・栄養不足、成長不足
  • ・精神的疾患、情緒不安定など

 

ママが感じるストレスを、お腹の中の赤ちゃんも同様に感じるため、上記のようなリスクがあるといわれています。あくまでリスクや可能性の話なので、必ずこれらの問題が起きるというわけではありません。

 

必要以上に心配や不安を感じる必要はありません。リラックスした気持ちで過ごしましょう。

 

 

妊娠中のストレス対処法はこれ!

赤ちゃんと話をする

妊娠中のストレス発散方法で一番おすすめなのが、お腹の赤ちゃんへ話しかけることです。
 
赤ちゃんと話をする
 

例えば、天気が良い日のお散歩。「今日は気持ちいいお天気だから、少し遠出してお散歩しようね」と話しかけて歩きましょう。

 

赤ちゃんへ話しかけるとき、グチや不満を言う人はいませんね。自然ときれいな言葉、優しい内容だけを話すため、ストレスが緩和されるはずです。

 

寝る、体を休める

妊娠中はホルモンバランスの影響で眠さを感じることが多くあります。

 

眠さを我慢して過ごすことはさらにストレスを高めてしまうので、ぜひゆったりとした気持ちで睡眠をとりましょう。
ただ横になるだけでも十分心と体は休まりますよ。

 

ヨガなど軽い運動をする

軽い運動をすると、体がリフレッシュできストレス発散につながります。安定期に入ってから、ウォーキングやマタニティヨガなどがおすすめです。

 

出産後に赤ちゃんと一緒に遊びに行く公園を下見に行ったり、産後必要になるベビーグッズを見て回るのも良いですね。

 

おしゃべりする

人と話をすると良い気分転換になりますよね。妊娠をすると、体を大切にしなければという思いから家にこもりきりになりがちです。友人や両親などとおしゃべりを楽しみましょう。

 

もし話し相手が見つからない場合は、マタニティセミナーや母親学級などのイベントに参加するのも手です。マタニティ友達ができるかもしれませんよ。

 

 

まとめ

妊娠して初めて知る、妊婦さんが感じるストレスやその対処法についていかがでしたか。
さまざまなストレスがつきまとい、元気な赤ちゃんに合うその日まで完全に解消することは難しいかもしれませんね。母体と赤ちゃんの健康のためにもできる限り心穏やかな日々を過ごせるよう、今回ご紹介した対処法を参考にしてください。

 
 

妊娠後期の中毒症!妊娠高血圧症候群の原因と症状、予防法とは?

いざ、マタ旅!妊婦さんが旅行プランを立てる前に確認しておきたい5つのこと

 
 

妊娠中のママとパパのためのサプリ

妊娠したいと思ったら

「不妊・妊活」最新記事

注目の記事

Facebook

ベルタカフェライター

このエントリーをはてなブックマークに追加
ベルタ酵素