「食べる時間を変えた」それだけでやせる食べやせダイエット | ベルタカフェ

「食べる時間を変えた」それだけでやせる食べやせダイエット

「食べる時間を変えた」それだけでやせる食べやせダイエット

「食事内容(量)を変えていないのに、食べる時間を変えるだけで気づけばスルッとやせていた…」

 

そんな人たちに話を聞くと、次のように時間を工夫しています。

 

今回は、食べるものや食べる量でなく“食べる時間”でやせるコツをご紹介します。

 

 

「夕食をはやめにしてみました」

「食べているのにやせました!」という方の話で一番多いのが「夕食時の時間をはやめた」というものです。

「夕食をはやめにしてみました」

食後すぐに寝ることは、内臓に負担をかけ代謝を下げる大きな原因。夕食をはやめにとり消化・吸収を一段落させてから睡眠をとることで、内臓をしっかりと休めてはたらきを活性化することができます。

 

夜遅くの食事や寝る直前の食事は、内臓に負担をかけるだけでなく、昼食からの時間が長くなることで空腹感や疲労感が増し、どか食いを招きやすくなります。

 

また、体内が「エネルギー不足!」「飢餓状態!」と判断することで、少量の食事からも最大限の栄養素を吸収するようになります。夜遅くの食事はそれだけでどか食いを招きやすく、体脂肪として溜め込まれやすくなるのです。

 

可能であれば、寝る3時間前までに食事を終えましょう。消化・吸収の時間を確保することで睡眠中に酷使した内臓をしっかりと休ませ、エネルギー消費型の体質に整えましょう。

 

 

「朝食をはやめました!」

「朝起きるのが遅く、いつもブランチになってしまう」「朝食をとらないことがある」「朝起きてから食事までの間がずいぶん長い」

「朝食をはやめました!」

こんな場合に「起床の時間をはやめ、しっかりと朝食をとることにした」だけで代謝が高まってやせる場合があります。

 

朝食は、一日の食事のなかでかなり重要なもの。ここで手に入れた栄養素からその日のエネルギーを生み出すことになるからです。ここでしっかりとエネルギー源をチャージすることや、食事をすることで内臓を刺激してはたらきを活性化することが、朝から代謝を高めてその日の消費エネルギーを増やすことにつながります。

 

起床後はまず、一杯の白湯や常温の水を飲みます。寝ている間に枯渇した水分の補給や、内臓を刺激して活動スイッチを入れることができるからです。そして朝食は、起床してから一時間以内に。活動をはじめてもなお食事をとらないと、飢餓状態になって体脂肪を溜め込みやすい体質を導いてしまうからです。

 

 

「昼食を遅くしました」

朝食の時間や職種にもよりますが、朝食がはやくないという場合に多いのが「12時にお昼になるのですが、まだお腹が空かないんです…」というもの。

「昼食を遅くしました」

午前中に身体を動かす仕事をしない場合や、朝食と昼食との間の時間が短い人は要注意。お昼になったからと食事をしようとしても心から美味しさを感じて食べることができなかったり、まだ朝食の消化・吸収が終わっていないうちに次の食事をすることで内臓に過剰な負担をかけてしまったりします。

 

そんな場合は、“お腹が空いたらお昼の時間”ルールが有効です。お昼の時間になったら、ではなく、お腹が空いたら、にすることで、必要な栄養素をしっかりと吸収できるようになります。

 

 

最後に

どれも変更した時間は異なりますが、「生活リズムを整えた」という点では同じ。食事時間の改善でダイエットを成功させた人の多くは、体内をより健康的で活発な状態に整えることでボディラインを変えています。

食事の時間を変えることで、内臓に負担をかけずにそのはたらきを活性化することが可能です。そうやって代謝を高め、やせやすい体質に整えてくださいね。

 

 

 

冬に太る原因は“セロトニン”不足!?食欲を抑えダイエットを成功させる方法

海外セレブも夢中!話題のビーガン料理で、体の内側からキレイになれるダイエット

 

 

99%痩せる!話題の酵素ダイエット

 

 

99%痩せる!話題の酵素ダイエット

「ダイエット」最新記事

注目の記事

Facebook

ベルタカフェライター

このエントリーをはてなブックマークに追加
ベルタ葉酸サプリ ベルタマザークリーム