終電間際の夕食でもダイエット可能!遅い時間の太らない食べ方は? | ベルタカフェ

終電間際の夕食でもダイエット可能!遅い時間の太らない食べ方は?

終電間際の夕食でもダイエット可能!遅い時間の太らない食べ方は?

「寝る直前の食事が一番太るというけれど、どうしても帰りが終電間際になってしまい、夕食が遅い時間になってしまうんです。ダイエットは無理でしょうか…」
 
こういったお悩みをいただくことが増えてきました。仕事の内容やライフスタイルによっては、夕食の時間が遅くなってしまうこともありますよね。そんな場合でも、諦める必要はありません。食事内容を工夫して、やせやすい体質に整えましょう。
 
今回は、「夜遅い食事」でもダイエットを成功へと導く食べ方のコツをご紹介します。

 

 

夜遅い食事はなぜ太る?

夜遅くに食事をする、また寝る直前に食事をすることには、ダイエット効果を低下させる次のようなデメリットがあります。
夜遅い食事はなぜ太る?

夕食後はエネルギーを消費しにくい

朝食や昼食後には、脳や身体を動かすことが多いですが、夕食後、特に帰宅が遅くなってしまった日は、食後から睡眠までの間にエネルギーを消費する機会がほとんどありません。
 
そのため、消費するエネルギー量よりも摂取するエネルギーの量が上回りやすく、エネルギーを体脂肪としてため込みやすくなります。

 

体内リズムが備わっている

人の体内リズムでは、朝食や昼食は、その後すぐにエネルギーに変換して活用できるように消化・吸収やエネルギーへの変換が活発です。
 
一方で、夜は疲労回復を優先するためにエネルギーを消費するよりも蓄積するほうがさかんにおこなわれます。そのため、夜の食事を朝・昼と同じくらいの量でとると、日中と比べて蓄えられやすくなります。

 

睡眠中は内臓機能が弱まる

睡眠中は消化・吸収のはたらきが減退するため、効率よく栄養素を吸収することができません。そのため、代謝を高める栄養素をうまく活用できなかったり、内臓に負担をかけて働きを減退させやすくなったりします。
 
そのことで、日中の内臓機能も低下させ、代謝を低下させてしまう可能性があります。

 

 

夜遅い食事でも太らないために

夜遅い食事を、内容を気にせず長期にわたって続けると、内臓機能や代謝の低下を招き、太りやすい体質へと導いてしまいます。
 
どうしても夜遅くに食べるしかない、という場合は、消化・吸収に負担をかけず、体脂肪として蓄積されやすい食べ物をチョイスしましょう。
 
次のような工夫をすることがおすすめです。
 

具沢山スープで満足感を高める

夜遅い食事に取り入れて欲しいのが、具沢山の温かいスープ。野菜や海藻類、きのこ類をたっぷり入れることで、低カロリーで満足度の高いメニューにしやすくなります。
 
具沢山スープで満足感を高める
 
ゆっくりと作る時間がない場合でも、インスタントのお味噌汁に乾燥わかめをたっぷり入れる、などの工夫が可能。前もって夜用に作り置きをしておいても良いですね。
 
食事の最初にスープを飲むことで、満足感を高めて食べすぎを防ぐ効果も期待できます。

 

炭水化物よりも、たんぱく源を。ただし、調理法はシンプルに

夜遅い食事では、体脂肪として蓄積されやすい炭水化物や脂質を食べ過ぎないようにしましょう。肌や筋肉の主な原料であるたんぱく質をしっかり摂取。ただし、内臓への負担を軽減するため、味付けの濃いものや揚げ物などは避けましょう。煮物や焼き物など、味付けも調理法もシンプルに。

 

普段よりもよく噛む

内臓への負担を軽減するため、しっかりと噛むようにしましょう。一口最低30回、50〜100回を目指しましょう。
 
普段よりもよく噛む
 

 

最後に

夜遅くに食事をして溜め込んでしまったエネルギーがあったとしても、翌日に消費すればすぐに太ってしまうことはありません。食べ過ぎを防いだうえで、内臓に負担をかけにくい食事の工夫をしていきましょう。
 
体内リズムに合った体内の活動がスムーズにおこなわれるようにサポートしてあげることが、夜遅い食事でも太らないための秘訣です。
 
 

【レシピ】「食欲の秋」は食べて、やせる!秋のダイエットを成功させるコツ

ホットスムージーは冷え性・ダイエットに効果的!冬でも美味しく飲めるレシピ3つ

 
 

99%痩せる!話題の酵素ダイエット

 
 

99%痩せる!話題の酵素ダイエット

「ダイエット」最新記事

注目の記事

Facebook

ベルタカフェライター

このエントリーをはてなブックマークに追加
ベルタ酵素